• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
全てを真似する友人。真似をしたところで本家は越えられない。真似は自分のオリジナリティを作る過程でしかない。

サムネイル出典:

殿堂

全てを真似する友人。真似をしたところで本家は越えられない。真似は自分のオリジナリティを作る過程でしかない。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
全てを真似する友人。真似をしたところで本家は越えられない。真似は自分のオリジナリティを作る過程でしかない。

真似を、よく思う人も悪く思う人もいる

真似をされたときに嬉しいと思う人。
真似をされたときに嫌な気持ちになる人。

両方あると思ういます。
私は断然、後者でした。

中学生くらいから人に真似されることが
すっごく増えたんですよね。

自分の買うもの、
良いというもの、行動、しぐさ、言葉
全てを真似されました。

真似をされてる側で、
そういえばあの子も持ってたよね
と、自分が先に買っていたのに
言われて、自分が真似したみたいに
言われるときのあの苛立ちははんぱないですね笑


私が仲良くなって一緒にいるようになった友達は
大抵私のものを何かしら真似をします。
コピー人間のようになります。

その友達の家に行ったときに
カントリーな感じのお部屋だったのですが
私の家にきて、部屋が当時は中学生で
まっぴんくだったのですが
次にその友達の家に言ったら
部屋がまっぴんくになってました…
おいている家具も真似されていました。

私の化粧ポーチの中を見て
私の化粧品も全部真似をされました。
新しいものを私が買ったら
それを知った日、もしくは次の日には
同じものを持っているのです。

私には癖があるようなのですが
その、しぐさや癖も
まったく一緒と周りに言われて気づきました。

私の考えをそのまま
自分の考えかのように後日言われたりもしました。


数えきれないくらい、真似で溢れていました。

でも、もちろん真似などしない
自分を持っている友人もいます。
その人は、本当に
個性的だな。と思います。
自分を持っていて素敵だな。と。

お互いに好きなものや
趣味やセンスが同じ系統ではないので
自分と違う、
友達だから合わせる、
無理に共感するではなく
相手の好きなものを尊重して
自分が好きなものは、
好きと言っている人に
私は魅力を感じます。

なので真似されることは
ほんとうに嫌いでした。


そもそも人って生まれてから
真似で全てが始まると思います。
自分も、たくさん真似をして育ってきたことと思います。

人間は空っぽな中に
オリジナルなんて作れないですよね。
最初は型を作るところから始まり、真似をする。
そして、そこで自分が素敵だと思うこと
自分が好きだと心から思えるものを
自分の形にオリジナルにしていく。
色々なものを見て、知って
視野が広くなっていって
やっと、それらを自分で想像して考えて
作り出してオリジナルになると思います。


きっと、なんでも真似をして
その人のコピーになる人は
まだ、「自分」というものが出来上がっていない
自分をまだもっていないのかもしれないって
思うようになりました。
好きなものも、素敵だと思う感情も
まだ心から思うようなこともないのかもしれません。


私は、とても魅力を感じる友人がいました。
顔が良く美人で、すごく面白くて
とにかく目立つし、センスがあって
強い心を持っているところ。
すごいな~と思っていました。

その子に、
いつも人から真似をされているけど
嫌じゃないの?と聞きました。

そしたら
「だって、真似されるってことは
自分のを良いって思ってくれてるってことでしょ?
自分が認められたんだな~って思うから
わたしはめっちゃうれしい(笑)」

と言っていました。

そんな考えになれなかった自分はきっと
「まだ、真似する側なんだろうな」
と思いました。

真似されても消えない、
取られたとか思わない。
自分が作り出したものは誰のものになるわけではない。
っていう事実をわかっているから
そんなこと気にしないんだなって思いました。


私はとても戦略的だなと思った方がいます。
女性からも男性からも絶大な人気を誇る、
「乃木坂46の白石麻衣さん」
まいやんの髪型を真似する女子が
大量発生して話題にもなったことがあります。

そして、
まいやんと同じようなメイクをしたり
元々、顔がまいやんの系統と似ていたことから
髪型もなにもかも同じにすることで
白石麻衣に似ている!と
話題になった人がいました。

インスタグラムでまいやんに似ていると
話題になり、そこからファンがつき
ステマによって稼ぐということが
出来ている人がいました。

広く認知されている白石麻衣に寄せることによって
白石麻衣が好きな人が集まり、
自分の知名度も上げることが出来る
すごく戦略的だと思いました。

でも1つ思ったことがあります。
インスタグラマーでも、
誰かに寄せているわけじゃない、
そのままの被るような人がいないような、
個性を持った人がいました。

その人、そのものが出ているのが
画像を見てても感じ取れるところが多く、
真似をして知名度を上げた人よりも
ファンの厚さ、人気、濃さが
やっぱり違うなぁって感じました。

それは特にコメントでわかりました。
白石麻衣さんに似ているひとのコメントは
まいやんに似てる!かわいい♡!
など、表面的なことのコメントが多いのですが

個性があるひとに対してのコメントは
それってどうやってしたんですか?
おもしろいです
やり方を教えてください!
など、見た目だけではなく
中身に対することの質問であったり
誉め言葉が多かったです。


最初は真似から入っても
そこから自分を生み出していくことって
大切だなと思いました。

きっと、真似といっても
その子が持っているものだから
真似をする。
じゃなくて、
その子が使っているものが実際にいいもので
自分も良いと思ったから買う。
のほうが気持ち良いですよね。

その子が持っているからってだけじゃ
自分を持っていないように感じる
でも、自分もそれ自体を
良いと思うから買うって、
きっかけがその子が持っていたことだけど
違うところで出会っても
そのものを買っていたかもしれないなら
それは真似ではないかなって思いました。


それに真似にこだわらなくなった理由は、
本物に、偽物が叶うことはないとわかったからです。
何かを真似してそれを評価されても
そもそもが真似であり
自分を評価されたわけでないです。
それに本物は何があっても、
自分がそれに誇りを持っている限り
自分を自分で貫く限り
絶対に消えることはないからです。
そこにとどまるだけじゃなく、
もっとそこから向上していくことを辞めずに
自分自身も進化していくことが
大切なんだと気づきました。


そして、真似をする人も
される人もいるからこそ、
経済も周ります。

なので芸能人の影響などは大きいし、
それによって商品が売れたりしますよね。
その芸能人が憧れだから
その人が持っているものを使いたい
という思いがあるからこそ
この世の中に需要をもたらしていることも事実です。

芸能人のおすすめしているものが
本当は自分が好きなものではないけど
企業と契約したから悪くはいえない
お金がたくさん入るし。
とりあえず、進めているだけ
ということがわかったときに
叩かれるのはもちろんですけど(笑)


でも、それだけ
その人が持っているだけで買いたくなる、なんて
相当の魅力があるってことですよね。
自分を認められた、そして日本の経済にも貢献している
くらいに思える領域にいったら最高ですね!


あなたはあなたです
誰かに奪われることも
自分の個性が消えることも
ありません。絶対に。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない