• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
化粧品の酸化ってよく聞くけど、どういうこと?

サムネイル出典:

化粧品の酸化ってよく聞くけど、どういうこと?

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
化粧品の酸化ってよく聞くけど、どういうこと?

酸化

酸化とは、
何かに酸素が結びつく働きのこと言います。
鉄がさびたり、りんごの切り口が茶色に変色するのも酸化です。

これと同じことが、
肌の上でも起こっている!ということなのです。

フリーラジカルの攻撃を受けると皮脂が酸化し、
過酸化脂質へと変化します。
これがニキビの原因にもなることがあるのですね。

真皮のコラーゲン繊維などが活性酸素に攻撃されると、
ハリ、弾力が低下してしまい、
いったん酸化が始まると次々と連鎖反応で広がっていくのです。


●フリーラジカル
ペアのいない電子をもった、原子や分子。
なので、ペアを作るために他の分子から電子を、
強引に奪い取ろうとするのです。
大気汚染やオゾン層の破壊による紫外線の増加により、
フリーラジカルが発生しやすくなっているのだとか。
※電子を奪い取られた分子を、酸化された、と言います。


●活性酸素
フリーラジカルと、フリーラジカルではないものがあります。
フリーラジカルは、酸素が体内で変質し、フリーラジカル化したもの。
酸素を含む物質の中でも、とくに活性が強いため
健康な細胞を破壊してしまう有害な分子です。

同じ活性酸素の中でも、過酸化水素などは
ペアがいる電子なのでフリーラジカルではありません。

活性酸素を発生させる原因とは

活性酸素はさまざまな要因により発生するのですが、
・食生活
・過度なストレス
・紫外線
・大気汚染
・車の排気ガス
・無理なスポーツ
などがあげられます。

紫外線

米国皮膚科学会では、老化の約80%が原因と考えられていますが、
紫外線によるダメージは、真皮にまで到達。

シミや、そばかすだけではなくハリや弾力まで奪い取ります。

肌の水分が急激に奪われることで肌が乾きます。
かさつき、くずみ、小じわやたるみの原因にもなるのです。
身体全体の免疫力を低下させることすらも。

お気をつけください。

老化の原因は、乾燥

肌の老化を促進は、乾燥です。
肌が乾燥すると角層の水分量が減少します。
光の反射量が低下して肌がくすんで見えてしまいます。

乾燥して肌表面が硬くなると、
手触りもごわつき、化粧ののりも悪くなることも。
小じわの原因にすらなるのです。

真皮の構造がくずれると、
小じわがしだいに大きく、深くなります。
深い真皮性のしわへ変化していきます。

肌への悪影響の要因

外的要因
内的要因

この2つによるものです。

それにより、防御力も低下して、
刺激を受けやすくなってしまいます。

なので、上記に書いた内容を防ぐことが大切です。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru