• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
巨乳で美人【女性アイドル】選手権! セクシーすぎる『画像』厳選スペシャル #ボイン #グラビア
殿堂

巨乳で美人【女性アイドル】選手権! セクシーすぎる『画像』厳選スペシャル #ボイン #グラビア

Posted date:
巨乳で美人【女性アイドル】選手権! セクシーすぎる『画像』厳選スペシャル #ボイン #グラビア
ボイン」...この言葉を知っている方はかなりの通ですね。1970年代に流行した「巨乳」の旧呼び名なんです。死語と言われていましたが、実は今でもマンガなどでは使われたりしています。
昔も今も「巨乳」でかわいくて美人というのは、男性の憧れの的。
今回はそんな巨乳で美人なアイドルたちの画像選手権方式でご紹介しましょう。
順位は各々付けてみて下さい!

巨乳~日本での歴史~

巨乳きょにゅう)とは、女性の乳房が大きいこと。また、その女性。

「巨乳」という言葉が登場するまでは、同様な乳房の大きさを示す言葉として「ボイン」、「デカパイ」という言葉が使われていた。

1960年代前半頃より成人向け雑誌にてその表現が散見されていたが、一般に広く知られるようになったのは、1967年大橋巨泉がテレビ番組「11PM」にて、朝丘雪路の乳房の大きさをボインと表現し、転じて朝丘をボインちゃんというあだ名で呼び始めたのがきっかけである。

「ボイン」は「ヒッピー」などと共にその年の流行語となった。また、1969年に月亭可朝が「嘆きのボイン」を発表しヒットしたこともあり、ボインという呼称が定着した。ボインは 1970年代には小島功の『ヒゲとボイン』のように漫画のタイトルにもなり、1980年代に入っても人気アニメ『まいっちんぐマチコ先生』で「ボインタッチ」の語が使われた。

2010年以降になると、造語である「巨乳」という語への置き換えが進み、2015年になると、俗語としての「ボイン」は事実上の死語となった。2017年現在、俗語としての「ボイン」を用いるのは、1960年代を知る中高年層以上の一部の者である。

アイドル界においては長らく「豊満な胸」をタブー視していたが、1970年代後期榊原郁恵が「健康的なお色気」という形で「アイドル性」との両立を果たし、その後のいわゆる「巨乳アイドル巨乳タレント)」の先駆けとなった。

出典:巨乳 - Wikipedia

	

セクシーすぎる巨乳美女アイドル『画像』厳選スペシャル

出典:.geino-topic

西田麻衣

出典:himasoku

鷹羽澪 

 白間美瑠

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」