• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【動物虐待】衝撃の事件簿「実例」から見る動物愛護後進国・日本の姿。 #ペット #社会問題

サムネイル出典:

【動物虐待】衝撃の事件簿「実例」から見る動物愛護後進国・日本の姿。 #ペット #社会問題

Posted date:
【動物虐待】衝撃の事件簿「実例」から見る動物愛護後進国・日本の姿。 #ペット #社会問題
近年のペットブームにおいて、飼い主の知識不足や、いい加減な飼育を原因としたペットの虐待遺棄社会現象として問題になっています。虐待や遺棄というと、日頃、あまり馴染みのない遠い国の言葉に感じられますが、日本では毎日、想像を絶するほどのおびただしい数のペットたちが捨てられ、処分され続けています。

わが国は海外から動物愛護において後進国だと後ろ指さえ指されている現状があることを、一般には意外にもあまり知られていません。動物愛護センター動物保護管理センターという名称の行政による殺処分施設で、もうしわけ程度の数日間の抑留期間を経て、不要とされた動物たちは新しい飼い主探しをしてもらうでもなく、ガス室で絶望のうちにもがき苦しんで殺されているという事実。

誕生日やクリスマスのプレゼントとして気軽に飼われ、飽きてしまったら年末の大掃除とともに、粗大ゴミとしていとも簡単に捨てられるペットがどれほど多いことでしょうか。その数は年間でざっと70万匹。他国と比較しても異常な数です。しかしこれは保健所で処分される犬猫に限った数だけですので、ほんの氷山の一角に過ぎず、実際にはこの何倍ものペットたちが、人間の勝手な都合で殺され続けています。

これはらは個人や行政だけの問題ではありません。近年の不況、そしてデフレスパイラルによる安売り合戦に命ある動物たちまでもがまきこまれ、コスト削減を優先視するあまり、でたらめな営利目的の素人繁殖が巷で横行し、その裏側では、売れそうもない小犬や仔猫は、ガスコンロに顔を近づけて殺されたり、ポリ袋に詰めて川に流されたり、生き埋めにされています。

繁殖用の犬は、ひたすら小犬を産むマシーンとして酷使され続け、産めなくなったとたん、用済みのボロ雑巾のように捨てられてゆきます。また、小動物ブームに味をしめたペット業界は、消費者が普通の小動物では飽き足らなくなってきていると口をそろえて言い、フェレット、プレーリードッグに続く新しい「目玉商品」の発掘にやっきになり、珍しい動物を目の色を変えて探しています。

そんな日本人に札束を積まれ、アジアの各国では、日本に輸出するための野性動物の密猟が跡を絶たないといいます。心ないペットショップでは、病気にかかった動物や売れ残ってしまった動物を繁殖目的や実験目的の業者に安く払い下げ、時には動物園の生餌として、また時にはショップの裏側でケージに布をかけ、餓死させるところもあります。

安楽死のための注射一本すらもったいないというコスト削減の発想のもとに。これらの虐待はショップやブリーダーにとどまらず、不況しらずの業界として各界から高い注目を集めるペット産業は、その甘い汁をすすろうと様々な業種が参入しはじめ、今や無法地帯と化しています。ゲームセンターの中に、動物を自由に触れるコーナーを併設し、深夜まで騒音の中、動物たちを客にいじりまわさせて金儲けの道具として利用したり、ハムスターやカメといった生き物をクレーンゲームの景品にして客寄せをしているところもあります。

また、動物愛護は金になるとして、ポスティングのチラシで講師を募集するようなでたらめなペット専門学校が各地で乱立し反政府組織の隠れみの、そして資金源調達の有効手段として寄付を募るエセ動物愛護団体も実際に存在します。これらはペットだけでなく、動物を愛する人の良心までもを踏みにじる、許しがたい存在です。

ペットフードメーカーでは、とにかく安くしないと売れないということで、毒性のある保存料をなんのためらいもなく使用したり、動物病院や保健所で死んだ動物の死体までもをミンチにして餌に混ぜます、また、売れ残った賞味期限切れのフードを安くホームセンターに払い下げ、パッケージを変えてホームセンターオリジナルブランドの特価商品として平然と販売されていることもざらです。

 わたしたちとペットを取り巻く環境は、刻一刻と変化しています。貴重なドル箱として注目され、多いに盛り上がっているペット産業ですが、そのあおりを受けて、動物飼育は流行りもののようにマスコミに面白おかしく取り上げられ、その陰ではモノ言えぬ動物たちが、大量生産、大量消費され、ゴミ屑同然に葬りさられているという事実があります。

