• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「もう汚肌はいやだ!」美しい肌を作るための生活習慣。

サムネイル出典:

「もう汚肌はいやだ!」美しい肌を作るための生活習慣。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
「もう汚肌はいやだ!」美しい肌を作るための生活習慣。

睡眠の効果がすごいのは知っていますか?

美肌への近道…それはまず、睡眠!

眠り始めた3時間の深い眠りによって、
成長ホルモンの分泌が盛んになるのです。

この成長ホルモンによって、
食事でとった栄養を吸収。
細胞が活性していくようなのですね。


特に午後10時から午前2時は、
お肌のゴールデンタイムということは
聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

あくまでも目安として、
参考にしましょう。

なによりも大切なのは、
「深い睡眠」「熟睡」なのです。

何からしていけばいい?

●証明を消しましょう
夜に強い光を浴びると、睡眠を安定させる
メラトニンが分泌されなくなるのです。
夜は暖色系のライト、明かりにして、
寝る前には証明をしっかりと消しましょう。

●就寝時は、携帯オフ
寝る直前まで携帯を使用している方、
とっても多いのではないでしょうか?
しかし、画面からはブルーライトの英城で
睡眠を安定させるメラトニンが分泌されにくく、
なってしまうんですよね…
なので、眠りにつく最低でも
1~2時間前には、携帯をやめて、
眠りにつくときには、
通知音などをサイレントにするか、
もしくはオフにしてしまう。

そうすることによって、
質の高い睡眠をとることが出来るようになっていくのではないでしょうか^^

●リラックス効果を高める
アロマオイルなどもいいですね。
・ラベンダー
・マンダリン
・カモミール
などは、精神を安定させる香りであると
言われています。

しかし、自分のお気に入りの香りで
リラックスするのが良いでしょう。


●ノンカフェインの飲み物を
カフェインは、脳を刺激し覚醒させます。
・コーヒー
・紅茶
・緑茶
などに含まれています。

就寝前にのどが渇いたのなら、
・ホットミルク
・カモミールなどの
ハーブティー
もいいですね。

夜更かしの影響

翌日に体調が悪いな…感じる方も多いのではないでしょか。

この体調不調には、原因があるのです。
就寝中に肌を含む、身体全体が修復されないからです。

修復は血液によって、運ばれた栄養が
良質な睡眠をとることによって分泌される
成長ホルモンによって吸収されることで
行われているんですね。

なので、この修復が行われないために
翌日に体調不良になってしまうのです。


睡眠直後の3時間の深い眠りがカギとなってきます。
ホルモンの分泌が高まり、肌が最も活発に生まれ変わります。


眠りのサイクル

寝は言った時間から、
約、4.5、6、7.5、9時間後の
サイクルで目覚ましをかけると、
寝起きがすっきりできるようです。


深い睡眠→ノンレム睡眠
浅い睡眠→レム睡眠
が交互に繰り返されているのです。
この2つの眠りを合わせて、
90分が1セットとなっています。


寝だめをするのがいい。
という考えの方もいるのではないでしょうか?
今のうちに寝ておこうという、寝だめはできないのです。
寝だめをして、ホルモンをためておくことはできないとされているからです。

生活リズムの乱れは、体調をくずす原因になるので注意が必要。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

writer✏︎美容系/女性アイドル/エピソード. アイドル評論家に興味有り。 好きなことをして生きるには。