• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
懐かしのNEOGEOが手のひらサイズになって登場!まとめ

懐かしのNEOGEOが手のひらサイズになって登場!まとめ

Author:
OyukiOyuki
Posted date:
懐かしのNEOGEOが手のひらサイズになって登場!まとめ

懐かしのゲーム機がついに手のひらサイズになって登場!

SNKブランドより本日(5月10日) NEOZEO mini を発表しました!!
SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini」を発表!
「NEOGEO」の名作・傑作タイトルを40作品内蔵!
	
そもそもNEOGEOって!?
1990年にSNKが発売したアーケード用ゲーム機及び家庭用ゲーム機のプラットフォームの名称。アーケード用ゲーム機のソフトウェアを、従来の基板からROMカセット化し、自由にゲームを交換できる独自のシステムを開発。NEOGEOのアーケード用ゲーム機は、1台のゲーム機に複数のゲームタイトルを内蔵可能なことに加え、安価な価格設定により、全国のゲームセンターをはじめスーパーや駄菓子屋などにも設置されました。またNEOGEOの家庭用ゲーム機では、ソフトウェアをアーケード用ゲーム機のROMカセットと共通化。自宅でもアーケードと同じクオリティのゲームを楽しむことが可能です。100メガを超える大容量を誇ったNEOGEOは、当時のゲームファンの憧れでした。

出典:SNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini」を発表...

	
ゲームセンターとかにあるゲーム機ですね。
それが今回40周年ということで、手のひらサイズになって登場したそうです。

ってことはですよ!
持ち運びが可能になるんです!!


価格や発売日、何のタイトルがあるかはまだ未発表ですが、楽しみですねー!

何のタイトルが入っているのか考察してみた。

サムライスピリッツ斬紅郎無双剣
素手を中心とした従来の格闘ゲームと異なり、武器(主として刀)を用いて戦う。SNK黄金時代を築くのに一役買ったゲームでもあり、続編も数多く作られた。

強攻撃の斬りである通称「大斬り」は、隙は大きいものの通常時でも一撃で3割ほどの体力を奪っていくほど攻撃力が高い。さらにダメージを蓄積されると「怒り状態」となり、攻撃力はさらに上昇する。ただし一気に体力ゲージの半分以上を奪うような連続技はほとんどない。よってこのゲームでは大斬りを受けずにこちらの攻撃を当てていくかという駆け引きが要求される、まさに一撃がとても重いゲーム性になっている。

また、真剣勝負による「負け=死」という演出(決着後、遺体を黒子が運ぶなど)でのシビアさが緊張感を作り出している。『天下一剣客伝』などでは必ずしも「負け=死」ではなく、勝負後に会話のやり取りがあるなどマイルドな表現になっていることもある。

出典:サムライスピリッツ - Wikipedia

	
餓狼伝説 スペシャル
ネオジオでは初となる本格的な対戦格闘ゲーム。本作以前にSNK製作の格闘アクションゲーム『ストリートスマート』(1989年)が存在し、それが原点となっている。

出典:餓狼伝説 - Wikipedia

	
ザ・キング・オブ・ファイターズ
公式な略称は、頭文字を取った『KOF』(ケーオーエフ)。

このシリーズ作品では、基本的にプレイヤーは3人一組(作品によっては4人1組)のチームを選択し、他のチームと勝ち抜き戦を行うというシステムである。

出典:ザ・キング・オブ・ファイターズ - Wikipedia

	
龍虎の拳
父の失踪後、ストリートファイトで稼いでは妹と2人で暮らしてきたリョウ・サカザキ。だが、ある日妹のユリが何者かにさらわれてしまう。さらったのがサウスタウンに住む何者かであることが分かったリョウは、同門で友人のロバート・ガルシアと共に、幼い頃より叩き込まれた極限流空手を武器に、ユリ奪還のためサウスタウンへ向かう。

本作は、当時隆盛を極めていた『ストリートファイターII』シリーズを踏襲しつつ、そこへさらに独自のシステムが数多く取り入れられている。その一部は現在に至っても多くの格闘ゲームに採用されている。

出典:龍虎の拳 - Wikipedia

	
月華の剣士
同社の『サムライスピリッツ』シリーズ(以下『サムスピ』と表記)と同様に、キャラクターが刀などの武器を使うのが特徴の武器格闘ゲーム。

物語は、日本の江戸時代後期の幕末が舞台となっており、新撰組なども設定として登場する。また、陰陽道や四神といったオカルト要素も設定に深く関わっている。

出典:月華の剣士 - Wikipedia

	
これは入っているだろうと思われる5作品でした!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Oyuki

個人的に興味のあるところからまとめていきます。