• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
おいし過ぎる最強野菜のタマネギ

サムネイル出典:タマネギ - Wikipedia

おいし過ぎる最強野菜のタマネギ

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年01月08日
おいし過ぎる最強野菜のタマネギ

サムネイル出典:タマネギ - Wikipedia

日本人に広く愛され、煮ても焼いても生でもおいしいお野菜のタマネギグルメまとめです。

タマネギとは

さすがにタマネギという野菜をご存知ない方はほぼいらっしゃらないとは思いますが、一応のご紹介。

タマネギ(玉葱、学名:Allium cepa)は、ネギ属の多年草。
園芸上では一年草もしくは二年草として扱われる。球根(鱗茎)は野菜として食用とされる。色、形状、大きさは様々である。種小名 cepa はラテン語で「タマネギ」の意味だが、さらに「頭」を意味するケルト語に由来するとも言われている。なお、かつて日本では中国語由来の「葱頭」と書いてタマネギと読んでいた。
日本での生産量は1 154 000t、作付面積は2万4千haである。そのうち北海道が生産量約660 000t、作付面積12 500haと、全国生産量の約5割強を占める(以上、統計値は農林水産省 平成21年産春野菜、夏秋野菜の作付面積、収穫量及び出荷量(速報)による)。北海道に次いで佐賀県、兵庫県(主に淡路島)、愛知県、長崎県、静岡県、大阪府(主に泉州地区)が主な産地である。北海道は春まき栽培、他府県では秋まき栽培が行われるため、季節ごとに産地の異なるものが小売されている。

安価である中国・タイ・韓国・アメリカ・トルコ・オーストラリア・ニュージーランドからの輸入品も多い(輸入量約208 000t/ジェトロ2009年(平成21年)年計)が、国産品は価格面の対策として生産・流通コストの低減化、端境期対策としてマルチング・トンネル栽培による極早生の早期化や貯蔵技術の向上、極早生品種・高貯蔵性品種の開発、品質面の対策として高機能性品種の開発等を行っている。

出典:タマネギ - Wikipedia

	

多様の料理に使われる。サラダであればマリネなど、煮込み料理ではカレー、シチュー、肉じゃがなど、卵と共に料理するオムレツや親子丼に用いるほか、ソースなどとしてデミグラスソース、トマトソース、タルタルソース、サルサなどの素材としても欠かせない。ネギと同様に鍋料理や味噌汁の具としても用いられる。日持ちがするため、大航海時代にはニンジンやジャガイモと共によく食べられていた。新たまと呼ばれる極早生のタマネギは、生で薄切りにしても美味しく食べられる。
	

おいしいタマネギ料理の数々

今晩もタマネギ料理です。(中身くり抜いて炒飯詰めてスープで煮たらしい。)
	
肌寒いとタマネギ料理が美味しくなる。この揚げタマネギも、いつかやったろと狙ってるんだ。たぶん気温はあんま関係ないかもだけど。
almost-famous bloomin" onion
	
リスナーさんから教えて頂いたタマネギ料理。ウマーでした
	
今日はタマネギ料理してみたヽ(^。^)丿ごはんもふたりでいただきまーす
	
拓哉"sクッキング( ゚ε゚,,)の良いところは、擬音で調理法を教えてくれるだけでなく『タマネギ料理』にも関わらず主役がタマネギじゃない所であります。
	

玉ねぎ料理動画

	
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。