• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
季節や天候で紫外線量は異なります!地面の反射率は?

サムネイル出典:

季節や天候で紫外線量は異なります!地面の反射率は?

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
季節や天候で紫外線量は異なります!地面の反射率は?

月ごとのUV-AとUV-B量

UV-Bは、夏の7月~8月の間が
特に強くなっています。
なので、冬になると一気にその量が減っていくのです。

UV-Aは、1年の変動が少ないです。
なので、年間を通して気をつけなければならないということ。

雪国は、雪の反射が増えるので
全くもって冬だからといって、
油断することは出来ないんです。

※地域にもよります

UV-Aと、UVーBって何?

そもそも、この2つは何かということなのですが、

●UV-Aがもたらす影響
波長の長い紫外線A波は、
地上の紫外線の約9割を占めるのです!
そして、真皮中層にまで到達。

日常生活のうちに、
ガラス越しなどでも長い間浴び続けることで、
メラノサイトを活発にします。
サンタン(皮膚の黒化…)を起こしてしまったり、
肌の弾力を保つエラスチン繊維や、
コラーゲン繊維を変性させてしまい、
しわやたるみの原因にも。


●UV-Bがもたらす影響
エネルギーが強い!!
空気中の水分で吸収されるのですが、
散乱性が高いため、あらゆる方向から肌に届くのです。

そして、おもに表皮にダメージを与え
直接的に細胞の遺伝子を傷つけるという作用があるのです…

なので、日焼け(サンバーン、サンタン)を起こすのです。

しかも角化のリズムを乱して肌がこわついてしまったり、
角層中の水分が減少して、肌荒れ状態にもなってしまうのです。


◎サンバーン
皮膚を赤く炎症を起こすこと。

◎サンタン
メラニンを増加させ肌の黒化

天気ごとのUV量とは

雲がある時は、
太陽光を遮りますよね。
雲量、雲の状態など天気の変化も紫外線量に大きな影響を与えるのです。

改正の日のUV量を基準として、
天気ごとの相対的な割合であると、
晴れであれば快晴の場合と量はほとんどである。

また、全天を雲が覆っていても
薄曇りの場合、快晴時の約8~9割のUV量があり、
曇りの場合には快晴時の約6割に。

雨の場合には、快晴時の約3割まで減るとか。

紫外線の強さは、
地域や、季節、天候、時間、標高、環境などによって
変化もするのです。

参考適度に。

紫外線があらゆる方向から肌に当たっている?!

紫外線には、

●太陽から直接届いている
●空気中のちり、ほこりで散乱されて届いてる
●地上で反射されたもの

この3つがあるのです。

快晴時正午でUV-Bの散乱光は、
全体の50~60%になります。
なので、日焼けもするわけなのですね…


地表面の状態による反射率

新雪…80%
水面…10~20%
砂浜…10~25%
草地…10%以下
アスファルト…10%

紫外線は、標高1000m毎に、
軽度が低くなるほど増加する。


普通にそこらへんの外を歩いているだけで、
紫外線は反射して当たっているなんて…

紫外線のガード

日傘は、断然、黒!
色により紫外線からガードする力も変わってくるのですね。

なぜ、白ではないのか?
白は紫外線を乱反射します。
なので、傘の下まで届いてしまいます。

そして、目も、紫外線は吸収していることはご存知でしょうか。

UVカット効果のあるサングラス、
今ではコンタクトレンズなども有効かと。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

ぶれない