• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
面白マニアックシリーズ【Z級映画】一度は観たほうがいいカルトムービー選手権!  #クソ映画
殿堂

面白マニアックシリーズ【Z級映画】一度は観たほうがいいカルトムービー選手権!  #クソ映画

Posted date:
面白マニアックシリーズ【Z級映画】一度は観たほうがいいカルトムービー選手権!  #クソ映画
多くの人が愛している「映画」。ハリウッド大作からヨーロッパ映画インディーズまで、いつの時代も人を虜にして活況を呈しています。そんな映画界の「異界」とも言うべき世界をのぞいて見たくないでしょうか。それが「Z級映画」(通称:クソ映画)と言われるジャンルです。
B級映画のように、笑えない失敗作のようなレベルではなく、思わず「笑っちゃう」ほどバカバカしかったり、シュールすぎたり、唖然としてしまうキャラ作りやチープ感など、とにかくハチャメチャな映画のことです。ここまで徹底していると逆にカルト的人気を誇るほどのものもあります。
今回はそんな「Z級映画」のカルト作品を厳選してご紹介します。

Z級映画、それはA級とかB級とかそういう領域では最早計れない、異次元に属する映画の事である。

莫大な制作費と膨大な時間を掛けて作られた大作映画が世に氾濫する中、短期間と低予算をもって作られたB級映画の方が大作よりもよっぽど面白い…なんてのもよくある話である。しかし世の中、そうそう才能ある人間ばかりでもない。光り輝くB級映画の影には、有象無象のツマラナイ低予算映画が大量に埋もれているものだ。

そんな埋もれた駄作映画達の最下層に、彼等は君臨している。

Z級映画と呼ばれる彼等は、単なる駄作達とは“超えてはならない”一線を画す。B級C級の、単に製作側に才能とか能力とか予算とか時間とかが足りなかっただけのツマラナイ映画には決して生み出せない、狂おしく禍々しい何かを放っている。要はZ級映画とは、あまりにヒドすぎてネタになる、もしくはネタにもならない程ヒドい事自体がネタとなる映画である。
その出自は多種多様で、予算も才能も非常に限られた映画もあれば、潤沢な予算や優秀なスタッフを与えられながら、ちょっとしたボタンの掛け違いでZ級に転落してしまった映画だって存在する。

古今東西のZ級映画を紹介するサイトやブログは数多く存在する。また、ニコニコ動画にも何故か消されずに残っている事があるので、普通の映画では味わえないその内容を是非一度味わっていただきたい。

…ただし、肉体・精神面での安全は保証しかねる。

出典: (ゼットキュウエイガとは) [単語記事] - ニコニ...

	

一度は観たほうがいいカルトムービー選手権!

↓スタート↓

恐怖!キノコ男

謎の液体によって生まれた巨大キノコが人間に襲い掛かるモンスターホラー。あらゆる生物を凶暴化させる恐怖の液体を開発した科学者。静養のため郊外のペンションを訪れた彼は玄関で転んでしまい、バッグからこぼれた液体が白いキノコに流れ落ち…。
ゆっくりクソ映画レビューvol 29:「恐怖! キノコ男」(後編)
糞過ぎる概要
お粗末すぎるセット並びに違和感ありまくりのCG。
あらすじに到達できる展開が遅すぎる。余計な尺を取り過ぎてテンポが悪い
酷くグダグダで不快感極まりない会話
超展開連続の嵐
そしてなにより制作から監督まで殆どワスカバジの身内作っている。

出典:恐怖!キノコ男 (きのこおとこ)とは【ピクシブ百科事典】

	

アタック・オブ・ザ・キラートマト

作品情報
ある日突如として全米に殺人トマトが現れ、次々と人間を襲い始めた。
犠牲者が続出し、この事態を深刻とみた軍は会議を開き、
対トマト用に開発したアンドロイドのテストを行うがあっけなく失敗。
今度は対トマト要員のスペシャリストたちを召集し、
トマトたちと戦わせるが全く歯が立たない。
日に日に増え続けるトマトたちは巨大化し、
ついには軍対巨大殺人トマトたちの全面戦争が勃発、
街は大パニックに陥る。   

出典:進撃のトマト/映画「アタック・オブ・ザ・キラートマト」(字...

	

怪奇!兎男

突然変異で誕生した兎男が人間に襲い掛かるモンスターホラー。ある動物研究施設で、遺伝子組み換えの実験材料であった兎から悪性ウィルスが発見される。施設には厳重な警備が敷かれていたが、ある日、動物愛護支持者によって兎は逃がされてしまう。
ゆっくりクソ映画レビューvol.35:『怪奇! 兎男』(前編)

尻怪獣 アスラ

日本が誇るゴジラ・モスラ怪獣特撮映画のパロディ。大暴れする巨大化した“尻”の怪獣の姿を描いている。
ゆっくりクソ映画レビューvol.8:「尻怪獣アスラ」前編
郵便局員のウォルドーは旅行に行った先のメキシコで尻喰いウシガエルに尻をレイプされ、命の危機に陥る。日本人医師「ワンサムサキ」による核収縮棒を尻に突っ込まれる治療を受けて助かったものの、塩水で浣腸することを怠った為、尻はウォルドーから分離した挙句「尻怪獣アスラ」となり、人間を襲い始めるのであった。

出典:尻怪獣アスラとは (シリカイジュウアスラとは) [単語記事] - ...

