• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「スキンケアに関する成分の疑問」いつも使っているスキンケアの成分ってどんなものなの?

サムネイル出典:

「スキンケアに関する成分の疑問」いつも使っているスキンケアの成分ってどんなものなの?

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
「スキンケアに関する成分の疑問」いつも使っているスキンケアの成分ってどんなものなの?

防腐剤とは

スキンケア商品は、開封してから
数か月という長期に渡って継続するものですよね。

そして、この防腐剤がなぜ含まれているのかというと。
防腐剤が配合されていなければ
時間の経過とともに雑菌が繁殖。

その結果、肌に刺激をもたらすことも考えられるので含まれています。

化粧品に使用できる防腐剤は、配合上限(%)が決められています。


そして、安全性が認められたものを
適正な量だけ配合しています。

過去に防腐剤によって、肌にトラブルが生じた。
ということがあれば、その成分が配合されていない化粧品を使うことをおすすめします。

無香料って

においがないの?
と思う方も多いかと思いますが、

無香料、香料フリーというのは、
香料が入っていないですよって意味です。

なので、
においがないもの。
ということではありません。

無香料と表示されているものでも
においを感じるものはあります。
それは、配合されている、原料・精油のにおいであることもあります。

無香性・ノンパフュームと
表示されている製品に関しては、基本的にはにおいが感じにくいようですね。

アルコールの、肌への影響とは?

化粧品で、「アルコール」と呼んでいるものは、
「エタノール」で、お酒のアルコールと同じです。

エタノールを配合する主な目的は、
肌に乗せた時にスッとした清涼感、軽い感触を出し、
製品の防腐効果、安定性を向上させるため。です。

しかし、敏感肌の方は
アルコールが入った製品を使うと
皮膚が乾燥しすぎたり刺激を感じたりする場合も。

自分の肌のタイプを確認してみるのはGOOD◎

食べ物では、有機・無添加が良いが、化粧品は…?

食べていて、からだに良いからといって
肌にもとってもよい!というわけではありません。

天然、自然界のもので
むやみに使ってはいけないものも存在します。

また天然成分を使用した化粧品の中には、
肌の上に塗布した状態で
紫外線などの影響を受けるものもあるため、
不純物を取り除き、十分に精製した原料を使ったものを選ぶことが大切。

アレルギーテスト済みであれば、心配ない?

アレルギーテスト済みという表示は、
メーカーや販売会社が何らかの方法で試験を行い、
各企業の判定基準でモニターに問題がなかった場合、
記載できるものです。

この表示は、製品を選ぶ際のひとつの目安になりますが。
すべての方がアレルギーを起こさない
というわけではないのです。

肌の赤みは、回復への見込みは勘違い

ヒリヒリしたり、赤くなったりするのは
皮膚が炎症を起こしているからです。

化粧品に含まれている成分にかぶれたり、
アレルギー反応を起こしている可能性があります。

一時的に良くなっていくために赤くなっている、
デトックスされている。
というのは勘違いです。


赤みが出た時には、
すぐに赤くなる原因の化粧品類をやめること。
水で洗い流し、ほてっているなら冷やしたタオルで熱を取ってください。

こすったり、紫外線に当てることはせずに
炎症が収まっても、同じ化粧品類は使わないことを進めます。

皮膚科医に治療を受け、
原因の物質をつきとめておくことも必要な場合も。
そして、その成分が入っていないものを今後使っていくべきです◎

香りのある化粧品は、負担が多いわけではない

香りがある化粧品は女性ホルモンを活性化させます。
なので、気持ちが高まったりしますよね。

ある程度、香料の入った化粧品を使うことをおすすめします。

スキンケア商品んには、使用した時に鼻の近くで
ほのかに香るくらいの極めて少量しか配合されていませんので、
それほどの心配はないようですね。


そして、香水は
ほんの少量の使用でもきちんと香るように
かなり多くの香料が含まれています。

刺激が気になる場合、
直接つけることはやめ。
ハンカチなどにつけて、身の回りにのばせておくのも
よいかもしれません。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

writer✏︎美容系/女性アイドル/エピソード. アイドル評論家に興味有り。 好きなことをして生きるには。