• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
驚きのおもしろ力士画像

驚きのおもしろ力士画像

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
驚きのおもしろ力士画像
本来まじめなはずの日本の国技相撲の、ちょいちょい端々で見られるおもしろシーンや笑える状況などの紹介です。

なにかがおかしい力士の姿

なんか、ゲームの必殺技みたいになってるw
実際には、攻撃してるというより、勢い余ってつっこんで倒れるところでしょうけど。

相撲の決まり手にドロップキックてありましたっけか??

力士のバク転。
力士は運動神経と筋肉の塊と言われますからこれくらいできるのかもしれません。

こんなんやったら怒られるわw

いや、それじゃ前見えないでしょw

爆笑力士コラ系

本来ありえない、力士の姿と様々な場面とのコラ画像です。

そこは土俵じゃないw

なんでジャンプやねん

力士は素手で戦わないとなのに、なんだってライトセーバーを装備ww

おかしな動画集

	
	
	
	
	

参考:力士とは

力士(りきし、ちからひと)とは、相撲をする人間のこと。厳密には、相撲部屋に所属して四股名を持ち、番付に関わらず大相撲に参加する選手の総称。相撲取り(すもうとり)とも呼ばれる。しばしば関取(せきとり)と呼ばれることもあるが、元来は大関のことを指す異称であり、現代では十両以上の力士のことを指す。

幕下以下の力士は力士養成員(りきしようせいいん)と呼ばれる。また、本来は神事に関わる者であるため、日常会話では親愛と尊敬をこめてお相撲さんとも呼ばれる。
わんぱく相撲や大学の相撲部などのアマチュア相撲で相撲を取る者は四股名を持たないため厳密には力士ではない。

相撲はもともと神前で行われ、日本固有の宗教である神道にもとづき神に奉納される神事である。力士とは四股名を持ち、神託によって神の依り代になり特別な力(神通力)を備え、神からの御利益のある特別な者である。具体的には四股を踏む「しこ」とは醜女(しこめ)の「しこ」をあらわし、穢れ、邪気を祓う行為。それによりその土地に五穀豊穣や無病息災をもたらすと言われている。また、力士に赤子を抱いてもらうと、その子は健やかに育つと言われている。手形などは縁起物として珍重される。力士の中で最高位の者を横綱と呼び、全ての力士の象徴として神の依り代の証である「注連縄を張る」のは御神木や夫婦岩などと同じである。

実際に相撲を取る際には廻しだけを身につけ、足は素足、上半身裸で競技に臨む。髪の毛は伝統的に髷を結っており、番付によってその形が異なる。十両以上の力士は大銀杏を結い、幕下以下の力士は丁髷を結う。ただし、幕下以下の力士でも十両との取組がある場合や、弓取式を行う際には大銀杏を結うことができる。また、十両以上の力士は土俵入りの際には色とりどりの化粧廻しを身につける。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。