• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【トリビアの泉まとめ】 「女体入口」というバス停がある

【トリビアの泉まとめ】 「女体入口」というバス停がある

Author:
MATANMATAN
Posted date:
Update date:2018年10月01日
【トリビアの泉まとめ】 「女体入口」というバス停がある

68へぇ

			
 

実際に行ってみた。

駒ケ岳ロープウェイに駅行きのバスに乗り込み、10分ほど揺られて進んでいくと・・・

アナウンス
「次は、女体入口。女体入口。」
そして期待に胸をふくらませ降りてみると、女体入口は・・・

あった。

			
「女体入口」は茂みで覆われていた。
【補足トリビア】 ①「女体入口」という名前は約1000年以上前からそう呼ばれている。由来は、1000年以上前なので不確かだが、この地の近くに光前寺という寺があり、そこの僧たちが現在の「女体入口」近辺で女遊びをしていたからという説が有力である。 ②「女体入口」のある長野県駒ヶ根市赤穂近辺は、昔「女体」という地名だったが、現在は使われていない。 ③地元の女性に聞いたところ、「あまり気にしていないが、やっぱり少し恥ずかしい」とのこと。 ④バス停に書かれている「サラダコスモ」をはじめ、その周りには建物らしい建物はなにもない。ちなみに、「サラダコスモ」はもやしを作る会社である。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。