• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【独占取材】自分を「試乗」させる美人外車ディーラーにインタヴューしました。 #裏 #知ってる?

【独占取材】自分を「試乗」させる美人外車ディーラーにインタヴューしました。 #裏 #知ってる?

Posted date:
【独占取材】自分を「試乗」させる美人外車ディーラーにインタヴューしました。 #裏 #知ってる?
 大学時代の同級生と久しぶりに飲む事になった。
「この前、ベンツを買ったんだよ。フリーになった時、売れっ子になったらベンツ買うぞ!ってカミさんと約束してたんだよ」
こんなご時世だっていうのに景気のいい奴はいるものだ。
「ほう。いい話じゃないか。おめでとう!」
「ありがとう。でもベンツ以外にもオイシイ目にあったんだよ。ディーラーに試乗に行ったときの事なんだけど、試乗車の中で女の子に迫られてね。その場でヤッちゃったよ!今でも定期的に会ってるんだけどね」
「へー。カミさんは大丈夫なのかい?」
「大丈夫。なんの後腐れのない関係だからね。たぶんあそこのディーラーは組織的にやってると思うんだけど…」
 
 こんなオイシイ話を聞いて、放っておいては記者魂が廃る。俺は久しぶりにアルマーニのスーツを引っ張り出し無精ひげを剃った。こうするだけでいっぱしの青年実業家に見えるから不思議魔物だ。そして、友人に場所を聞きだし、噂のディーラーに向かった。

自分を「試乗」させる美人外車ディーラー

 地下鉄の出口のすぐそばにショールームはあった。街道沿いの中古車ディーラーとは一味違う高級な雰囲気だ。中にはいると、制服姿の落ち着いた感じの女性社員が5名ほどいた。

「いらっしゃいませ」
「友人に紹介されてね。久しぶりに日本に帰ってきたんだけど、車を買おうと思ってね。向こうではSLK乗ってたんだけど、2シーターは日本じゃ派手でしょ」
「そんなことはありませんよ。こちらのクーペは…」
 客の振りをした私に、一番若そうな女が展示車のCLKを一生懸命説明し始めた。車屋の女といえばヤンキー上がりと相場が決まっているが、知的な感じの黒髪が俺の好みだ。

「いいね、キャッシュで買うよ。すぐ、足が必要だからね。でも、ずっと2シーター乗ってたから実際運転してみたいな」
「ごあいにく、試乗車はご用意していないんですよ。しかし、当社の社長が同型の車を所有しておりますので手配させていただきます」
「そう、悪いね。でも、忙しいからすぐ手配できる?」
「はい。こちらにいらしてください」
 女に案内されたのは社長室だった。若作りをしているが40半ばくらいだろう。絵に描いたような車成金と言った感じだ。
「どれが気に入りましたか?」
「CLKが…」
「はははっ、違いますよ。どの子が気に入りましたか?と言ったほうがよろしいですかな」

 そういうことか。1000万円以上の買い物だ。新車を購入した客に特別な「試乗サービス」を実施しても、店としては充分に元が取れるのだ。社長からも特別手当てが支払われるのだろう。

俺は社長から車のカギを受け取り、説明してくれた女を指名した。そして、彼女とドライブに出かけた。車中、取材ということを打ち明け、どんなサービスをするのか聞いた。

「ん~、フェラしながらのドライブとか、レインボーブリッジを見ながらのカーセックスとかかなぁ。まぁ、いたれりつくせりの試乗サービスを楽しんでもらうって感じ?」

「終わったら、”気持ちよかったわ。また会ってくださいます?”とか、そういう決まり文句を潤んだ目で言うの」

 「試乗だけされて契約してもらえなかったらヤラれ損でしょ? ローンの客には普通に対応して、現金で買いそうな客には愛人話を持ちかけるの」

語ってくれた彼女は23歳。昨年大学を卒業して、この会社に入社したという。

「入社してすぐに社長からこのシステムを説明されたの。基本給に販売とサ-
ビス二重の歩合がつくから、すぐOKしたわ。月100万は軽く越えるかな」
この不景気に一般企業で、この手取り。それはOKしても不思議はない。
 
私も経験したいものだが、残念ながらない袖は振れない。俺はデタラメな連絡先を教え、丁重に礼を言い、そのディーラーを後にした。
 
後日、この会社が「新卒の女子大生を大量に採用している」と雑誌で読んだ。「この就職氷河期にすばらしい会社だ」と取り上げられていたが、”なにがすばらしいか“真相を知っている記者は思わず噴出してしまった。
 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」