• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
SASUKEオールスターズってどんな感じだったの?SASUKEの歴史を初期から作ってきた人たち。

サムネイル出典:

殿堂

SASUKEオールスターズってどんな感じだったの?SASUKEの歴史を初期から作ってきた人たち。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
SASUKEオールスターズってどんな感じだったの?SASUKEの歴史を初期から作ってきた人たち。

オールスターズも最近は歳だったり引退ですが…

今では新世代のメンバーがどんどん勢いをましてきて
世代交代もささやかされています、
そもそも最初のオールスターズとはどんなもんなんだ?

ということで、メンバーの紹介です。

難波のブラックタイガー、山田勝己

SASUKEといえば、山田さんです。

今まで番組が作られてから
たくさんの歴史を作ってきた無冠の帝王。

3rdには四回出場していて
FINALも、1度経験しています。
完全制覇を成し遂げたことはありませんが
SASUKEがここまできたのは、
山田勝己という人物がいたからといっても
過言ではありません。

若いころは安定感があり、
1stクリアは当たり前だったのですが
どんどんそりたつ壁を越えられなくなり、
2ndに進むことも出来なくなってしまいました。

しかし、
山田は「職業SASUKE」という肩書の時代もあり
仕事もやめ、SASUKEに専念したこともあるくらいです。

僕にはSASUKEしかないんですよ。

と、泣いて語っていた山田さんのシーンは
今でも記憶に残っている方も多いことと思います。

実力もあり、SASUKEへの愛が深く
その姿に心を動かされ
SASUKEを始めた人がいます。


引退後の今は、
「黒虎」というチームを作り
弟子たちのトレーニングをしています。

そして2nd進出を果たし、
前回大会では、3rd進出も果たしています。

ゲームセンターのセガは、
1stクリアは常連になりつつあり、
2ndもクリアはもう目前です。

海苔機械メンテナンスの小畑さんは
3rd進出を果たしていて、
実力も高いのでこれからにかなり期待がかかっています。

山田さんの果たせなかった完全制覇を
黒虎軍団が叶えることができるのか見どころです。

ガソリンスタンドで覚えている人も多い、山本進悟

SASUKE皆勤賞の山本。

初期のころは
ガソリンスタンドのアルバイトだったのですが
どんどん昇進していくので
SASUKEに出るたび肩書が変わっていくのも
見どころでした。
気づいたらガソリンスタンドの課長に。
今ではトレーニングジムの経営です。


2nd進出は16回。
3rd進出、11回。
FINAL、2回。

山本さんの3rdを見るのはとても面白かったです。
スピードがあり、安定感も高かったです。

今でも、SASUKEにずっと参加していますが
SASUKEの目の前のことにとても楽しんでやっているように見えます。


FINALの時には、
脱臼癖があり、脱臼してしまい
しっかりと挑戦をすることが出来ずに
終わってしまうこともありました。


オールスターズといえば、
山本さんと竹田さんをペアで覚えている方も多いかもしれないですね。

毛ガニの秋山和彦

毛ガニの秋山と呼ばれていました。

秋山はSASUKEの完全制覇の1人目です。
弱視というハンデがありながらもSASUKEに参加をしていました。
しかしそれを言い訳にすることは絶対にありませんでした。

1人目の完全制覇者として今でも名が残っています。

ですが、引退をするのも早く
今では蓬和治療院院長です。

消防士、竹田敏浩

現在ではスポーツトレーナーですが、
当時は消防士の竹田として覚えられていました。

山本と同様、3rdへの進出率も高く
常連のようなものでした。

消防士ということもあり、
3rdをクリアさえすれば、
FINALではクリアが出来ると期待されていました。
しかしFINAL経験はありません。

竹田さんの3rdもとても面白かったですね。

今でも山本さんとSASUKEに出場しているので、
これからがとっても楽しみです。
前回では2ndに進出しているので
まだまだできるように思えます。

長野誠、金比羅丸船長

漁師の長野として覚えられている、
史上二人目の完全制覇者。

なんとFINALに5回も出場しています。

山田に憧れてSASUKEを始めました。

オールスターズの中でも
特に注目されていたメンバーです。

当時、完全制覇をしたときは
とても感動したのを覚えています。
凄くやり切っていましたね。

今では、解説の方と一緒に
SASUKEの番組に出ていたり、
長野の後継者として
同じ漁師の高須が出場しています。

1回目に出場の時に相談をされ、
長野の適格なアドバイスにより練習をし
本番でもついてきてもらっていて
1stをクリアしました。

長野のアドバイスはとても適格にわかりやすく、
これまで長い間の経験がとてもいかされています。

高須は出場から2回連続、1stをクリアしています。


長野誠は、歳をとるにつれて
1stのクリアができなくなり、
1stクリアを出来なかったら引退を決意して
挑んだ大会ではもうクリア直前で
あと2秒くらいあればクリア出来たところまでいきました。

しかし、引退を決意して挑んだので
潔く、誇り高く引退しました。

長野さんの最後の試合になるかもしれないと、
山本や竹田は同じオールスターズとしてやってきて
一緒に追いかけながら涙していました。

とても絆が深いです。


白鳥文平

一度FINAL経験あり、
実力がとても高いことから期待されていました。

そのことから
14回大会で、オールスターズの仲間に加わりました。



3rdにも5回進出しています。

しかし、毛ガニの秋山同様
引退も早かったのが残念です。


当時は

山田、Mr.SASUKE
長野、漁師
竹田、消防士
山本、ガソリンスタンド
秋山、毛ガニ
白鳥、市役所


というふうに覚えられていて、
とてもユニークでしたね。

オールスターズのみなさんは貫禄がありました。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru