• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
飼っていた猫のエピソード。猫って面白いし可愛い。

サムネイル出典:

飼っていた猫のエピソード。猫って面白いし可愛い。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
飼っていた猫のエピソード。猫って面白いし可愛い。

我が家のねこちゃん癖が強めだった。

人間の食べ物が大好きで
夜ごはんの時間になると食卓テーブルの近くにきて
お父さんに魚をくれ!と、にゃーにゃー鳴く。
もらえなかったら無理やり前足で取って食べようとするw
お父さんがくれるものならなんでも大丈夫だと
おもいこんでいて、
野菜をあげても普通に食べていましたね。

しかし私の兄弟が
それは猫の体に悪いからやめるんだ!
魚の塩分が猫にとってどれだけの負担かわからないのか!
と毎回のように父にお説教。


車が大好きなねこちゃんは
一緒にホームセンターにも行きました。
うちのタマに似てる!と店員さんに言われました。
ねこちゃんと一緒にお出かけとかいいですね~と
お店にいた人たちからも注目されてしまった。

外でリードをつけておさんぽもした。

そのねこちゃんが夏に
玄関をあけて換気をしている時に
脱走してしまったことがありました。

そしてしばらくそこらへん散歩してるんじゃない?
となったのですが、
父と母が買い物に行くため車の運転をしていたら
なんだかにゃーにゃーうるさくてなんだ?
と思っていたら
車の上にねこちゃんが張り付いていたようですw

母はなぜか通りすがる車の中の人に
見られるので、なんだろう?と思っていたらしいです笑

車の上でお昼寝をしてたようですね


そして綺麗好きな猫ちゃんは
トイレが汚れていたらすごく怒ります。

がしがしトイレの周りをひっかいて
綺麗にしろ~とアピールします。

トイレに入る前の
砂利落としみたいな場所を
ひっくり返して反抗したり、

砂が汚くてトイレをしたくないとか
トイレをする前の砂利落としの上に
うんこをしていくこともありました。

そして砂を交換して、
綺麗になったよ~というと、
新しい砂の上で
必ずごろにゃんします。
幸せそうに。

そして具合が悪い時は
ぴったり父にくっつき、
具合悪いアピールをして病院に連れて行ってもらっていました。
具合が悪くても面倒を全然みない私には寄り付かずに、
誰に頼ればいいのかわかっているようなのです。

食事の時も、
私も食意地が悪いので
ぜったいになにもあげません。
兄弟のように、体に悪いからとかではなく
私の食べ物を誰かにあげれるほどの
心がわたしにはありません!
なので、わたしには絶対におねだりしませんでしたね~…

誰がくれるのかをわかっているのです。( ゚Д゚)ハァ


テレビでフィギュアスケートを見ていたら
すべっている人のことを猫パンチして
全然テレビが見れませんでした。

どんなに寝てても
父が自分用にサバの缶詰を頻繁に食べるのですが
あける音で起きて、もらいにいきます。
すごく耳が鋭いんです。

可愛いからたくさんエサをあげたら
肥満になってしまいました。

アイムスをあげたら
毛がとってもつやつやになりました♪

本当に猫ってかわいい。愛しい。

癒しをたくさんありがとう。

長生きしておくれ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない