• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
予言じゃない!? 今年起こるかもしれない南海トラフ地震のまとめ

予言じゃない!? 今年起こるかもしれない南海トラフ地震のまとめ

Author:
OyukiOyuki
Posted date:
Update date:2018年04月19日
予言じゃない!? 今年起こるかもしれない南海トラフ地震のまとめ

まず地震発生率は30年以内で起こる可能性70~80%と高い。

	
実際にニュースになっている。
CGめっちゃリアルで怖い。
去年の3月では60~70%だった。

そして4月9日に島根で震度5強の地震あり。

ニュースによると、西日本で地震が起こると南海トラフ地震が数ヶ月から3年以内に起こる事例が多数見つかったとのこと。
以下抜粋。
 9日午前1時32分ごろ、島根県西部で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は同県西部で、震源の深さは12キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。今後1週間程度は、同規模かさらに大きな地震が発生する可能性もあり、注意が必要だ。島根県大田市によると、地震により市内で5人がけがをした。

出典:島根で震度5強の地震 5人けが、自衛隊に災害派遣要請 1...

	
例1
・ 1705年5月24日:阿蘇山付近で地震、阿蘇坊や岡城で破損多く、死者あり。
↓
・ 1707年10月28日:宝永地震(南海トラフ全域が震源域)、M8.4~8.6、死者5,000~20,000人以上。

例2
・ 1854年7月9日:伊賀上野地震(三重県伊賀市北部)、M7前後、死者約1,800人。
↓
・ 1854年12月23日:安政東海地震、M8.4、死者2,000~3,000人。
・ 1854年12月24日:安政南海地震、M8.4、死者1,000〜3,000人。

例3
・ 1943年9月10日:鳥取地震、M7.2、最大震度 6、死者約1,000人。
↓
・ 1944年12月7日:昭和東南海地震、M7.9、最大震度6、死者・行方不明者1,223人。
・ 1946年12月21日:昭和南海地震、M8.0、最大震度5、死者・行方不明者1,443人。

 補足すると、例1の阿蘇山付近の地震は、震源が2016年の熊本地震に近く、また例3の鳥取地震の震源は鳥取市で、今回の島根県西部からそう遠くない。それを考えれば、今後3年ほどの期間に南海トラフ巨大地震(南海・東南海・東海)が発生しても何ら不思議はない。

出典:(3ページ目)【緊急警告】島根地震は南海トラフ巨大地震の前兆...

	

南海トラフ地震が起きるかも!知っている人は少ない?

南海トラフ地震は、複数回に分けて発生したり、一回で全域を破壊したり、その発生の仕方には多様性がありますが、最大クラスの地震が発生すると、静岡県から宮崎県にかけての一部では震度7となる可能性があるほか、それに隣接する周辺の広い地域では震度6強から6弱の強い揺れになると想定されます。 

 また、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い地域に10mを超える大津波の来襲が想定されています。 
予知や予言など、オカルトな話として半信半疑で見たことはあるかもしれない。
実際の可能性として認識している人がどのくらいいるんだろうか。
日本大学の研究グループは、2月、全国2000人にインターネットでアンケートを実施した。アンケートでは、この情報を知っているかなどについて聞いたところ、「全く知らなかった」と答えた人が34%いた。情報そのものや内容を知らない人を全て合わせると82%に上った。

出典:南海トラフ地震発生に関する新情報を8割が知らず「周知急ぐべ...

	
地震大国と言われる日本に住んでいて、起こるはずがないとは思ってはいけない。
追記

4月14日にも愛知県で震度4の地震がありました。

4月18日に地震が起きるという予言もあるそうですが、
起きる起きないで不安になりましょうという話ではなく、災害対策をしておくべきと思います。
津波が来たら自分はどうするか、避難場所、持っていくべきもの、確認しましょう。

↑上記予言は外れたようですね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Oyuki

個人的に興味のあるところからまとめていきます。