• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
外国人が驚く「和製英語」一覧

外国人が驚く「和製英語」一覧

Author:
ponponponpon
Posted date:
外国人が驚く「和製英語」一覧
私たちが普段使っているカタカナ語は和製語がいっぱいです。
英語を話しているはずなのに、なぜか相手に全然通じない!!なんて経験を海外でしたことがある方は少なくないとおもいます。

しかし日本人が使う和製英語は、英語圏では別の言い方をするため、ネイティブスピーカーにとっては全く意味が通じない、もしくは別の意味でとらえられてしまう場合があります。
今回は外国人が驚く和製英語をご紹介します。

ソフトクリーム

ソフトクリーム(soft cream)は、英語では正しくはsoft-serve ice cream と表現されます

そのまま英語にすると「soft cream」となりますが、これだと柔らかいクリームという意味になります

柔らかくて伸びの良い保湿クリーム?と勘違いされてしまうかもしれません

シュークリーム

シュークリームという言葉は、お菓子の国フランスから来た「chou a la creme」を日本人向きに短くした物で、英語では通じません

シュークリームというと、shoe(靴)+cream(クリーム)で靴につけるクリーム?のように聞こえてしまいます

ちなみに、「シュークリーム」は英語では「クリームパフ」(cream puff)と言います

アメリカンドッグ

コンビニで軽食として、そしておやつとして買われる定番のフード、アメリカンドッグ

アメリカでは、コーンドッグ “Corn dog”と呼ばれます

トウモロコシの粉であるコーンミールから作られているため、この名前だそうです

ダンボール

「ダンボール」という言葉は海外では存在しません。よってもちろん通じません

ダンボールの正しい表現は、「cardboard」といいます

ピーマン

ピーマンは英語で、「グリーン ペッパー(green pepper)」、あるいは釣鐘の形をしているので「ベル ペッパー(bell pepper)」とも言います

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド (gasoline stand) はアメリカでは通用しません
アメリカでは「gas station」と呼ぶのが一般的なのです。「service station」でも通じます

Standには「売店」という意味もあるので、「ガソリンを売る店 = gasoline stand」だろう、と日本ならではの呼び方をするようになった

ミルクティー

紅茶にミルクを入れるミルクティー。これも和製英語です
海外のカフェには “milk tea” というメニューはありません
英語では正しくはtea with milkと表現します

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ponpon

こんにちは! いろいろな情報を書いていきたいと思ってます! よろしくお願いします。