• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本最強のセクシー神ボディ【伝説】サトエリ「佐藤江梨子」さんの美しすぎる「画像」永久保存版まとめ #超絶 #美脚 #グラドル

日本最強のセクシー神ボディ【伝説】サトエリ「佐藤江梨子」さんの美しすぎる「画像」永久保存版まとめ #超絶 #美脚 #グラドル

Posted date:
日本最強のセクシー神ボディ【伝説】サトエリ「佐藤江梨子」さんの美しすぎる「画像」永久保存版まとめ #超絶 #美脚 #グラドル
その日本人離れした驚愕のパーフェクトボディで、グラビア界を席巻したのがサトエリこと「佐藤江梨子」さん。現在は女優のお仕事が増えて活躍中です。
2018年の朝ドラではボディコン姿を披露。アラフォーになっても全く衰えない神ボディを見せつけた事でも話題となっています。
今回はそんな彼女の美しすぎるボディを堪能する画像を中心にご紹介します。

佐藤江梨子

さとう えりこ
佐藤 江梨子
プロフィール

愛称	サトエリ
生年月日	1981年12月19日
現年齢	36歳
出身地	日本東京都
血液型	AB型
公称サイズ
身長 / 体重	173 cm / 53 kg
BMI	17.7
スリーサイズ	88 - 58 - 88 cm
カップサイズ	E
股下 / 身長比	83 cm / 48 %

出典:/ameblo

驚異的な美脚

股下 83 cm 身長比 / 48 %
高校在学時の1999年、『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出され、その後、イエローキャブからのスカウトにより芸能界入り。
以後、グラビアモデルのみならず、映画・テレビ・舞台等、女優として幅広く活躍。主演作も数多く、2004年「キューティーハニー」では抜群のプロモーションを生かし、話題を集めた。今後も女優・モデルの双方で活躍が期待されている。

出典:佐藤 江梨子│芸能プロダクション ノックアウト

	

2018年、NHK朝ドラ『半分、青い。』にバブルを彷彿とさせるボディコン姿で出演し、話題に!

ふくろう商店街に現れたワンレンボディコンの女性・小倉瞳。
佐藤江梨子さんが着ているボディーコンシャスの衣装ですが、実際にバブル当時のものが使われています!
	
 女優の佐藤江梨子が4月14日放送の「半分、青い。」(NHK)に出演し、みごとなスリムボディを披露して話題になっている。サトエリはバブル期の雰囲気を今も持つ謎の女として登場。当時そのままのヘアスタイルやボディコン衣装を披露した。

出典:「半分、青い。に出演」佐藤江梨子、抜群スタイル健在も胸が...

	

グラビアの女王だった彼女は、現在アラフォー女優として活躍

グラビアの女王時代

伝説のグラドル事務所「イエローキャブ」
に所属してました。

話題作にメイン級で次々と出演

ザ・フィルムズ

空中ブランコ
?‍♀️ キャラ紹介 ?‍♀️

  
    as
水城千佐都{ みずき ちさと }

第一の事故で死亡した男性の妻。
元銀座のホステスで、財産目当てと噂される未亡人。

見ないなんて
	
✨完成記念イベント }

「最近母親役が多かったので、色っぽい役をいただけてよかったです。」と語る水城千佐都役: さん。
色っぽさも...もちろんですが、劇中では怪しさも........⁉️
	

キューティーハニー

そのパーフェクトボディの魅力が最大限に活かされた 主演作の中でベストの作品。

その街のこども 劇場版
今年も、十三シアターセブン(大阪)での『その街のこども 劇場版』の上映が始まりました。毎年見て下さる方、未見の方、ご来場を心よりお待ちしております。1/16には京田Pのトークショーも。
	
【おすすめ】
よる6時30分からは「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を放送します。監督はCM界の鬼才として名を馳せた 。ただならぬ緊張感のアンサンブル劇をお楽しみください。
	
佐藤江梨子さんが主演を務める“昼ドラ”「嵐の涙~私たちに明日はある~」の撮影が終了しました。これで昼ドラ52年の歴史に幕が下ろされました。3月31日が最終回です。
	

W主演作「リングサイド・ストーリー
佐藤江梨子&瑛太W主演映画「リングサイド・ストーリー」初日開催!武尊、瑛太のせいで「ハードルが上がって」と苦笑い
	
『リングサイド・ストーリー』 本予告

美しすぎるセクシー「画像」永久保存版まとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」