• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
SKE48須田亜香里が人気なのは納得できる。嫌いだったけど、知れば知るほど好きになる。

サムネイル出典:

SKE48須田亜香里が人気なのは納得できる。嫌いだったけど、知れば知るほど好きになる。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
SKE48須田亜香里が人気なのは納得できる。嫌いだったけど、知れば知るほど好きになる。

ブスだと言われる須田亜香里さん

AKB48でも選抜入りをしたり、
どんどん順位を上げるに伴って
なんで人気なの?ぶすじゃん。

などと言われることも増えた須田亜香里。

2014年に10位にランクインした時に
とてもバッシングをされました。

スピーチも長く、
ナルシストっぽいことを言っていたり、
まとまりがなく、
AKBの総選挙を第一回の時から見ていた私は
かなりその中でも驚きましたし、
なにこの人…と、ネットで色々書かれていることと
同じことを思ったこともありました。

あっちゃんがいたころの選抜なんて
すんごいレベル高かったのに。
とも思いました。

その後選抜落ちの須田亜香里

2015年には、選抜落ちをして
総選挙ではアンダーガールズになりました。

そのときのスピーチではぼろ泣きで
それが現実なんだよ。と周りからも言われてしまった須田亜香里。

本人は、神7に入る予定だったそうです。

私もまだそのころは、だーすー(須田亜香里)のことは
好きではありませんでした。

なんか、突然変わった!!!!

2016年の総選挙では神7入り!

でも、容姿も中身も変わっていました。

明るいショートカット。
むしろベリーショート?

それまで黒髪ロングのだーすーが、
昨年選抜落ちをしてから
ばっさり髪を切り髪も染めて
別人みたいになっていました。

そしてなによりも変化を感じたのはスピーチでした。


去年は号泣してお見苦しいところをお見せしてすみません、と
何か吹っ切れたように話す、須田亜香里。

結果で得た物は結果で失うと思った、
でも本当は大事なのは表面上の結果ではなく、

どれだけの方と気持ちを通わせることができるのかが大切だと気付いた
と語る須田亜香里が、去年とはまるで別人でした。


私が初めて須田亜香里を知ったのは、
テレビで軟体嬢王?として、
体が柔らかくなければできない競技をしているのを
たまたまつけてみていたときに知りました。

SKE48の須田亜香里さんです~と言われていたときに
え、SKEなんだ。あんまかわいくないな
とその時思っていました。

そのだーすーが、
AKB総選挙でどんどん順位をあげてきて
やっと、あ!あの時の子だ!と気づいたんです。

そしてあんまり可愛くないという印象も変わらずでした

なんで人気あるの?

その疑問だけがずっと残っていました。

でも、それからAKBの番組などを見ていくうちに
須田亜香里の良いところがわかってきました。

まず、明るい。明るくて、場を和ませてくれる。
笑顔にいやらしさを感じない。くしゃっと笑うんですよね。
そして、ほとんど笑顔でいるんです。
SKEのパフォーマンスでも、つねに全力でやっている。
端っこでも、後ろでも。

なによりも、顔じゃなくて
ああ、この人のファンって須田亜香里の中身をみていて
須田亜香里そのものを見ているんだなって思いました。

握手会では来たファンのことを絶対に忘れないし
ダスノートというものを作っていて
そこにはファンの人の名前がずらっと書かれているみたいですよ。
笑顔で神対応な上にファンのことを忘れない。
そして、自分のことを卑下しないところ。
自分で自分のことを認めていて、
相手を蹴落とそうとかしないんですよね。

これは、NMB48渡辺美優紀と
キャバ嬢対決をしたときに見たのですが、
みるきーもだーすーと同様に
常に笑顔で可愛くて神対応。
2人とも最強の釣り師なのですが、

みるきーは容姿も可愛いです。
そんなみるきーが大久保さんと最初に
いちゃいちゃしていて、
そこにヘルプで入りました須田亜香里です
と入ってくるのですが、
最初は大久保さんに
呼んでないな~とか言われてしまうのですが、

三人で会話をしていくうちに
だーすーの良さがわかるような会話でした。


みるきーは、
欲しいものはバックと言ったり、
焼肉を食べに行きたい
とか、だーすーと大久保さんが話したら
大久保さん私と話しましょお?と妨害。

でも、だーすーはそれに負けることがなく
だーすーちょっと可愛くなったんじゃないの?
と言われたら、そうですか?だって大久保さんが目の前にいるんですもん。
とか、私、ハンドバックなんていらない。大久保さんの愛が欲しいの。

など、人の心に響くような言葉、しぐさ、目線、
本当に才能あると思いました。


そういうだーすーを知っていくうちに
どんどん好きになりました。


女は容姿ではなく愛嬌、中身だ
と言わんばかりの素晴らしさでした。

本当にそこらの可愛い子よりも
だーすーのほうが魅力を感じました。

ブスから神7

だーすーの「コンプレックス力」という本が
出版されています。

ここまできたら
だーすーのことが気になりすぎて買いました。

なぜ逆境から這い上がれたのか
ブスから神7

1時間半くらいで読み終わりました。
面白くて、次々にページをめくってよんでいました。


そこにはSKEの中での苦悩
自分の人生の苦悩など
ことこまかに乗っていて、

ああ、あの時だーすーに対して自分が思っていた時期には
だーすーはこんなことを思いながら
アイドル活動をしていたんだとか
どうしていつも笑顔でいるのかとか
いろんなことが書いてあるんですよね。

それを読んでさらに好きになりました。


今ではブスなんて思いません
最近、どんどんだーすー自身も可愛くなってきていますし
総選挙でも、上位争いに入る1人だと思います。


だーすーという人間そのものが
好きになりました。
人気があるのも納得です。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru