• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
人に借りを作らない生き方を。今を本気で生きて。絶対に助け合わずに生きることはできないけど、基本的には自立しよう。

サムネイル出典:

人に借りを作らない生き方を。今を本気で生きて。絶対に助け合わずに生きることはできないけど、基本的には自立しよう。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
人に借りを作らない生き方を。今を本気で生きて。絶対に助け合わずに生きることはできないけど、基本的には自立しよう。

誰から助けてもらったりしたら「借り」が出来てしまう

これが対等な友達関係で、
助けてくれた人もその人のために
本当に自分がしてあげたいと思い助けたら、
相手に助けてやったとか恩着せがましいことにはならず
相手からありがとうと言われるだけでうれしかったり
感謝されなくても、自分が満足できたりするのが
助けるということに愛を感じますよね。

でも、
人は、誰から助けてもらったら
自分もお返しをしなきゃという心理に陥ります。

なので、借りを作ってしまったら
次に自分も何か相手にしてあげなければならない、とか
あの時こうしてあげたんだからと言われたら
断りづらくなってしまう。

そこから対等だったはずの関係も
助けてあげた、助けてもらったと
上下関係になってしまうこともあります。

何度も言いますが、本当の友人であったり
本物の人間関係であったら
そのようなことで上下関係にはならないはずです。


そう、自分も陥らないように
助けてもらう時にも助ける時にも
しっかりと、境界線は作っておくべきです。


誰かのおかげで自分はこれが出来た。よりも
自分の力でできる限りのことをしていくことの方が
遥に成長できるし、自分のためになる。


借りといっても、大きかったり小さかったりします。
普段で消しゴムを貸してもらったとか
そういう小さなことは互いにすることでも良いでしょう。

でも、大きなことほど
借りを作らないようにするべきです。

出来る限りは本気でできるところまで自分でやる
それでもだめだったら、人に頼る
と、簡単に人に頼るのではなく
自分でできる限りのことをしてからのほうが良いです。

これ自分でなんかしたら嫌な思いしそうだしな~
わざわざ傷つくたくないしな面倒くさいなとか、
目の前の出来事から逃げるために
楽して人に頼るようなやり方は特に良くないです。


そもそも人って1人でも割といろんなことが出来るんですよ。
生活をすることも、働くことも、身の回りの管理をすることも。


そうして自分で生きるということを意識していくことで
自立心もつき、実際に生活から何まで
自立していけるようになります。

そうして自立心がつけばつくほど
人から手を貸されることよりも
それは自分でできるからやる
自分でやりたいと
自分で何かを成し遂げていくことへの満足感を得られるのです。
むしろ人からされるのがいやだなって思うくらいになるかもしれません。


なぜここまで言うかといったら
あなたのことを助ける人が必ずしも
あなたの幸せを願って助けている人ではなく、
助けてあげたんだから~と傲慢になったり
助けてあげたことをいいことに
あの時わたしはあの人にこうしてあげたんだ、とか
他の人に話すことだってありますよね。

そうなった時に
そういう人ってその出来事から
いくら過ぎてても恩着せがましく言うやつもいるのです。


対等な関係でない限り
むやみやたらに人に頼ると
その時はいいかもしれませんが
その後がどうなるかはわからないということも考えてほしいです。


でも、ため込んで自分がもう追い詰められている
もうこれ以上は自分では頑張れない
そういう本当にピンチの時は素直に頼ることも大切です。

あくまでも、人に頼るのは
自分が本気で問題に取り組み、解決できる努力をした上で
どうにもならないときのみと考えるほうがよいかもしれません。

人は1人で生きていけるわけではないです
病気になれば病院にいくし
誰かに助けてもらうことだって必ずあります。

人間が病気になっても事故にあっても
自然に任せて生きるも死ぬも決まるという世界だったら
こんなに今は人口がいないですよ

自分で病気は直せない
知識も技術もあるお医者さんがいてくれる。
世の中の平和のために
悪い人を取り締まる警察などがいるからこそ
市民が安心してこの世の中を生きていけるのです。

病気や犯罪に巻き込まれたりしたときには
本当にどうしようもないから頼りますよね

普段のこの靴下あそこにしまっておいて
あれとってきて
面倒くさいから迎えにきて
お金があるくせに人に買わせる人など

自分でできるはずのことをしないのは
ただ「楽」をしているだけです。

現実と向き合い解決していこうとする
「努力」をしない人はすぐに人に頼ります

そういった楽をするために人に頼ることで
どれだけ人と人の間の関係が崩れることか。

それに
自分で一生懸命努力していて解決しようとしてるのって
周りの人からみてもわかるんですよ。本気だからこそ。
そういう時って、自然と損得関係なしに
手を差し伸べてくれる人もいます。
自分が求めていないときこそ、
本気で頑張っているあなたに
本気で助けてくれる人がきっと現れることでしょう。
そういう生き方を見ている人は
必ずどこかにいます。


今を、本気で生きてみませんか。


自分の足で立って生きるって
凄く、すごく、幸せなことなんですよ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

writer✏︎美容系/女性アイドル/エピソード. アイドル評論家に興味有り。 好きなことをして生きるには。