• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
孤独と焦燥【画家紀行】陰鬱「モーリス・ド・ヴラマンク」の心に刺さる作品まとめ #フォーヴィスム #パリ

孤独と焦燥【画家紀行】陰鬱「モーリス・ド・ヴラマンク」の心に刺さる作品まとめ #フォーヴィスム #パリ

Posted date:
孤独と焦燥【画家紀行】陰鬱「モーリス・ド・ヴラマンク」の心に刺さる作品まとめ #フォーヴィスム #パリ
フォービスム」の確立に一役買ったパリ画家ヴラマンク」。その絵は陰鬱な風景と色彩で覆われているのが最大の特徴であり、同時に魅力でもあります。
その暗い影として表現されている、孤独感焦燥感がまざまざと心に突き刺さってきます。
今回はそんな彼の名作を厳選してご紹介しましょう。

モーリス・ド・ヴラマンク

モーリス・ド・ヴラマンクは、フォーヴィスムに分類される19世紀末~20世紀のフランスの画家、文筆家。 

ウィキペディア

生年月日: 1876年4月4日
生まれ: フランス パリ
死亡: 1958年10月11日, フランス リュイユ=ラ=ガドゥリエール

自由、そして本能のまま生きた

 ヴラマンクは、とにかく自由人で他人に指図されたり規則に従ったりすることを極端に嫌ったようです。当然のことながら、絵も正規の教育を受けること無く、また、師匠につくこともありませんでした。

 17歳になると、家を飛び出し、シャトゥーに住んで自活をはじめます。自転車レースやボートレースなどに出て小金を稼いでいました。このころから独学で絵も描き始めています。

 ヴラマンクは、ゴッホとセザンヌの影響を強く受け、その後、荒々しい波を思わせるようなタッチで重厚に画面を塗る独自のスタイルへと変化していきます。ヴラマンクは、キュビズムのような理論派を毛嫌いし、本能の赴くまま、自分の感性に従って描くことを目指しました。マティスやドランに比べるともっともフォーヴと言える画家でしょう。

出典:本能の画家。モーリス・ド・ヴラマンク ー20世紀初頭の美...

	

心に刺さる作品まとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」