• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
いきなり法人化?それとも個人経営?

サムネイル出典:

いきなり法人化?それとも個人経営?

Author:
jedijedi
Posted date:
いきなり法人化?それとも個人経営?
 今まで取得した技術や知識、人脈を活かして起業する。そんなときに思いつくのは、会社の設立だろう。ただ、いきなり会社にするのか、それとも、しばらくは個人経営で様子を見るのかは、考えの分かれるところだ。
 会社設立のメリットといえば、なんといっても信用が得られるという点だろう。自治体などの公的機関や大手企業の中には、法人ではないと取引をしないところもある。また、人員を確保する場合や外部に発注するときでも、法人でないと相手の安心を得られにくい。さらに、資金調達で融資を受けるときも、法人のほうが比較的スムーズだ。
 だが、経費となれば、法人と個人ではかなり差が出る。法人は、たとえ赤字でも法人税を支払う必要がある。記帳や決算を会計事務所に依頼する場合も、個人であれば月々数千円程度だが、法人は数百万に跳ね上がる。さらに、社員を雇えば健康保険と厚生年金の半額を負担し、そのうえ労災保険と雇用保険への加入が義務付けられる。
 信用を重視し、大手との取引を考え、多くの社員を雇う予定なら法人、そうでないのなら、当初は個人でスタートするというのが賢明のようだ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
jedi

Sharetuberです。趣味はゲームです。日常のちょっとした雑学を広めています。もしよかったら見ていってください。