 今回は、一般にはあまり知られていない、身近なペットたちの置かれている悲惨な現状を、ごく一部の実例ですが、取り上げました。

動物を愛する読者の皆さんに、ペットを取り巻く実情を少しでも多く知っていただき、目を覆うばかりのペット事情の裏側を一日でも早く改善していこうということが目的です。

消費者である飼い主自身がその実態をしることにより、商品を選ぶ目を養えば、こういった悪徳業者を減らすことにもつながります。

かわいそう、という言葉で終わらせてしまうのではなく、その先を読者のみなさんが考え、わたしたちに出来ることはいったい何なのかを考える指針、そしてその契機になれば幸いです。

虐待と遺棄「事件簿」実例 ~これは氷山の一角です。

①灼熱の炎天下に鉄の檻に放置される犬

2001年夏。40度をも超える真夏日が続きました。大型のドーベルマンの雑種は、日陰が全くない、炎天下放置されていたそうです。焼けるような黒い鉄格子の中で。残飯のような餌を与えられていましたが、餌は瞬く間に腐敗し、水も見る見る間に蒸発し、手のつけられない状態になっていました。見るに見かねた近所の住人が、たびたび飼い主に注意しましたが、水も餌も一日に一回は必ず与えている、ウチのことに干渉しないでくれ、と全く効果はなく、改善の余地はみられなかったといいます。犬は、焼けどするほどに熱くなった鉄に横になることもできず、いつも鉄格子の中でじっと苦しげに立ったまま。8月に入り、まもなく熱射病と火傷で死んでしまいました。

②小犬好きファミリーに貰われては捨てられる犬

埼玉県H市。小犬がなにより好きだという一見、どこにでもいそうな犬好きファミリー。地域情報誌や市の広報誌などの「小犬差し上げます」コーナーのチェックはかかしません。そして、可愛いさかりの生後2ヶ月から4ヶ月くらいの小犬を貰いうけ、家族みんなで可愛がるといいます。そこまでは普通の愛犬家となんらかわりありません。その一家が他の愛犬家と決定的に違うのは、育てるのは6ヶ月くらいまで。それまで散歩やら旅行やらに連れ出し、さんざんかわいがったあとは、飼いきれなくなった、と、不用犬として保健所に引き取らせます。
あまりの毎回のことに、動物愛護団体や、近所の人々が何度注意しても、いっこうに悪びれる様子はないといいます。生後半年の命と割り切っているので、狂犬病などのワクチン接種は一度も受けさせたことはありません。ぬいぐるみ感覚でかわいい時期だけ一緒にいたい、その先の成犬には全く興味がないと言いきり、その家に小犬が絶えることは、あいかわらずありません。

③皮を剥がれ、手足をナイフで切り刻まれた子猫

埼玉県T市のお寺の墓地に捨てられた子猫の兄弟たち。そこへふらりと十代くらいの青年がこの仔猫を譲って欲しい、と申し出て、連れて帰ったそうです。その後、猫を自宅の自室に閉じ込め、ナイフや包丁、ライターなどで死なない程度に猫に虐待を続けていました。
たまたま訪れた保険外交員の女性が目撃したのは、身体中、ナイフの切り傷だらけで胴体の皮を剥がれ、失明した痛々しい子猫の姿。こんなことはしてはいけない、お寺に猫を帰しに行き謝りなさい、と諭し、再び猫を連れ墓地に帰ってきたところを某団体で保護。
仔猫はすっかり人間不信に陥り、死ぬまで人になつくことはなかったといいます。

④煮えた油をかけられた犬

埼玉県。頭部から顔にかけて、ひどい火傷を負った犬が保護されました。獣医にかかり、手当てをうけ、一命を取りとめ、飼い主を探したところ無事、飼い主が判明。引き取りに来るとの知らせにボランティアたちが喜んだのもつかの間、犬が火傷を負っている話を聞くやいなや、金がかかるのは困るから、と引き取りを拒否したといいます。

⑤駐車場に住みかを奪われたレトリバー

神奈川県。家を改築し、犬小屋のあったスペースを駐車場にしてしまった一家。ゴールデンレトリバーは犬小屋を失い、家と家の隙間の数十センチもないような場所に身動きもとれないような状態で押し込められていました。餌は与えていたようですが、愛護団体のボランティアが保護した時の家族の様子は「飼い主は、まるで死ぬのを今か今かと待っているかのようだった」といいます。

⑥河川敷に捨てられ、カラスに殺される子猫たち

茨城県。河原で捨てられた子猫たちを見つけた通行人がどうしたらいいかと、愛護団体に相談の電話が入りました。とにかくすぐに保護をするようにとアドバイスしたところ、電話の主は急いで河原に猫を保護しに下りたそうです。しかしすでに4、5匹はいたはずの仔猫たちは、大量のカラスの群れに教われズタズタに身体を引き裂かれ、屍骸となって発見されました。

⑦事業に失敗した飼い主に捨てられたブルドッグ

兵庫県A市。不況で事業に失敗し、家を出ることになったため、愛護センターに不要犬として連れられてこられたブルドッグ。おっとりとしていて飼いやすく性格も良く、愛嬌もあるいい犬。大型犬を飼うのは餌代を含め費用がかかるし、抵当で差し押さえられた家を追われ、アパートに引越すことになったといいます。一軒家ではないので、飼いきれないと、元土建屋の社長にその犬は連れてこられました。愛護センターでは新しい飼い主を見つからないものかとホームページで公開してみたりもしましたが、なかなか希望者は見つからず、このままでは処分に回さざる得ない状況だといいます。

⑧子どもが生まれるという理由で捨てられる犬猫たち

東京都T市。保健所に連れてくる飼い主のうち、出産を控えた若い夫婦は多いといいます。「おなかの子に病気が移るといけない」、「赤ちゃんが産まれて犬が手を出したりするかもしれない」、「早いうちに出産と育児に専念するように親から言われた」。
ここに連れてこられた動物たちは、たいてい、夫婦が結婚した際、子ども代わりにと購入し、我が子同様に育てあげてきた動物ばかりです。
立ち去ろうとする飼い主である夫婦の後ろ姿を呼びとめようと必死に声をあげてなく犬。振り帰ろうともしない夫婦。生まれてくる子どものこと以外はどうでもよくなってしまうものなのでしょうか。

⑨ためらいもなく捨てられる犬猫

岡山県。たばこ屋のご主人の嘆きです。
小犬を連れた小学生の少女が父親のおつかいでよく店にきました。雑種の白い小犬で少女も可愛がっているように見えましたが、ある日から少女はひとりでおつかいに来るようになったそうです。わんちゃんはどうしたの、と尋ねると、大きくなっちゃったからお父さんがどこかに連れていってしまったの、と屈託なく笑いながら言ったそうです。
また、いつも夫婦で大きな猫を抱きかかえて店にくる常連客がいて、やはりいつの頃からか猫を連れてこなくなり、病気でもしたのかと心配して聞いたところ、動物ばかり可愛がっているから子どもが授からないのだと両親や近所の主婦らに諭されたので、夫婦で山に捨ててきたといいました。ご主人は若者たちが気軽に動物の命を粗末にする風潮に心の底から怒りを覚えるといいます。

⑩包丁で引き裂かれた十数カ所の傷

大阪府。国道沿いのガード下に黒いラブラドールレトリバーの雑種が血だらけでうずくまっていたところを通行人が発見。無数の傷を動物病院にて縫合。当初、交通事故に遭ったものとばかり思われていましたがその傷は包丁でえぐりとられたものと判明。わき腹、首、胸部、手足、ひどいところは肉ばかりか骨まで露出していました。大阪の繁華街でホームレスが飼っていたらしいということが判明しました。
その後、愛護団体に保護されリハビリ生活を送り今は新しい里親と生活を共にしています。しかし人間との信頼関係の回復にはかなりの時間を要したといいます。その犬は今でも飼い主に叱られるとポロポロと大粒の涙をこぼしてパニックに陥るといいます。

⑪猫の置き去り

都内S区。某有名女子大の周辺にある単身用アパートやマンションでは、毎年3月になると飼い猫の置き去りが5頭から10頭近くあり、近隣で慣例化しています。はじめての一人暮しで淋しさも手伝ってか、管理人に内緒で猫を飼いはじめ、卒業でアパートを出るのと同時に4年間、飼ってきた猫を放置する学生が増え、問題となっています。社会人として新生活の門出に猫は不要ということなのでしょうか。教育学部もある大学です。動物を平気で遺棄するような人間が教師になり、子どもたちの前で教鞭を振るうことになるのかと思うと先が思いやられます。

⑫ペットショップでの虐待

福島県。大型ホームセンター内のペットショップに犬猫のほか、フェネックキツネやチンチラ、白いタイワンリス、スナネズミなどエキゾチックアニマルを特価で販売する店が開店しました。開店当初は珍しい動物が特価で販売されていることで話題になりましたが、生体は他店の売れ残りが回されてくるようで、店先に並ぶのはくる病や皮膚病を負った動物ばかり。ショップでは丁寧に世話をしていましたが動物たちの様態は回復することもなく、価格を下げ続けても生体は売れ残り続け、開店から1年あまりで閉店することに。閉店の知らせを聞き、動物のゆくえを案じた客が店に訪れたときには、すでにそれらの動物の姿はなく、店員に聞いてもどこへいったかは自分にはわからない、と、首を振るばかりだったといいます。恐らく提携の動物病院で殺処分されたと思われます。

⑬ブリーダーによる虐待

兵庫県。ミニチュアダックスフント専門のブリーダー。この犬種に多い椎間板ヘルニア、股関節不全が育てている小犬の中に発見されると、安楽死処分の費用も惜しいと自らの手で黒いポリ袋につめ、重りを入れて川に沈めることにしています。彼らはいちいち獣医にかけていては商売にならないと言います。

⑭サファリパークによる虐待

関西地方。動物の狩猟本能を忘れさせないため、という大義名分のもとに、ペットショップから売れ残りの犬や猫、うさぎなどを安く引き取り、猛獣類の中に放ち「狩りごっこ」をさせるところがあります。リアルで生々しいその「狩猟」の様子を見て喜ぶ人も多いことから、お得意先や身内を集めては定期的に鑑賞会と称してトラやライオンに犬猫を襲わせ、内輪で楽しんでいるそうです。

⑮猟師による虐待

山梨県丹沢湖周辺。狩りの時期だけのために猟犬を手に入れ狩猟の手伝いをさせ、シーズンが終わるとそのまま山に犬たちを放置。野犬化した犬たちが観光地に下りてきて問題になりました。そこで猟師たちは狩猟のシーズンが終わったと同時に、こんどは犬たちの足の骨を鉄の棍棒で叩き砕き、歩けないようにして放置。足の骨を砕かれ餓死した猟犬の屍骸が大量に発見され、問題が発覚しました。

⑯流行で飼われ捨てられる動物

公園の駐車場わきに住んでいる一家は、ことあるごとに小動物がケージごと捨てられているのを見てきました。水も与えられずケージごと放置され脱水症状をおこしていたロップイヤーラビット、プラケースに入った大量のジャンガリアンハムスター、やせ衰えたフェレットなど。マスコミではそれら小動物のかわいらしい姿や、飼う際の都合のいい点ばかりを取り上げ、動物を飼うデメリットを取り上げることはほとんどありません。それに便乗したペットショップが説明もせず客に売りつけるため、こういった不法遺棄が年々増えているといいます。

⑰ウサギの虐待

ある雑誌のウサギ特集でのこと。「ロップイヤーラビットの耳が大きくなってもたれない場合、耳に重りをつけて垂らす。片耳だけ垂れないときは、立っている耳を根元から折り、重りをつけて固定しておけば直に美しい垂れ耳になる」と、図解入りで書いてありました。ウサギにとって耳は敏感なところ。耳を痛めると平衡感覚を失ったり、ストレスで全身の毛を毟ってしまうことがあるほど。これらは虐待以外のなにものでもありません。

⑱あわれなフクロウの最期

フクロウを保護したという知らせが東京都の鳥獣保護課に入り、担当者が引き取りに行ったところ、フクロウは実はその家のペットで、飼いきれなくなったから引きとって欲しいという話しだったそう。担当者が連れ帰りしばらくリハビリをしてから森林公園で放したところ、次の日から鳩に混じってフクロウが親子連れからパンをねだるという噂が。数日姿を見せた後、フクロウの姿はパタリと見られなくなったそうです。おそらくカラスかノラ猫に襲われたか、餓死したと思われます。


⑲獣医による虐待

吠える鳴き声が大きく回数も多く、近隣から苦情が出て困っているという犬の飼い主の相談に早速、声帯切除の手術を持ちかける獣医師。声帯を切除することで声が出なくなれば、吠えられず静かになる、そうなると犬もストレスがなくなり、たいへん飼いやすい性質になるなどとでたらめをいい高額の手術費用を要求するといいます。
その病院では今でも頻繁に声帯切除手術が行われています。
(声帯を切除すれば犬は余計に危機感を募らせ、狂暴かつ不安定な状態になります。)



この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」