	

アタック・ザ・マミー

エジプトの地下にある古代墓地をアミューズメントパークとして改造し、儲けようと企む魔術師シーク。彼は、大々的に宣伝しようとアメリカからカメラマンを呼び寄せる。
映像・音声・CGなどは2000年の映画とは思えないほど低質であり、セットは合わせ鏡を使う、何度も同じ場所を往復するなど広く見せる工夫が涙ぐましくも思える。

吹き替え版のセリフが悉くギャグに突っ走っているため、分類上は一応ホラー映画であるが、どちらかといえばコメディー映画として見られてしまっており、コメディー映画ならばそこそこ観れると評価されている。

主人公2人の吹き替え版の声優が『クレヨンしんちゃん』の野原夫妻と同じ声優な事と、全体的にエジプトに対する激しい誤解と小馬鹿にしたような描写が多く (現代の日本が舞台なのにサムライとゲイシャばかり登場するようなもの) 、「荒らしを呼ぶ!アッパレ国辱ボーイズ!」などとクレしん劇場版のようなタイトルでも呼ばれている。

出典:

	
ゆっくりクソ映画レビューvol.13:「アタック・ザ・マミー

マシーン・オブ・ザ・デッド

クレーブ・コーエン監督が贈るSFホラー。遥か彼方からやって来た謎の異性人マシーン集団。若い女性ばかりを狙い襲う彼らの目的とは?高い知能指数を誇り、高度な文明を築いてきた彼らが地球にやって来た理由がやがて明らかになり…。
ゆっくりクソ映画レビューvol.34:『マシーン・オブ・ザ・デッド
この映画のZ級ぶりは本編ではなく、エンドクレジットでピークを迎える。酔っ払いのカラオケのようなラップ(しかもアカペラで歌詞も下品極まりない)が延々と流れ、画面には謎のURLが次々と表示される。そして、そににアクセスすると……なぜか海外のポルノサイトへ繋がるのであった!

オチまで完璧な本作品。まさしく現時点でのナンバーワンZ級映画と言っても過言ではない。

出典:【見てはいけない映画レビュー】下品な殺人ロボットの人形劇...

	

宇宙から来たツタンカーメン

STORY】
ツタンカーメンの墓から発見された棺はアメリカの大学に移送される。 
放射線を使い調査を始めた研究チームだったが、そのせいでミイラが蘇ってしまい、大学構内を中心に次々と殺人を冒すのだ。 
さらに、このX線写真の結果から、ミイラの正体が地球人類でない事が判明・・・
古代遺跡で墓泥棒をしていた男がミイラ入りの棺をアメリカに持ち帰る。

これがあちこちに転売されたりするのだが、X線調査により、謎の緑のコケに覆われていることが判明。
そして、調査していた学生により、棺の中身は宇宙人ではないのか?という疑惑が持ち上がるが
大学教授の言いなりでミイラ発見の記者会見を優先。

だが、これが仇になり、棺についていたコケで手が腐り、中身のミイラも動き出してしまう。

ミイラは冒頭の男が盗んだ宝石を求めてあちこちを彷徨う。
一応、このミイラは3000年間眠り続けた時空の旅人という設定があるが
映画を見た限りだととてもそうは思えないのが非常に残念。 

ラストではいきなりミイラが宇宙人に変身。友好的に手を差し伸べた博士とどっかに消える。

そして、遺された宝石に触った学生の手が腐って終了。

果てしなく続く・・・らしい。 

出典:宇宙から来たツタンカーメンとは (タイムウォーカーとは) [単...

	

メタルマン

世界が大きな戦争で荒れるとき、 
ある若者は科学者に託された人知を超えたパワードスーツとマスクを使い戦う! 
彼の名はメタルマン。空を自由に飛び、鋼の弾丸を弾き返し、かなりの怪力を持つ。 
そして敵を欺く不可視能力を秘めた最強のヒーローだ! 
両親の敵を討ち悪の軍事企業の野望を潰すため今戦いのゴングが鳴る! 
メタルマン(映画)とは、2008年ハリウッド映画最大の話題作…の『アイアンマン』に似て非なる何かである。

天才発明家が生み出した戦闘用パワードマスクで、悪を駆逐せよ!上質のVFXと斬新なアクションを交えた興奮の展開!

スーツから放たれるミサイル、どんな弾丸も弾く特殊シールド、ジェット機を上回る飛行能力…。スーパーアイテムを揃えた史上最強のヒーロー!!

(以上販売会社の作品紹介文より一部抜粋)

 

もちろん全部ウソなんだ 本当に申し訳ない

出典:メタルマン(映画)とは (メタルマンとは) [単語記事] - ニコニ...

	
ゆっくりクソ映画レビューvol.2:「メタルマン」前編

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」