• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕されていた可能性も?声をかけるだけでもハイリスクな時代になってしまった

行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕されていた可能性も?声をかけるだけでもハイリスクな時代になってしまった

Posted date:
行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕されていた可能性も?声をかけるだけでもハイリスクな時代になってしまった

大分市内で行方不明になった女児を同じアパートの女性が保護していたことについて、大分県警は、「事件性はない」と判断した。しかし、ネット上では、「これが男性だったら逮捕されたのでは」といった疑問がくすぶっている。

 「家に帰りたくない」。報道によると、大分市立小学校4年の女児(10)は、同じアパートの20代女性に聞かれてこう答えたという。

■女児を同じアパートに2、3日保護

 女児は2015年8月28日午前0時ごろ、アパートの出入り口付近に1人で座っていた。前日の午後に「友達の家へ遊びに行く」と言って家を出てから、家には帰っていなかった。  女児の家族が捜したが見つからず、母親(37)が30日未明になって大分中央署に捜索願いを出した。大分県警は、この日のうちに女児の写真を公表して公開捜査に踏み切っている。その後、28日夕に女性が女児と外出しているのを見たという目撃情報などから捜査員が女性宅を訪ねて、30日中に女児を無事保護した。女性と女児は面識があり、女性は40代の母親と一緒に住んでいた。  女性は、警察の事情聴取に対し、「女児宅に連れていこうと思っていた。女児にも『帰りたくなったら帰りなさい』と伝えていた」と説明したという。  県警が事件性なしと判断したことについて、ネット上では、様々な疑問や批判の声が出ている。  08年には、埼玉県内で迷子の女児を親切心から車に乗せて祖母宅に送ろうとした男性が未成年者誘拐の現行犯で逮捕され、男性がかわいそうだという声が上がった。こうしたケースなどもあったことから、ネット上では、今回のことについて、「男なら逮捕だろこれw」「確実に男女差別があるよね」「なんで逮捕されないんだよ」といった書き込みが相次いでいる。  一方で、女児が帰りたくないと漏らし、母親の捜索願いも遅れたことから、「親に問題ないか?」「複雑な事情がありそうだな」といった指摘も出ていた。  元東京地検検事の大澤孝征弁護士は、警察の判断についてこう解説する。   「女性は、『家に帰りたくない』と言っている女の子を自宅に入れて一時保護したわけですよね。昔の日本ならよくあった話であり、警察も、親切に保護した人を犯罪者にするわけにはいかないでしょう。それは、たとえ独身男性でも同じことであり、男女を問うことはないと思います」  とはいえ、大澤弁護士は、誘拐の疑いを持たれかねないため、今回について女性は警察などに通報すべきだったとした。   「親権者でない人が連れて行けば、未成年者略取に問われる可能性があります。それは、男女や面識の有無を問わず、離婚した親などのケースでも同じことです。今回については、その点において、ギリギリの事案だったんでしょうね」

出典:行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

	

迷子に「どうしたの」と声かけるべきか 「不審者」扱い怖く、「110番」した実例巡り議論

夜道で迷子みかけたら、声かける?

   子供にあいさつしただけで「不審者」のレッテルを貼られかねない昨今、迷子を見かけた際に「どうしたの?」と声をかけるのは少し勇気がいることかもしれない。

   ある男性は声をかける代わりに「110番」としてその場を去るという苦肉の策をとった。一連の出来事を2014年1月9日にツイッターで告白すると、すぐに反響が広がった。

「駅はどちらですか」「すみません」で通報の例も

男性は9日、「昨晩110番を利用してしまった」として8日夜の出来事を語り始めた。ツイートによると、男性は20時ごろ、小学校1~2年生くらいの子供が1人で泣きながら歩いているところを住宅街で見かけた。迷子かと思い、声をかけようとしたが、いわゆる「声かけ事案扱いされること」が頭に浮かんだ。男性は不審者扱いされるリスクを考えて声をかけることを断念し、代わりに「110番」通報をしたという。 一般的に「声かけ事案」とは、子供に「お菓子をあげる」「車に乗せてあげる」などと誘うものや、住所などの個人情報を尋ねるもの、卑猥な言葉をかけるものなど、誘拐事件や性犯罪などの前兆と思われる事案のことを指し、条例で禁止している県もある。 ところが、各警察署がメールマガジンやホームページで発表している事例をみてみると、本当に不審者だったのか分からないものも散見される。「おはよう」と挨拶した男性や、「駅はどちらですか」と尋ねた男性、「すみません」と声をかけた男性の通報例は、受け取り手の過剰反応である可能性も否定できない。インターネット上には、転んだ少女に「大丈夫?」と声をかけた結果、長時間にわたって事情聴取されたという不幸な報告もある。 こうした現状を踏まえた結果、男性は110番を選んだようだ。その慎重さは徹底していて、女性オペレーターから電話口で「最寄りの交番まで連れてきてほしい」と言われると、それでは「事案」を恐れて通報している意味がないとして断った。声をかけた場合に、子供が大声をあげたり防犯ブザーを鳴らしたりする可能性も危惧していた。また、オペレーターに「せめて警察官が到着するまで、近くで見守ってあげて」と求められたが、子供の近くで立ち止まって見ていては、それこそ「不審者」として通報される可能性があるとしてこれも断ったという。 「10年前なら間違いなく声をかけて交番に連れて行ってあげたが、今は男がそんな事をしたら何を言われるかわからない」という男性は、やりとりの末「一分でも早く警察官に保護させてください」と伝えて、後味の悪さを感じながらも子供のいる現場を立ち去ったという。

出典:迷子に「どうしたの」と声かけるべきか 「不審者」扱い怖く、「110番」した実例巡り議論 : J-CASTニュース

たしかにそうなんだよなあ・・時代ともいうべきか困っている人に声をかけることすらリスクになってしまうから中々声をかけるという行動に至らない
行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声

今の世の中「触らぬ神に祟りなし」状態で、困ってる人が居ても手を差し伸べると犯罪者扱いされかねないからって見過ごされるケースが増えてるような気が、、
	

興味深い保護事件・・・

たとえ親切心でも、わしなら一報いれるでしょうな。。。

男性諸君、逮捕されようと勇気をもって、
声かけたり、子供の保護をしようではないか・・・
冤罪やだけどT^T
	
批判があるように親切心とは言えこの女性も軽率、配慮に欠ける。ただ女児が「家に帰りたくない」家で何があったのか。子どもが痛くないという事件が多い。

行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声
	
単に顔見知りだったからセーフだっただけじゃね?>行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声
	
男なら性犯罪者として逮捕されたうえ実名報道。仕事はクビで再就職もできないどころか、GPSで監視されてる → 行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声
	
行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声(J-CASTニュース)
迷子を見つけても放置。これが日本での賢い大人の生き方。
	
行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声
男性だったら絶対逮捕かな。女児でなくても捕まりそう。かかわらないのが一番になってしまう。男性のいきずらい社会だなあ。
	
行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声

これは「保護した」女性が母親と同居ということも加味されるのかな?
でもとりあえず児相か警察に連絡を入れておくべきだったのは確か。犯罪者になりたくなかったらね。
	
そりゃもちろん男なら事案ですよ。男は善行を行うことも躊躇される世の中ですよ。かといって親切でないと冷血漢と罵られる。生き難い世の中です 
	
逮捕まで行くかはともかく、現実的に相当厳しい捜査と尋問がが待っていたでしょうね。でマスコミの初動がバイアスをさらに助長してと。 行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声(J-CASTニュース) -
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。