• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
生きるとは?女王の教室での名言。生きるってなんなのか悩んでいる時に。

サムネイル出典:

生きるとは?女王の教室での名言。生きるってなんなのか悩んでいる時に。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
Update date:2018年04月08日
生きるとは?女王の教室での名言。生きるってなんなのか悩んでいる時に。

生きるって何、

私達の周りには、
美しいものがいっぱい溢れているの。

夜空には無数の星が輝いているし、
すぐ傍には小さな蝶が懸命に飛んでいるかもしれない。

街に出れば、初めて耳にするような音楽が流れていたり、
素敵な人に出会えるかもしれない。

普段何気なく見ている景色の中にも、
時の移り変わりで、はっと驚くようなことがいっぱいあるんです。

そういう大切なものを、
しっかり目を開いて見なさい。
耳を澄まして聞きなさい。
全身で、感じなさい。

それが生きているということです。

今では

なんでもネットで見ることができます
美しい星の映像も。
蝶も
音楽も
景色も

これを、本来の世界で堪能するからこそ
人間らしく居られる。
そう伝えたかったことでしょう。



毎日朝に仕事にいって
夜に帰ってくるときでも、
朝は澄んだ空気、
マイナスイオンたっぷりの
気持ちのよい空気を味わうことができるし、

夜には、空を見上げれば
綺麗な星があるかもしれない。

でも絶対に触れることはできなくて
すごく遠くの場所にあるのに
自分たちは見ることができるんです。

それをみて
美しいなって思う心が、美しいんです。

外にいる時に
蝶など、虫やいろんな生き物がいる。
人間以外のいろんな生き物が
この地球というところで共存している。
命が、すぐそばにたくさんある.


町に出た時には
色々なお店もある
お店の中では音楽も流れていて
音楽を作っている人達の素敵な曲を
歩いているだけで耳にいれることができる。

その曲をきいて、
好きだと思ったり
ここにいたなと思い出したり
あの曲なんていうんだろう?
誰が歌っている曲なんだろう。
心に、残るもの。


家に引きこもっているだけでは
なにも出会うものなどない。
人と出会わない限り、
素敵な人にも出会えない
人は人と関わることによって
学ぶことも成長することもたくさんある
だからこそ、人と生きていく必要があるんです。

毎日、同じような道を通ってどこかに行っていても、
春には桜が咲いている道だったり
夏には、緑の葉がついた綺麗な木がたくさんあり
秋には紅葉で美しい葉っぱ。
冬には、葉がついていない木。
雪は白く、結晶は美しい

毎日過ごしているなにげない毎日にも、
小鳥が鳴いて飛んでいたり
自然は、いつも変化している。

人間らしく生きるというのは
ネットでなにもかも知ることじゃない
実際に見て、感じて、心で思うもの

そう伝えたいのではないでしょうか。


歩いて、生きていることに幸福を感じること。

人、自然、時間
全てを愛すること

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

writer✏︎美容系/女性アイドル/エピソード. アイドル評論家に興味有り。 好きなことをして生きるには。