• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【百円の恋】

【百円の恋】"百円程度の女"がボクシングと恋に目覚める!見どころとおすすめポイント【ネタバレなし】

Author:
tolawotolawo
Posted date:
【百円の恋】
	
安藤サクラを主演に、2014年に公開された映画「百円の恋」。"だらしない"という言葉がぴったりの32歳独身女性が、ボクシングをきっかけに恋や強さを見出していくストーリーです。

ひと言で言えば"大人の恋"ですが、少々過激な描写もあるためR-15指定されています(ベッドシーンも暴力シーンもあるので要注意)。

映画「百円の恋」のあらすじ

実家の両親が経営する弁当屋で、手伝いもせずに居候する32歳の独身女、一子。

これまでには、恋人どころかきちんと働いた経験もない。
自分の生活に危機感のひとつも持たない一子だが、ある日実家に帰ってきていた妹と大ゲンカになる。

興奮した勢いで一人暮らしを宣言した一子は、狭いボロアパートで初の一人暮らしをすることに。

さすがに生活費を賄えないと感じた一子は、近所のコンビニで深夜アルバイトをはじめる。

個性的な店員たちに興味を持たない一子だったが、ある日訪れた"バナナマン"と出会ったことでボクシングに目覚めていく。

物語のキー:一子が頑張る「理由」

突然訪れた"バナナマン"こと狩野(新井浩文)との出会いが一子の人生を変えていきます。

そのきっかけとなるのがボクシング。
スポーツとは縁のないように思っていた自分が、たまたま見たボクシングの試合で不思議と魅了されてしまうのです。

そのまま流れるようにボクシングをはじめますが、一子の年齢は32歳お腹もダルダルの典型的なおばさんです。基本的な動きすらままなりません。

それでも一子が頑張れる理由はどこにあるのでしょうか。
ボクシングが好きだから? 見返したい人がいるから?

見どころ①"自堕落おばさん"から"女性"に変わる瞬間

冒頭からニートらしい体型を見せてくれる一子は、妹からも男性経験がないことを嘲笑されています。

怒りっぽいのにやる気はない。やる気はないけどゲーム三昧。
絵にかいたような自堕落おばさんですが、彼女にも女性的一面はしっかり残っているのです。

ボクシングという格闘技を通して、大人の女性へと成長していく一子に注目しましょう。

見どころ②楽しくなさそうなデート

一子に興味を持った狩野はデートに誘いますが、デートシーンの「つまらなそう」感ったらこれ以上のものはありません。

ドライブ中も、動物園の中でもまったく盛り上がらないデート。「喋らないほうが好きなタイプ」とは少し違うような静かさです。

ただ、一子のボソボソ感は安藤サクラにしか表現できないでしょう…さすがの演技派です。

見どころ③ボクシングの厳しい世界

筆者はボクシングなんて実際に見たこともやったこともありませんが、そこがどんなに厳しい世界かということを痛感させられます。

殴られて鼻血が出ても立ち上がらないといけない世界なんて…無理です(断言)。

一子のボクシングが上達する過程はもちろん、私たちがふだん見ることのない厳しい世界をのぞき見できるのも見どころのひとつでしょう。

後半の対戦シーンはふつうに怖いです。ボクシング未経験者からすると恐怖でしかありません。

おすすめ度【★★★★☆】

(画像は、歯周病で口臭がやばいので手で隠して会話する一子)

★…安藤サクラの演技が最高。
★…淡々としたストーリーで分かりやすい。
★…描写が綺麗すぎない(むしろ汚い)ので共感しやすい。
★…ボクシングシーンかっこいい。立つんだ一子。
☆…オチもいいけど、手繋ぐ前に謝りなさい。


しっかりハッピーエンドなので締まりはいいですが、狩野さんの過ちは謝らなくていいのか…?となってしまいました。

後日思い出して謝った可能性を考慮して、総評は星4.5といったところでしょうか。

殴られまくって血だらけな姿が苦手でなければ、ぜひおすすめしたい作品です。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tolawo

フリーランスライター活動中…。 まとめを含む記事の執筆、書き起こしなど。立派な実績はありませんので書きまくって腕磨きます。お仕事はTwitterから。