• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
メイクアップの基本のテクニックをおさらいしてみよう♡

サムネイル出典:

メイクアップの基本のテクニックをおさらいしてみよう♡

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
メイクアップの基本のテクニックをおさらいしてみよう♡

一般的なメイクアップの手順

①化粧下地
  ↓
リキッドファンデーション
  ↓
コンシーラー 
  ↓
フェイスパウダー

②化粧下地
  ↓
コンシーラー
  ↓
パウダーファンデーション

しっかり化粧をしたい人は①

薄くナチュラル思考の方は②
フェイスカラー
(チーク、ハイライト、シェーディング)
   ↓
アイブロウ
   ↓
アイシャドウ
   ↓
アイライン
   ↓
マスカラ
   ↓
  口紅


完成♡

ファンデーションの色選び

使い心地など、自分にとっての
使用感はもちろんのことなのですが、

いちばん、ファンデーションで大切なことは
自分の肌に合った「色」を選ぶということ。

ありがちなのは、白浮きメイク。
自分の肌の色とは違う、
明るすぎるファンデーションを選択して
首の色が黒すぎてしまうことです。


首と、頬の境のフェイスラインで自然な肌の色を選ぶようにしましょう。

ファンデーションのつけ方

頬から塗ります。
顔の中心から外側に向かって、伸ばします。
左右対称になるように伸ばしましょう。

あごにものばします。

あでこの中心から外側に向かって
塗って伸ばしましょう。

残ったファンデーションで、
目の周り、小鼻のわきにものばしていきましょう。

最後に残ったファンデーションで、
鼻筋、忘れずに首筋にも伸ばしていきます。

そして、全体の仕上がりを確認してみて、
足りないところはないか?
しっかり確認していきましょう。

フェイスパウダーのつけ方

フェイスパウダーの目指すところは、
粉浮きせずに透明感のある肌に仕上げていくこと。

パフ、ブラシなど
使うものよって仕上がりも変わります。


(パフ)しっかりと仕上げたいときこそ!
手の甲でパフから出る粉の加減をみて、調整。
粉がつきすぎるために、なじむまでしてください。

皮脂の分泌が多い、Tゾーンを中心にパフで抑えるようにして伸ばしていきましょう。
まぶたの中心には、つけすぎないように注意してのせていったほうがいいですね。


(ブラシ)ふんわりと仕上げたい♪
大き目なブラシに、パウダーをたっぷり全体に含ませる。
手の甲でブラシを軽くなじませてから、
粉の量を調整してください。
それから、肌へ乗せていきましょう!

ワンポイント

最後に余分なパウダーも何もついていない、
フェイスブラシで払う。
そうすると、透明感、艶のある仕上がりにすることができちゃうんです♡

ハイライトとシェーディング

ハイライトは、明るい色を使って
光を集めて、立体的な明るさを演出することが出来ます。

シェーディングは、暗い色を使って影を作って輪郭をシャープに。
奥行き感を演出することが出来ます。


シェーディングは、
すっきりと見せたいところに乗せていきましょう。
眉頭の下から鼻の横、フェイスラインにいれます。


ハイライトは、
高く明るく見せたい部分へ。
Tゾーン、目の下の逆三角形、口の下に入れていきましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない