• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
紫外線は最も肌に悪い影響を与える。どのような影響を与えてしまうのか。

サムネイル出典:

紫外線は最も肌に悪い影響を与える。どのような影響を与えてしまうのか。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
紫外線は最も肌に悪い影響を与える。どのような影響を与えてしまうのか。

老化の80%が紫外線による影響だと考えられている

米国皮膚科学会では、そう考えられているのです。

紫外線を浴びると、
皮膚の中で活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞にダメージを与えて活動を弱める。
それとともに、コラーゲン繊維、エラスチン繊維などを分解する酵素の産生を促進します。

その結果どうなるのかというと、
肌が乾燥してしまったり、しわやたるみを生じやすくなる。
なので、紫外線は肌の老化を促進することになると考えられているんですね~…。

紫外線には種類があると知ってしましたか?

太陽は、波長の異なる

ガンマ線
X線
紫外線
可視光線
赤外線

と放出しています。

その中でも紫外線は、
性外線A波
紫外線B波
紫外線C波
の3つに分かれています。


紫外線A波(UV-A)長波長紫外線
紫外線B波(UVーB)中波長紫外線
紫外線C波(UV-C)短波長紫外線

肌は、どうなってしまうの?

紫外線照射中や、直後から生成されたメラニンは、
皮膚のターンオーバーーとともに排出。
排出すきれずに残ると、シミになってしまうのです。

そして、繰り返し紫外線を浴びるとメラノサイトの数自体が増え、
肌はもっと黒くなり…またシミだけではなく、皮膚ガンになることも。

雲がある時の紫外線ってどうなの?

薄い雲の場合は、80%以上が透過します。

ガラス越しにも紫外線は通り抜けてます。

サンバーンとは

日焼けで皮膚が赤くなること。
UV-Bによるもので、紫外線を受けた部分が赤く炎症を起こす。

ひどい場合には水疱(やけど状態)が出来ます。

紫外線を受けてから
8~24時間でピークに達します。
炎症は数日間続きます。

サンバーンを起こすほどの日焼けは、
遺伝子の損傷も伴っていて、
サンバーンを繰り返すと皮膚ガンの要因にもなるので注意が必要なのです。


なぜ肌が赤く炎症を起こした後に、皮がむけるのか。
細胞の損傷が大きく、修復ができない状態になっているからなのです。

サンタンとは?

日焼けで皮膚が黒くなること。

主にUV-Aにより、紫外線照射中に
直後から黒くなる即時型黒化。

照射量によっては数か月も持続してしまう、
遅延型黒化があります。


サンタンは紫外線から体を守ろうとする、
天然サンスクリーンだったのです。

これからの季節、日焼け止めは必須ですね!

侮れない、紫外線。
太陽光。

今は日焼けしても何も起きなくても、
歳をとってから症状が出てきてしまうこともあるので、
若いうちから、紫外線の対策をしっかりとすることが大切なのです。

そして、普段聞いたこともあるような
サンタン、サンバーンなど意味を理解することによって
日焼けをもっと身近に考えられるようになったのではないでしょうか。


健康に暮らすためにも、
日焼けをしないように今からお手入れをしっかりとしていきたいですね

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru