• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
村上春樹氏の翻訳本に浸り映画を楽しむ一週間【題してGWはおうち図書館そしてシアター】。

村上春樹氏の翻訳本に浸り映画を楽しむ一週間【題してGWはおうち図書館そしてシアター】。

Posted date:
村上春樹氏の翻訳本に浸り映画を楽しむ一週間【題してGWはおうち図書館そしてシアター】。
そもそも一週間で何冊本が読めるかって話ですよね。
映画はホームシアターなら(ちょっと調子こきました。寝っ転がってオンデマンドな感じで。)
頑張れば1日3~5作品くらいはいけるんじゃない?別に頑張る必要もないけどね。(*´艸`*)プッ

読んでいなかった本を読むとか、古い映画をお家シアターで観るとかね、そんな一週間もたまには良いんじゃないかな。ってね、思ったりして。

それが出来たら最高なんだよねっつー話だ。
DAYONEーーー!(SEY!DAYONE ♬)DAYONEーーー!(SEY!DAYONE ♬)
DAYONEーー!DAYONEーー!DAYONEーー!(SEY!カマーン!)(SEY!SEY!SEY!SEY!SEY!SEY!DAーYOーNEー!) 誰か止めて。

しかもね、今回ご紹介する本は古本、古書ばっかだからね、ネットで全部買っても1000円いかないかも知れない。お金も気も体力、労力なんも使わない、夢のような一週間があなたに訪れますように。
ジョン・アーヴィング

 

 John Irving (原著), 村上 春樹 (翻訳)熊を放つ
トルーマン・カポーティ

トルーマン カポーティ著
村上春樹翻訳

ティファニーで朝食を
出版社:新潮社

発売日:2008/2/29        単行本:223ページ
原作 『ティファニーで朝食を』 Breakfast at Tiffany"s(1958年)

ニューヨークの社交界を、そして世界の読者を魅了したヒロイン、ホリー・ゴライトリーが、村上春樹の新訳で新しい世紀を歩みはじめる。第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に、神童・カポーティが精魂を傾け、無垢の世界との訣別を果たした名作。(村上春樹研究所より)
11歳で最初の物語を書き、17歳で雑誌「ザ・ニューヨーカー」で働いていて、顔も可愛かったしスター性もあったんでメディアで騒がれていた人なんだと。「冷血」も有名だよね。
友人は、マリリン・モンローとオードリーヘップバーン。(ほほーう。)(他にも大勢いるだろうけどあえての抜粋)
出来ればね、こっちの☟おじいさん系から先に読んでほしい。

誰がどの順番で読もうと、それは自由なのだけれども。(エロ本から先に読んだら良い子の絵本て順番的にどーよ?みたいなね。例えばよ。)
この人の作品ていつもそうなんだけど、その時々によって同じ人が書いているとは思えないくらい芸風(?)が違うんだよね。

おじいさんの思い出
出版社:文藝春秋

発売日:1988/03        単行本:75ページ

二十二歳のカポーティが田舎のおばさんにプレゼントしたまま四十年間埋もれていた佳品を美しいリトグラフで飾った愛すべき美麗本。
村上春樹がおくるカポーティの最もピュアな物語。
(村上春樹研究所より)

クリスマスの思い出

出版社:文藝春秋

発売日:1990/11        単行本:79ページ

ささやかな、けれどかけがえのないクリスマス。画と文がともに語りかけるシリーズ最終巻はカラー頁を加え、より美しく、愛らしく。
「イノセント・ストーリー」シリーズ決定版。最も愛された名作。
(村上春樹研究所より)
レイモンド・カーヴァー

ぼくが電話をかけている場所 レイモンド・カーヴァー

ぼくが電話をかけている場所
出版社:中央公論新社

発売日:1983/01        単行本:182ページ

村上春樹が訳す、「我らの30年」。魅力のオムニバス小説。 ’69年卒の同窓下に集う男女。
彼らの30年とは? ラブ&ピースから遠く離れてなおハッピーエンドを求めて苦闘する同時代人の感動作。
(村上春樹研究所より)
スコット・フィッツジェラルド

S・フィッツジェラルド著
村上春樹翻訳
冬の夢
J・D・サリンジャー

『誓いの言葉』わたくしギンアンコは、サリンジャー氏の古書について書き記すにあたり、本文から逸れて、大きく脱線することをここに誓いますっ!

ライ麦畑でつかまえて (1964年) 
新しい世界の文学って書いてある。
1964年の新しい世界が遠い過去。不思議だよ、ねえサリンジャー。
このカバーの本を持っていると英雄になれたな。

あまりにも有名な作品だし、時代劇並みに背景が古いしさあ、サリンジャーについて書くのは止めようかな、、とも思ったんだけど、攻殻機動隊S.A.C.にも出ちゃってるし、古今東西の若者は全てサリンジャーに触れていけっ!って思っちゃった。

つーか、時代で錆びるライ麦じゃないんだよね。
ライ麦の内容について触れる気は全くないの。
なんだったら、ごめんなさい言う。

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)

春樹さんが加わったにしては意外な装丁で発売された時驚いたな。ね。

あ、ライ麦の内容について触れる気は全くないの。

ライ麦畑でつかまえて 単行本 – 1973/1/25
これ、このカバーも見覚えある。図書館で見た気がするなあ。
妄想タイム突入!
あ、そーだ、ゴールデンウィークに図書館通いなんてのもいいね。
カッコいいわ~。
「ねえ、ゴールデンウィーク何してたの?」
「んー?図書館行ってた、、かな。」(かな。じゃないよ、もー、こんちきしょーめ。)

「図書館?何か借りた?」
「いや、図書館で読んでた。」
「へえー、、、 何読んでたの?」

「サリンジャーの古い本だよ。」

カッキーーー!惚れる!即惚れする!しかも爆惚れ!❤❤❤

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫) 文庫 – 1974/12/24
サリンジャー (著), 野崎 孝 (翻訳)

バナナフィッシュにうってつけの日
エズミに捧ぐ――愛と汚辱のうちに
この作品のトコを何度も読み返してたら紙がゴワゴワになっちゃって かなり分厚くなっていたなあ。

翻訳は勿論野崎孝さん。
1917年(大正6年)11月8日 - 1995年(平成7年)5月12日
「サリンジャーは苦手、意味わかんない。」何度も聞いてきた言葉だ。けどね、けど、この言葉を聞く度に少し(少しどころじゃないな)嬉しくなってしまう。

(モチロン私を含め)たぶん誰もサリンジャー氏の事を理解できていないと思うんだ。そうでなければサリンジャー氏が存在した意味がない。
だって、そうだろう?理解出来たらサリンジャー氏を超えていることになるんだからさ、そんな事あるはずがない。そして、そんな事あってたまるかい。(ギンアンコ。の頭の中より抜粋)
悪い言葉を使っていいなら言っちゃうけど、心の中で半笑いしながら本当は
「オマエに解ってたまるかい!」なんてね、考えてたりするんだ。
DAYONEとサリンジャーで映画2つしか紹介出来なくなっちゃったじゃーん。
もーお、なんで止めてくれなかったのー?

さて、映画ね。もうオススメ中のオススメ映画!冒頭でお伝えしたジョン・アーヴィング氏原作の『ガープの世界』主演はロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 1951年7月21日 - 2014年8月11日 亡くなったのそんな前かぁ)グレン・クローズ 他。
映画部 
ジョンアーヴィング原作 ガープの世界

1982年に映画化された作品で、無冠の作品であります。無冠ながらも映画ファンの間では「外せない作品」のひとつ。

『無冠だから』ではないけれど、ノーベル賞と戯れる男 村上春樹氏がアーヴィングに魅かれた理由が解るような、、、(解る気になってくる。)そんな映画です。

純文学であって文学じゃない、だから無冠なんだ!
と、言われ続けたジョン・アーヴィング(原作)ならではのこの作品は、傑作でいて秀作!
ちょっとね、類を見ないタイプの映画なんです。(ですよね?)
 サイモンバーチ

サイモン・バーチ

こちらは(ウィキより)
本作はジョン・アーヴィング原作『オーエンのために祈りを』の内容の一部を元に制作された作品です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴールデンウィーク向きなのかは解りかねますが、どうしようもないくらい良い映画なの。(どーしようもない、それ以前の説明文だね。だけど、だけどだ、そんな文章を世に送り出す、そんな自分が好きなんだー!)
たぶん、映画を観たら更にジョン・アーヴィングに、そしてジョン・アーヴィングの作品を翻訳したいと思った春樹さんの気持ちに少し近づけるかもしれないよ。(2㎜くらい)
村上春樹2018.4.20リリース作品

2018年4.20発売の漫画化第3弾「シェエラザード」
「9ストーリーズ」とな。なんとなーくサリンジャー臭が漂うなあ。(*´艸`*)

本当はね、春樹さんの翻訳した本全部ココに載せたいくらいなんだ。

けどね春樹さん何せ仕事量がハンパない!!

画像貼り付けるだけで腱鞘炎になっちゃうわ。
たぶんそれを読んでるみなさんも途中で寝落ちしちゃうと思う。




機会があったら(正月休みとかか?)
今度は、F・フィッツジェラルドさんとか、数々の絵本もご紹介したーい。
あ、佐々木マキさんの装丁について、とかも!




(☚この画像の横でごあいさつかい。)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
ギンアンコ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ

ギンアンコ。 元北海道民です。疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。楽しんで頂けますように♡