• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
基本的にSNSはいいことばかりを書く。本当に羨む生活をしている人は少ない。

サムネイル出典:

基本的にSNSはいいことばかりを書く。本当に羨む生活をしている人は少ない。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
基本的にSNSはいいことばかりを書く。本当に羨む生活をしている人は少ない。

SNS=自己顕示欲

最近ではインスタなどが流行していて、
インスタ映え
など、写真をいかにインスタに載せて良く見せれるかなど
若者の自己顕示欲が高まっているように感じる。

そもそも本当に幸せな人はアピールする必要がない

よく
「最近、毎日超幸せ♡」

などと書く人もいますが
本当に毎日幸せで仕方がないなら
SNSに書いてアピールする必要がないと思いませんか?

毎日が幸せで満たされていたら
人にアピールしたり、承認欲求を満たす必要もないのです。


人の羨むような暮らしをしていて、
素敵な人はSNSにのめりこむようなこともしないのではないでしょうか。

自撮りを上げるのはもう論外レベル

友達とのツーショットならまだしも
自分の顔を自撮りしてSNSに連投する人も少なくはありませんが、
これに関してはかなりの自己顕示欲ですね。
普通、自分の顔を不特定多数に晒すのは抵抗があるのではないでしょうか。

しかしそこに友達との楽しい思い出のアピールなどが入るから、
自分の顔を載せる。というのが主流になっていると思われます。

相当自分の顔に自信がある
もしくは自信がないからいい角度で取って褒められたい
など、自分のコンプレックスを埋めるための行為でもあります。

そもそも、SNSに自分不幸アピールする方がない

誰しも人からは良く思われたいという気持ちはあるでしょう。
悪くわざわざ思われるよりは、良く思われるほうがいいですからね。

なので自分は今満たされていなくて、つまらなくて、
なんの目的もなしに生きていて、友達もいない

よりは、
毎日友達に囲まれていい人達に囲まれて自分は幸せ者
頑張ってる自分もえらい
人と交流があるという人脈をアピールしたい

など人よりも上に立ち優越感を感じるための行為でもあるのです。


そういうのがSNSで溢れています
それを見て勝手に対抗心を燃やしたり
自分は全然幸せじゃないと卑屈になってしまったり
妬ましく感じてしまうこともあるようですが、

人に良く見せたい

という気持ちが人の根本にある
ということを忘れずに、
何も苦労も悩むも一切なしに生きている人間は限りなく少ないです。
不幸な時ほど、ちょっとした日のことを大げさに幸せに書いてアピールしていたり
実際他人が羨むようなカップルも本当は仲が悪かったり
書かれていることが全て真実だと思ってしまう方が危ないです。


もちろん、ただ楽しくて幸せな人もいるでしょう。


他人の投稿に惑わされるくらいならしないほうがましかもしれません。


この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない