• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
人に依存されたら逃げるべき。共依存ほど恐ろしいものはない。

サムネイル出典:

人に依存されたら逃げるべき。共依存ほど恐ろしいものはない。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
人に依存されたら逃げるべき。共依存ほど恐ろしいものはない。

人間関係で共依存になるのはとても恐ろしいことです

誰かに依存されて困っていませんか?

もちろん友達同士や恋人同士
お互い一緒に助け合ったりして生きていくこともあると思います。

でもそれが依存関係となったらかなり危険です。


この依存する側の人って本当に危険人物だと思うのです


あなたがいなければ生きていけないとか、
自分の要求ばかり通そうとしてきたり
本当に結局自分のことが大好きなだけな人やんって
思うようなことありませんでしたか?


そして、依存体質の人に好かれるのは
自分のことを否定しないなんでもいうことを聞いてくれる優しい人。

が狙われるのは言うまでもありませんが。


相手に求められるほど答えたいし
自分のことを信用してくれるのももちろん悪い気もしないですしね。


受け身であったり
相手に思われるのが好きで依存されていた人に
こたえたいと反対に依存してしまい、
共依存から抜け出せなくなってしまうことがあるかと思います。

私の共依存の体験を少しお話したいと思います。



その子は、とても性格が良く優しくいい子だな~
いつも笑顔だし。と思っている友達がいました。

私は、人のことを言いふらしたりとかもせず
誰かのことを否定することもしませんでした
それを見抜いた子は、

私に心を開くようになり
ブラックな面も出してくるようになりました。
その前までの天使のような姿とは別人でした。

口も悪い、腹の中ではそんなこと思っているのかと
びっくりするようなことです。

でもこんなふうに本当に自分の気持ちを話せるのは
あなただけだと言われてそれもそれで
嬉しかったのですが、
これが悲劇の始まりでした。

それからは、何に関しても支えていました
その子が落ち込んでいたら会いに行ったり
夜も電話をたくさんしたり
その子が泣いていたら自分も悲しくなり泣いてしまったり。

そうやって親身に支えていくうちに
依存している側は私がそうしていることを当たり前だと思っていくようになりました。

体調が悪く会えないと言ったら
どうせ彼氏でしょ
彼氏が大事なんでしょ私よりも
結局そっちを優先するんだもんね

など、むしろその友達を優先していたのに
1つ何か気に食わなければそんなことを言うようになりました。

一緒にいても態度がどんどん大きくなる
でも他の人もいるときは
あの時の天使のような子。
その本性とのギャップにいつからか
最初は自分を信用してくれているからと思っていましたが
嫌悪感すら沸いてくるようになりました。

でもこの子には私がいないと
大変なことになってしまうかもしれないと
共依存真っ只中でした。

その子は自分が信用した人には依存して
その人がいなくなったら大変なことになってしまう。
そして、信用した人の前では
性格悪くいてもいいしみんなの前ではいい顔をする
と言ってきました

自分でそのこと自体がわかっているんですよね

その子は、依存体質で
結局相手を信用しているとか言っていても
自分の思い通りにしたいだけで
相手のことなんて全く考えてないとわかり
二年間耐えたあげく、距離を置き、
ついには離れることができました。

そうしたらまた新しい優しそうな人を見つけて
次の人に依存しています。


その子と私が深くなるようになったのは
その子が彼氏と別れてからでした。
依存していた人がいなくなったからです。

その人は、彼氏に振られたあとも
未練がずっとあり、何度も戻ってほしいと言っていました。
応援もしていたのですが、最後に彼に言われた言葉が
「おまえは、何かしても当たり前だと思っている」
だったそうですが、
私もその理由にはしっくりきました。

ただよりを戻したいと、
結局相手のことじゃなくて自分のことだけで
相手に当たり前だと思っている、と言われても
そんなこと思っていない!
思っていないから私はあのときこうしたじゃん!
など、逆切れをするくらいです。

単純に人から何かしてもあらっても
相手に感謝の気持ちももたず
感謝の行動もなにもせず
そういうところに愛想がつきてるのに
それに気づかずに
ひたすら戻りたい、戻りたい
ただそれだけ。

結局、自分のことしか考えてなかったんです。

きっと彼が聞き買ったのはそんな言葉じゃなかったはずです。

そこで
そうだったんだ。そう思ってたんだね。ごめんなさい。
感謝を全くしていないわけではなかったけど
自分の行動はそうだったかもしれない。
何かをしてくれるのは当たり前じゃないよね

と、素直に言えていたら
行動を改めていたら
きっと未来は違ったかもしれません。


こういう依存体質の人は
同じような依存できそうな人を見つけては繰り返すということがわかりました。

自分の心も乱され、振り回され
疲れ切った私はそれから、
依存体質の人と関わるのをやめました。




あなたの時間も心も食い尽くしてくる
依存体質の人といて
自分は何か成長できるんですか?

たった1度の人生です。

そもそも、自分に甘く人に依存し
なんでもかんでも人任せな人の面倒を見るのって
まだ生まれてなにもできない赤ちゃんじゃないのですから。

赤ちゃんは親に依存しなければ生きていけません。
まだ自分で生きていくことができないからです。

でも成長していくうちに、
あれだけ頼っていた母親からも離れていき、
自我が発達し、自分で自立していこうとするのです。

なのに、大きくなって成長もしないで
ひたすら人に依存するひとの面倒を見ていくなんて
それも本当に愛なのでしょうか。

あなたは心療内科医でもカウンセラーでもありません。

その人の心の闇を支えてあげるよりも
乗り越えて自分で生きていけるようにしてあげることのほうが
よっぽど愛のように思えます。


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない