• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ストレッサーは4つに分けられている。ストレスと、疲労について。

サムネイル出典:

ストレッサーは4つに分けられている。ストレスと、疲労について。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
ストレッサーは4つに分けられている。ストレスと、疲労について。

ストレスを引き起こす4つのストレッサーとはなに?

①物理的なもの
 暑い、寒い、騒音

②科学的なもの
 嫌な臭いなど

③生物学的なもの
 殺菌・ウイルスなど

④社会学的なもの
 人間関係の悩み
 経済的な悩み

④は、大多数の人が感じて
悩む原因でもありますよね…。


しかし、私たちには
自ら健康を維持するためにバランスを保とうとする力があるのです。
それが、「ホメオスタシス」が、備わっています。
これは自然の力。

能がコントロールセンターとなり、
内分泌系、神経系、免疫系の3つのしくみが
相互に関連しあって機能しているといわれているんです。

過剰なストレスがかかると、
能の指令が乱れてしまいます。
そうする、ホメオスタシスも乱れていくと考えられているんです…


内分泌系

内分泌系は肌にも影響を与えているとか。
副腎皮質刺激ホルモンはメラノサイトの
メラニン産生を促すと言われていて、
女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が活発になると言われています。

肌の部位によっては、差があるようですね。

ストレスによる、ホルモンの変調によってもシミができるとも言われているんです…

神経系

ストレスを過度に受けると、
リラックス状態を司る副交感神経よりも、
交感神経が多く働くようになります。

一般的に交感神経が優位になると、
心拍数を増加させ、血管を収縮させて血流を悪くし、
発汗を促進させてしまうとか。

消火活動が抑制されるなど、
体調の悪化となってあらわれてしまいます。

免疫系

自律神経と免疫は、深い関係があるのです。

交感神経優位がつづきすぎると、
炎症を起こしやすい状態になってしまいます。
副交感神経優位が続きすぎると、
リンパ球が増えて、アレルギー症状が出やすくなると言われているのです。

交感神経>副交感神経

心拍 増加
血管 収縮
発汗 促進
消化 抑制

交感神経<副交感神経

心拍 減少
血管 拡張
発汗 減退
消化 活発

ストレスを上手く対処して健康に暮らしたいですね

ストレス社会の今だからこそ、
自分のストレスをしっかりと発散させてあげないと、
ため込んで自分が壊れてしまうこともあります。

だからこそ、趣味で楽しむ時間を作ってみたり、
運動や食事に気をつけること。

そして、質の高い睡眠をとることにも
気をつけていきたいところです。

何かがかけてしまうと、
体調に影響するのはもちろんのことですし、
身体表面、肌などにも影響が出てくるからです。


ストレスとうまく付き合いながら、
毎日健康に暮らしていけるようにできたらいいですね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない