• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
色々なネット副業を紹介

サムネイル出典:

色々なネット副業を紹介

Author:
jedijedi
Posted date:
色々なネット副業を紹介
私が実際に試したものや試していないけどやってみたいものなどいろいろなネット副業をご紹介したいと思います。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは

 まずざっくりと説明すると、クラウドソーシングとは、お仕事を依頼したい会社(あるいは個人)と、お仕事がしたい個人との契約をWebを通じてマッチングするサービスです。

 Web上で仕事の依頼を受けて、そして仕事をこなせば対価としてクラウドソーシング会社を通じて報酬が支払われるというシステムになっています。

アドセンス

アドセンスを利用してみた上での個人的感想
1.広告の運用ルールが最も厳しい。
2.AdSenseプログラムポリシーを遵守しておけば、収益性が最も高い。
3.ブログのアクセス数が増えると、それに比例して収益が増えていく。
4.入会審査はそれほど厳しくありません。ただ、広告の収益が最低支払金額を超えると、支払いを承認するためにブログに対して違反内容がないかどうかの人為的チェックが入る場合があります。そこで違反が指摘されることが多々あるようです。AdSenseの管理画面に表示される見積もり金額は、あくまでも暫定的なものであり、何か違反があると容赦なく取り消される場合がある。
5.一度アボセンス(広告停止)をくらうと、完全にAdSenseプログラムポリシーに準拠するまで、広告表示が再開されない。その間、収益の支払いも停止される。
6.アボセンス(広告停止)されても広告停止となった原因を全て直せば広告は再開される。しかし、これが一番厄介であり、一番時間がかかる。逆に言うと、全て改善し、再発防止策をとらないと広告がいつまでも再開されない。

それでも、AdSenseが収益性が一番高いので、個人的には、一番お勧めの広告配信サービスです。

アフィリエイト

あなたのサイト(ブログ)に掲載したアフィリエイト広告で収入が!

アフィリエイトとは、あなたのサイト(ブログ)で広告主の商品やサービスを紹介することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みです。

広告収入と聞くと、「個人のわたしでも、できるの?」と思ってしまいますよね?
でも、アフィリエイトなら大丈夫。広告主とあなたの仲介役となるのがアクセストレード。だから、個人のサイト(ブログ)運営者でも、さまざまな企業の商品やサービスを紹介して、広告収入を得ることができるのです。

インスタグラマー

写真共有サービスのインスタグラム利用者のうち、多数のフォロワーがいて大きな影響力をもつ人たちのこと。 

サイト売却

サイト売買(サイトM&A)は、専業のビジネスとして始まったのが最近(2005年頃)のため、その定義などについては発展途上の業界である。しかしながら、昨今、ウェブサイトが事業価値・資産価値として認知されつつある背景もあり、ウェブへのビジネスシフトが進むなど急速に変化する社会環境・経営環境に迅速に対応するための手段でもある。また、報道番組[1]でサイト売買に関する特集が放映されるなどしたマスコミで取り上げられた。

ウェブサイトの価値判断の基準としては、収益性、アクセス数、会員数、(検索サイトでの)検索結果やページランク、アクセスに適したドメイン名(基本的に「早い者勝ち」で登録される)など様々である。このような良質のウェブサイトを最初から立ち上げるコストと時間を考慮した場合、既存のウェブサイトを買収したほうが合理的と考える買い手と、様々な理由により自身のウェブサイトを売却したいというサイトオーナーが存在することで、サイト売買が成立する。

無形の資産であるサイトの売買は、売り手と買い手双方の希望条件の調整、査定、契約など各段階において専門知識やスキルが必要となる。特に、商業サイトの売買では、事業譲渡(営業譲渡)と同様に契約において競業避止・譲渡物の確定などの複雑で高度な法律知識が求められることもあり、売買仲介業者が存在する。

情報販売

情報商材は、それ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものであるが、特に「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。ただし、単に画像や動画・文章といったコンテンツ(娯楽媒体や学術的な知識などの集積物)、あるいは商品券のように使える電子マネーのクーポンコードなどは情報商材の範疇では扱われない。

これらは、いわゆるハウツーやマニュアルのような実利的な情報であるが、こと日本では2000年代以降にインターネット経由で「儲かる」や「成功する」などの方法論・手法をまとめたテキストの類を販売する業者や個人が増加している。1980年代には競馬予想会社の競馬予想やパチンコにおける所謂「必勝法」の類が、雑誌やスポーツ紙などを広告媒体として、「会員に情報を提供する」という形で会員を募集している。

2000年代における情報商材では、株式売買や先物取引などから成功報酬型広告など様々な分野で儲ける方法や、俗なところでは「異性にもてる方法」や脱オタク・裏技の類なども見出せるところである。劣等コンプレックス解消を謳うものもトップ3に挙がる。

情報商材は内容を購入希望者が知ってしまった時点で商品としての価値が損なわれるため、販売側で購入希望者に商品の内容を具体的かつ仔細に説明することが出来ない面もある。そのため見学のできない塾に入るようなものとなっている。

ドロップシッピング

ドロップシッピングとはネットショップで注文が入った時点で、それをメーカーや卸売り業者(以下、ベンダー)から直送させるネットショップの運営方法の一形態である。商品提供業者の卸値に自由に上乗せをして販売し、差額分がネットショップの利益となる。ネットショップは注文を受け次第、注文情報をベンダーに転送することで商品の発送を代行してもらうことができる。在庫を持たずに、商品に触ることなくネットショップを開くことができるほか、ベンダー側も販売業務の一部をネットショップ側に委託することができる。

ドロップシッピングには、DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)と呼ばれる業者が存在し、販売者とベンダーの仲介業務を行う。

ブロガー

1.ブログを書く人、ブログの作者(著者)
2.Blogger(ブロガー) - ブログの執筆・作成を援助するウェブサービス
以上です。どうでしたか?実際稼げたらどうやってやったか私に教えてくださいね。閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
jedi

Sharetuberです。趣味はゲームです。日常のちょっとした雑学を広めています。もしよかったら見ていってください。