• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
欅坂の曲は昔のAKBの時のような曲?って本当?最近坂道と48Gでよくコメント欄で言われていること。秋元康が欅坂にばかり力を入れている?

サムネイル出典:

欅坂の曲は昔のAKBの時のような曲?って本当?最近坂道と48Gでよくコメント欄で言われていること。秋元康が欅坂にばかり力を入れている?

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
Update date:2018年03月09日
欅坂の曲は昔のAKBの時のような曲?って本当?最近坂道と48Gでよくコメント欄で言われていること。秋元康が欅坂にばかり力を入れている?

この頃よく言われる、欅坂の曲は初期の頃のAKBの曲調。

欅坂46以外のグループでかっこいい系の曲が出た時に、
よく欅坂っぽい。と言われがちなのですが、

AKBの古参ファンは、昔から応援してきただけあり
このような曲調はAKBの初期にあった!
だからAKBが欅坂っぽいんじゃなくて、
昔のAKBのような曲調でシングルなどが続いているのが欅坂だ。
という主張があります。


最近でいえば、
2017年の総選挙曲のアンダーガールズ
「だらしない愛し方」など、
今回のAKBのカップリング曲で
NMBの
「下手を打つ」など、

欅坂46はデビューシングルから
クールなかっこいい曲がほとんどを占めているので
欅坂といえばそのようなイメージがついています。


AKBがブレイクした時は、
大声ダイヤモンド、言い訳maybe、
10年桜などアップテンポで
明るい曲が代表的なので
そのようなイメージがついているかもしれませんが、
初期の頃には「制服が邪魔をする」
「ロマンスいらね」「スカートひらり」など
今ではあまりないような曲調の
クールテンポなものがあります。
そしてチームKにはクールな曲が多かったです。


そしてNMBも欅坂っぽいと言われますが、
NMBはダンスグループでもあります。
かっこいい曲がかなり多いです。
ですが、このかっこよさは
欅坂とは違う路線なのですが
クール=欅坂
というイメージがあるからこそ、
欅っぽいという表現になってしまうのではないでしょうか。


曲調がクール路線で似ているという意見の通り、
似ていることもありますが
曲の中での雰囲気、歌詞は
全く違うと言えます。

欅坂は大人など、自分以外の
物に対する反抗が多いですよね。

「サイレントマジョリティー」
大人の支配されない諦めるな
「不協和音」
人と違っても自分を貫く
「エクセントリック」
変わってていい理解されなくてもいい
「月曜日のスカートが切られた」
生きるやるせなさ
など。

NMBでいえば、
「カモネギックス」懲りない女の恋愛
「must be now」光、希望に向かっていく
「Dont look back」振り向かずに前へ
「僕以外の誰か」振った自分を忘れ新しく支えてくれる人の元へいってほしい
など。

内容としては、結構違うんですよね。


最近デビューした欅のような曲調の曲が
AKBに今回出た。
元々はAKBもこういうクールな曲調が多かった。

という見解でしょうか。

秋元康さんは欅に力を入れている?

力を入れているのは間違いないことだと思います。

平手友梨奈という原石を見抜き、
秋元さんは、アイドルに本当は
こういう形の曲をやって欲しかった。

と思うものが
今の時代にヒットし、ハマったのではないでしょうか。

AKBの初期時代にこのようなクールな曲は
まだ流行るような兆候はなかったですし、
THEアイドルソングにして
ブレイクし、今でも神曲と言われる曲も複数あります。

ですが、ネットが普及したり
年々いじめや格差社会などが悪化する今だからこそ
欅坂46の曲は人々の心に入りやすかったのかもしれません。


一度、ラジオで指原莉乃がいるときに
欅坂にはアーティストのようないい曲がたくさんなのに
他グループにはなぜないのかというような質問をされ、

センターが前田敦子だったら
前田敦子用の曲はキープしていた。ということは言っていたので、
各グループにあうようにちゃんと考えているようです。


現に乃木坂46は清楚な売りでデビューし、
曲もアイドルの清楚がある曲が多く
グループの色となっています。

NMBには、
北川謙二
カモネギックス
ワロタピーポーなど、
NMBにしかできないような、
難波の味を出している曲がありますし。

NGTはデビューの時から、
フレッシュなメンバーにあう曲で
曲調が他グループとも被らない、
NGTらしさが出ていてとても人気があります。

SKEは、

パレオはエメラルド
ごめんねsummer
片思いファイナリー
チキンline
意外にマンゴー
無意識な色

など、かっこいい曲から
王道アイドルソングまであり、
ダンスを売りにしているだけあって
振り付けも躍動感があり
全力さも伝わってきます。
難しいフォーメーションも
店舗が早い曲も
キレキレなのに全体のダンスが揃っています。


このように各グループのことをしっかり考え
曲を出しているのではないかと考察できます。

結論

各グループの色は、
全く違うということがわかりました。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru