• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
真心は通じる。敵が味方に。口が軽かった自分が口が堅くなる人間に。

サムネイル出典:

真心は通じる。敵が味方に。口が軽かった自分が口が堅くなる人間に。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
真心は通じる。敵が味方に。口が軽かった自分が口が堅くなる人間に。

損得感情なしの心

今自分がこれをすることによって
何にメリットがあって
どうデメリットがあるのかとか
状況などに応じて
損得を考えるのが人間


でも人間関係においても
本当の真心は通じると信じています。


1人の人を若いころに私は裏切ったことがあります。
なんで怒っているのかもわからないし
言ってもくれないので逆に腹が立って、
その人の秘密をばらして裏切りました。


そしたら
それからいろんな人が自分の敵になりました。
もう居場所もなくなるくらい
精神もかなり病みました。

そういう時に
そばで支えてくれる新しい友達が出来ました。
その人は、中学生というまだまだ子供のときに
死にたいと思っていた私に

世界には死にたくなくても死んでる人もいる
簡単に死にたいなんて言ったらいけない
今は辛くても、幸せになる時が絶対にまた来る
あなたが変なことしないように
30分に一回メールするし電話するからね

と、ずっと私のことをそばで支えてくれました。

あなたが何かされたら
あんなやつら私が言い返す
と、私に色々した人にも
何回も話をしにいってくれたりもしました

それでも半年以上、
私が裏切った人は私に嫌なことを続けました
仲が悪いことは誰でも知っているくらい仲が悪かったです。

でも私はその人のことを悪く言ったことは
一度もありませんでした。
私の元々の友達たちは
いくらなんでもひどすぎると
その人のことを嫌っていましたが
私が悪いから。またもう一回仲良くしたい
とずっと言っていました。

たまたま帰り道が
私の友達と違う友達が一緒で
その人と一緒になることもありましたが
時間がたくさん立った時に
何も言われたりもせず普通にされました。

それから二か月たった頃に
私のことを話ししてくれていた友達から
その人のメールアドレスを聞いて、
もう一回ちゃんと謝ろうと連絡をしました。


本当にごめんなさい
私があの時は間違っていたし
悪く言うこともできなかったししなかった。
でも、また一緒に馬鹿なことしてた時みたいに
色々なこともしたい。
本当にあの時はごめんなさい

と連絡をしました。

そしたら
もう気にしてないよ
でもあのことで迷惑かけたほかの人にも謝ってね
もうあんなことしないでね!(笑)

と、仲直りをすることが出来ました。

私は一度も、その人を
苦しめ返してやりたいとか思わず
ただ、心でずっと思ってきました。


普通だったら
自分が悪いことをして色々されたら
それでも自分を守るために相手を傷付け返したり
悪く言ったり、もう一回仲良くしたいなんて
思わないようなことかもしれません

でも、諦められなかった
自分の思いに直に
損得など考えずにいたことで
真心が通じた瞬間でした。
人に対して、そういうことが出来たのはこれが初めてでした。

実際当時の私は口が軽かったので
このことがきっかけで
死にたくなるくらい追い詰められて
自分が今までしてきたことに気づき、
今では誰よりも口が堅いです。

噂話や、あの人がこうなんだってとか
人の大切なことや
たまたま知ってしまったり
見てしまったこと
まったく人に言わなくなりました。

この経験のおかげで
あれから今まで何年もの人生、
口を滑らせるなんてことが一回もなく過ごしてきました。
そして、そう変わってからは
人から信頼されるようになりました。


この真心というものを知ってから、
あいてが自分の気持ちにこたえてくれないとか
期待と違う現実とかにこだわらなくなり、

自分の気持ちに素直にいるようになり
自分が可哀想に見られたくないとか
いろんなプライドを捨てることによって、
どんなにつらい状況でも
自分に嘘をつかず、相手ではなく
自分を信じることによって
思いが相手に通じるようになりました。

一時敵になった相手でも
真心が通じ仲良くなってからは
今度は私に違う敵が現れた時に
自分を犠牲にしてでも私を守ってくれました

そんな人じゃないってわかってるし
そんなことするのは許さない
自分が頭を下げてでも守るということをしてくれました。

不思議なことに
一度敵になった人が
のちに自分を守ってくれて
相手が心から大切にしてくれるということが
たくさんありました。


それはこの真心のおかげだと思っています。


損得関係なしに
自分が好きだと思う人間を裏切らずに
その人によって嬉しいことをしたり
その人自身を理解しようとする。
味方でいる。周りなど関係なしに。
そうすることによって
本当の関係を作ることが出来ました。

見返りなど考えていません
そうすることが自分にとって
幸せなことだからです。

でものちに自分のことを好きになってもらえ、
反対に今度は自分が支えられることになるんです。


真心って、
その人が自分がしてほしい対応をしてくれなくても
一緒にいれることが自分にとって幸せであり、
決して相手の都合の良い人間になって
媚びを売ることではないのです。
自分もその人に対してできないことはしない。
譲れないものは譲らない。
でも、それ以外で自分がその人に対して
できることを見返りの気持ちなしにすることが
自分にとって負担でなかったり負の感情にならない
むしろ、プラスな気持ちになれることだとではないでしょうか。


世の中は偽善で溢れていることも多いですが、
本当の心、真心で人を関われる人が
1人でもいたら、幸せなことだと思います。


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない