• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
シャープ希望退職者、3500人枠に3224人応募、それでも経営の立て直しにはならず

サムネイル出典:

シャープ希望退職者、3500人枠に3224人応募、それでも経営の立て直しにはならず

Posted date:
シャープ希望退職者、3500人枠に3224人応募、それでも経営の立て直しにはならず

 経営再建中のシャープが4日、7月27日に始めた希望退職者の募集を終えた。3500人の応募を見込んだが、同社関係者によると、計画に届かなかった模様だ。人件費削減は再建策の柱の一つだが、立て直しへの道筋は厳しいままだ。
 対象は45~59歳で、割り増し退職金を受け取り、9月末に辞める。計画の3500人は、グループで国内に約2万4千人いる従業員の15%にあたる。関係者によると、応募者は3千人を超えたものの、計画数を下回ったとみられる。中高年が対象で、再就職への不安を抱く社員が多かったようだ。募集期間は延長しない方針という。

 シャープは2012年も希望退職を募り、目標の1・5倍の2960人が応募した。高橋興三社長は7月末の会見で今回の応募状況について、「それほど(3500人の)目標を下回っていない」と述べていた。

 同社は15年3月期連結決算の純損益が2223億円の赤字。シャープ単体では、すべての資産を処分しても借金(債務)を返せない「債務超過」に陥った。メインバンク2行から2千億円の金融支援を受けるかわりに、本社売却などで年285億円の収益改善効果を出すと決めた。その柱が希望退職の募集だ。

 先月末に発表した15年4~6月期も、純損益は339億円の赤字。高橋社長は「想定よりも非常に厳しい状況になっている」として再建策の見直しも示唆している。希望退職が計画通りに実現すれば、半年で約150億円のコスト削減を見込めるが、応募者が少ないと収支の改善は厳しくなる。

出典:シャープ希望退職、3千人以上応募か 面談重ね促す例も:朝日新聞デジタル

	

■従業員ら、迫られる決断

「残っても活躍の場はない」「楽しい会社じゃなくなった」。希望退職に応じるシャープ社員は、無念やあきらめの気持ちで会社を去る。一方で、再就職への不安から会社に残る社員もいる。「液晶の王者」と評された会社を支える人材が大きな決断を迫られた。
 三重県亀山市にある亀山工場。同社を代表する「世界の亀山モデル」の液晶テレビを生んだ拠点だ。ここでも募集が進められていた。

 「残っても、活躍してもらえないかもしれない」。50代後半の技術職の男性は先月、上司との面談でこう告げられた。「辞めて欲しい」とは明言されず、自発的に言うのを待つかのようだった。元々辞めるつもりはなかったが、3度目の面談で応じることを決めた。

 同業他社から転職した男性は、シャープの高い研究レベルに感動した。誇りを持って働く社員の姿も印象的だった。しかし、韓国メーカーなどとの競争に敗れ、会社の業績は急落。男性は「誇りがいつの間にか、おごりに変わったのかもしれない」と振り返る。まずは離れて住む家族との時間を大切にしたいというが、「次の仕事のあてはない」とこぼした。

 別の50代後半の技術職の男性は、上司から勧められたのでなく、自ら応募した。理由は「昔のようにわくわくする商品を生み出す、楽しい会社じゃなくなった」からだ。会社であと数年働くよりも、上乗せ退職金をもらう方が得だと思うようになったという。

出典:シャープ希望退職、3千人以上応募か 面談重ね促す例も:朝日新聞デジタル

	

シャープ希望退職、3500人枠に3234人応募

シャープは21日、45歳―59歳の国内社員を対象に募集していた希望退職が3234人になったと発表した。国内連結従業員2万4000人の13%に相当する。

2012年に募集して以来の希望退職で、3年間の国内従業員の削減数は6000人を超える。

出典:シャープ希望退職、3500人枠に3234人応募 | ロイター | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

	

シャープの中からの風景

シャープ社員さんが会社を辞めずにふんばり、シャープの内情や自分自身の気持ちを綴っているブログを発見しましました。
生の声って中々聞けないので、さらーっと見ただけでもなるほどな〜っと感じました。
がんばってほしいです

逆境

逆境だからこそ、やるべきことがあります。 もう無理だと思われるほどの厳しい逆境で頑張れば、そこでしか得られないものを得て、そこでしか見られない風景も見られます。 たとえ焼け野原でも、土と汗にまみれて切り拓いたものは、きっとかけがえのない何かの種になり、世の中のどこかでいつか実を結ぶはずです。 ----------

これからの一ヶ月半

まもなく退職する同僚と、これまで一緒に仕事をしてきたいろいろな場面が思い出されます。 これから9月末まで、たくさんの同僚たちが一斉に会社を去っていき、精神的にきつい時期になります。 ----------

残念な赤字

7月31日のテレビ東京のワールドビジネスサテライトで、シャープの特集が10分間近く放映されました。 動画もホームページに掲載されています。 http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_94747/ 第1四半期がこの規模の営業赤字になるという予想は5月に発表されていたものの、やはり残念です。 ここから一歩ずつ、今まで以上にやっていくしかありません。 ----------

賭け

会社の規模は小さくなり、形も変わっていくのでしょうが、その先にはそれぞれの事業は再生できる、という方に賭けます。 ----------

社内に留まる意味

転職に関心を持ち、いろいろと考えて気分転換した後で、自分が今担っている仕事を改めて見つめてみると、その仕事に意義があり、自分のできることがまだ多いことに気づきました。 全力で取り組んできたと思っていましたが、見方を変えると本当の全力とは言い切れないようにも思えます。 たとえば、上司や他部門に対する小さな遠慮があったような気がします。 しかし経営危機から脱することができないのは、会社全体で数多くの間違いを積み重ねてきたからであり、一つ一つの小さな遠慮はそのような間違いの放置に繋がるかもしれません。 そういう意味では、もっと踏み込んでできることはいろいろあります。 この会社に留まる場合でも、事業が存続する限り、いずれ上司も自分も異動になり、組織の形も変わり、環境は変わっていきます。 別の会社でどうしてもしたい仕事があるのではなく、目の前の仕事に意義を感じ、できることがまだあると思えるなら、今の仕事をしばらく続けることはそれほど悪くないように感じます。

出典:シャープの中からの風景

	
.。oO(先程公表されたが、希望退職者数 3234名…勿論私に親しい方々も。退職日は9/30。たとえ引継ぎ時間が満足にあっても受る側の社員も業務量パンパンであり…。嗚呼、諸行無常)
	
シャープの早期退職制度は一人当たり750万くらいの加算金か。1年分の年収くらい。外資系の解雇と変わらない条件だな。
	
シャープの希望退職、そんなことしたら優秀な人だけが辞めてくんじゃ無い?と思いながら中日新聞の経済欄読んでいたら、やっぱり首切りたい人に退職勧告してたのね。
	
シャープは3500人程度予定した希望退職の募集に3234人が応じたと発表。応募者は9/30に退職する。給与の高い50代後半からの申込みが多く、年間150億円の固定費削減目標を達成できる見込み。追加募集はしない。希望退職者関連費用として2015年7~9月期に243億円の特損計上
	
シャープの希望退職者だけで大きな会社作れちゃうってことに気付いた僕の目の付け所はシャープでしょ
	
シャープ 希望退職結果

希望退職者数…3234人
特別損失…約243億円
	
西松屋は旧三洋電機など電機大手出身の技術者を80人弱雇用しており、今期中に100人に増やす計画だ。シャープ出身者は既に3人おり、優秀な人材の獲得を目指す。12年のシャープの希望退職では再就職に苦労するケースもあったが、景気回復で人材不足が顕著になる中、再就職しやすい環境になった
	
我が家にはSHARPのテレビとかFAXとかスマホとか過去にはワープロとかノートPCとか色々と愛着のあるものが多いんで目の付け所を改めて、退職話が吹っ飛ぶ会社に戻って欲しいです(--)(__)
	
シャープを希望退職するとてもお世話になった方から話を伺った。今のシャープは、ただ人を切ることを目的にした組織になり下がり、その後に何をやるのかというのが全く見えなくなっている。不安になったから長くいてもしょうがないから辞めるのだと。新しいアイデアもある方なのに。残念で仕方がない。
	

関連サイト

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。