• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ウォーキングについて

ウォーキングについて

Author:
heiheibakaheiheibaka
Posted date:
ウォーキングについて

ウォーキングはダイエットにおすすめの運動

体を動かすことが気が進まない人は、ダイエットのために運動をしろと言われても、その気にはなれません。運動は気が進まないという人は、ウォーキングをしてみてはどうでしょう。

ウォーキングは、年齢や性別を問わず軽い気持ちでできる有酸素運動です。

ウォーキングは、そのための設備や用具がなくてもできますので、運動をしたくない人でも簡単にできます。

ウォーキングは、足や腰をしっかりと動かすダイエット運動なので下半身痩せに効果があります。歩行によって血流がよくなりますので、冷え対策や、体を温める効果もあります。

ウォーキングを続けることで、代謝が高まり、心肺の働きがよくなることから、ダイエットしやすい体質になります。

健康にいいダイエットができますし、精神的なストレスの発散効果も期待できます。

体重を減少させる以上の魅力があることが、ウォーキングによるダイエットの魅力的なところです。戸外でウォーキングはするため、気温が極端な日や、天候がよくない日には不向きです。

天候が悪い日は、無理せずに自宅での踏み台昇降や、ストレッチなどの運動を行えば良いでしょう。

ウォーキングでダイエット効果を得るためには、20分~30分は運動を継続することが大事です。背筋を伸ばし、歩幅を多めにとって、てきぱきと歩くようにしてください。

歩く速さは軽く息が弾むくらい、毎日同じ時間に続けることも効果を発揮します。ウォーキングを利用するダイエットは、運動が苦手だという人でも、気楽に始めることができる優れた方法です。

なぜダイエットに運動が必要なのか

運動とダイエットは密接な関わりがあります。

運動というと、まず食事を見直そうとする人もいます。

しかし、適度な運動は、ダイエットとは切っても切れない関係にあります。運動は、ダイエットにどのように影響するのでしょう。

燃やすカロリーと、食事などで得るカロリーのつり合いが、ダイエット効果につながります。

そして、消費カロリーを増やすためには、運動をしなければなりません。

食事などでカロリーを摂取しても、運動をして全て燃やし尽くしてしまえが、体脂肪として蓄積されたりはしません。

無酸素運動では糖質を、無酸素運動では脂質を使うという違いがあります。

新陳代謝の高い体質になるには、運動で筋肉をつけ、心肺の機能を向上させることです。じっとしていてもカロリーを消費する体質になるためには、基礎代謝を高めていくことが最善の道です。

せっかく運動をしても、むくみ体質や、冷え性、骨格に歪みがあるとダイエットは滞りがちです。

ダイエット効果の得やすい体質になるためには、ストレッチやエクササイズで体を矯正していくことです。

運動して筋肉が適度についてくると女性らしいメリハリがつき、美しいボディラインになります。運動に苦手意識があり、体を動かしたくないという人もいます。

けれども、普段の生活に運動を組み込むことによって、ダイエットはよりスムーズに進みます。運動をしながらダイエットをすることで、体の負担の少ない体重の減らし方ができます。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
heiheibaka

タイムリーなNEWSをまとめていきたいです!よろしくお願いいたします!