• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
人類最強のサバイバル冒険家ベア・グリルス

サムネイル出典:

人類最強のサバイバル冒険家ベア・グリルス

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
Update date:2017年05月07日
人類最強のサバイバル冒険家ベア・グリルス
元軍人にしてサバイバル冒険家のベア・グリルスが、現在探検系の番組で活躍し、そのすご過ぎるキャラクターで人気ですので、ご紹介。

ベア・グリルスとは

ベア・グリルス(Bear Grylls、本名:Edward Michael Grylls、1974年6月7日 - )は、イギリス・ワイト島出身の作家、冒険家。軍で身につけた体力・技術を生かし世界中の未開地を冒険してきた。サバイバルをテーマとするドキュメンタリー番組『MAN vs. WILD』への出演で知られる。
出演で知られる・・・以前に、もはやこれは完全にベア・グリルスのプロモーションビデオのようになっていますw

とにかく手に入るもの、口に入れられるものはがんがん食べてしまうという、強烈なまでの冒険家です。チャレンジ精神が旺盛過ぎますww
そして、野生の動物や虫を食べた時の、心底まずそうな顔が評判です。
	
究極のサバイバル番組で、番組冒頭で、毎度状況を設定し、その状態から都市部への帰還を目指しています。やらせでは、というツッコミも一部ありますが、あくまでサバイバル技術の紹介番組であり、状況を作らないと紹介にならないので、そういうものでしょう、として見るのがよいです。
そしてそれ以上に・・・グリルスさんの驚異的な行いに毎度度胆を抜かれますw

すご過ぎエピソード

1996年には、ザンビアでの任務中、高度4,900メートルからの降下の際にパラシュートの事故にあい、背骨を骨折する大けがを負う。二度と歩けぬものとも思われたが、子供のころの夢である『エベレスト登頂』を目指し、軍のリハビリ施設で18ヶ月を過ごし、回復する。

出典:

これは番組関係なく、グリルス自身の人生のエピソードです。この時点で冒険家をあきらめないのがすごいです。

とりあえず、とらえた物は口にする主義です。
どんなえぐい見た目の虫であっても・・・。
知識で大丈夫と知っているのか、単にチャレンジャーなのか。

手作りいかだ

だいたい、歩いては渡れないレベルの川を見かけると、軍隊仕込みの手際のよさで、イカダをまとめあげて渡河しますが・・・
グリルスの作るいかだは、よく沈むことにも定評がありますww
実際番組中でも何度も沈没してますw

本当にまずいと言いながら、ほぼ毎度えぐい虫を食べるサマはすごいです・・・。
というか、進んで食べ過ぎぃぃ。

いやいや、食べるものが他にないのはまだわかるけども、なぜ生でいく!?w
火起こせww

アザラシタンクトップ

防寒のために、はいだアザラシの皮を着ています。

伝説の動画の数々

	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。