• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
『あなたの知らない世界』建築現場では【なんちゃって用心棒】という珍バイトが昔あったんです。 #仕事図鑑

サムネイル出典:

『あなたの知らない世界』建築現場では【なんちゃって用心棒】という珍バイトが昔あったんです。 #仕事図鑑

Posted date:
『あなたの知らない世界』建築現場では【なんちゃって用心棒】という珍バイトが昔あったんです。 #仕事図鑑
近年、世間を騒がせたニュースに、マンホールの蓋や銅線が盗まれるという事件が多発しました。
中には、地中や共同溝の中に敷設されているケーブルや通電している供用中の電線までも切り出して、まるごと持ち去った例もあるそうですから、なんとも凄まじいものです。聞くところによれば、それらはほとんど全てがどこかの港から船に乗せられ、開発著しい中国へと運ばれているそうです。
かの国では、経済発展に天然資源の供給がおいつかず、高騰する資材価格に釣られて、日本の巷にある「お宝」をそのまま持ち運んで、現金化してしまおうという考えに至っているようです。
このような悪質犯罪に対抗するために生まれた珍アルバイトをこれから紹介します。

建築現場【なんちゃって用心棒】

いま紹介した犯罪ケースとは別に、同じく、建設用の資材や機器が今、窃盗グループに狙われているそうです。

最近の機材は、持ち運びし易いようにコンパクトで高性能ゆえに、1台10万円以上する電動工具の類が集中的に狙われています。

中には、重機からスクラップの廃材まで根こそぎ、持ち運ばれるケースも起こっているそうで、そうして盗まれた機器や道具は、主に国内の中古工具のリサイクルショップで売られたり、インターネットのオークションに出品されるケースが後を経たないそうです。

こうした機器や資材が狙われるのは、建築中のマンションの現場が最も多く、窃盗団は現場の作業員の格好をして、夜中に堂々と忍び込み、短時間で金目の物を盗んで持ち去る手口といいます。

これらの窃盗グループには、盗品を売りさばくブローカーが関与しており、盗品と判った上で売りさばくリサイクルショップなども一味として加わっている組織的な犯行のようです。

一般的に、どこのマンションの建築現場も、予算ギリギリの中で行なっているため、元請のゼネコンの所長は、たとえ、盗難の被害が遭っても、警察に届けることは稀だそうで、たいていの場合は、それを盗まれた下請けの会社の泣き寝入りになります。

そうした連中から、工事現場を守るには、やはり、根本的に人の目による24時間監視しかないのです。

しかしながら、マンションの現場程度では、夜間に警備員を配置する予算もなく、とりあえず、形式的に監視カメラだけが設置されている状況が大半です。

これは、ゼネコン自体、売上計上の目的から、赤字覚悟で請け負っているケースも多く、そのため、満足な警備も出来ない状況にあるためです。

以上は関東のお話です。

今回ご紹介するのは私が昔住んでいた「関西」の場合。
「みすみす泣き寝入りをするよりは」という発想からか、「事現場で土曜の夜から月曜の朝まで
留守番をするなんちゃって用心棒アルバイト」を雇うんです。

ただし、これは正式な雇用契約に基づくガードマンとしてのアルバイトではなく、あくまでも留守番としての用心棒代ですから、珍バイトの部類に入るかと思います。

一旦、このバイトを引き受けますと、土曜の夕方から月曜の朝まで、建設現場の事務所に待機することが義務付けられます。

夜中であっても、事務所の照明をつけていたり、時折、建設現場内を見守ることが責務となります。

金額的には、この2泊3日で3万円ほどもらえますが、その間は自由に外出することも制限されますし、夏場や冬場は、経費節減のため、冷暖房の使用も許可されないケースも多いのが玉に瑕です。

仕方がないので、私はゲームを事務所に持ち込んで、友人と徹夜で遊んでいました。そうすれば、あっという間に時間も経って、一石二鳥のいいバイトでした。

しかし、最近では冒頭に書きましたとおり、窃盗団の組織犯罪化が進んでおりますので、逆に素人の
「なんちゃって用心棒」アルバイトでは太刀打ちできない事も。

そうした懸念もあってのことか、近頃はこういう安いなんちゃって的なアルバイトを雇うより、警備会社と正式契約をして、現場の巡回などを依頼する例も増えているとのことです。

やっぱり警備をケチるのは本末転倒ですからね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」