• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
百人一首の歌人まとめ 持統天皇

サムネイル出典:02 持統天皇

百人一首の歌人まとめ 持統天皇

Author:
MATANMATAN
Posted date:
百人一首の歌人まとめ 持統天皇

持統天皇について

じとうてんのう

645~702年

父は天智天皇、母は蘇我遠智娘。天武天皇に嫁ぎ、後に即位。天皇在位11年で孫の文武天皇に譲位。
天武天皇の皇后で、日本の第41代天皇。実際に治世を遂行した女帝である

出典:持統天皇 - Wikipedia

	
第 41代の天皇,女帝 (在位 690~697) 。名は高天原広野姫尊 (たかまのはらひろぬひめのみこと) ,幼名はう野讃良 (うののさらら) 。

出典:持統天皇(じとうてんのう)とは - コトバンク

天智天皇の第2皇女,母は蘇我遠智娘 (おちのいらつめ) 。
天智天皇の第二皇女。名は鸕野讃良(うののさらら)。和風諡号は高天原広野姫(たかまのはらひろのひめ)。天武天皇の皇后。

出典:持統天皇とは - 歴代天皇事典 Weblio辞書

	
第41代天皇。天智天皇の第2皇女。天武天皇の皇后。飛鳥浄御原宮で即位し、飛鳥浄御原令の施行や藤原京遷都などを行い律令体制の基礎を構築した。

出典:小倉百人一首・持統天皇 - 学ぶ・教える.COM

	
持統天皇は、夫・天武天皇の死んだ後、夫の理想を実現するため、天皇になりました。

出典:持統天皇を5分で!百人一首「春過ぎて…」の意味や天武天皇と...

日本で最初の大規模な都である「藤原京」をつくったお人です。

作品について

春過ぎて夏来にけらし白妙の
衣干すてふ天の香具山

上の句「春過ぎて」

はるすぎて
なつきにけらし
しろたへの
ころもほすてふ
あまのかぐやま

現代語訳

春が過ぎて夏が来たらしい。夏に純白の衣を干すという天の香具山なのだから。

出典:小倉百人一首・持統天皇 - 学ぶ・教える.COM

	
いつの間にか、春が過ぎて夏がやってきたようですね。夏になると真っ白な衣を干すと言いますから、あの天の香具山に(あのように衣がひるがえっているのですから)。

出典:【百人一首講座】春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の...

	
春が過ぎ、夏が来たらしい。夏になると白い衣を干すという天の香具山に真っ白な衣が干されている。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	

文法・語句解説

夏来にけらし

「けらし」は「けるらし」がつづまった形で、「らし」は推測を表します。現代文で言えば「らしい」にあたり、「夏が来たらしい」という意味です。

出典:【百人一首講座】春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の...

	
●夏 ― 陰暦の夏、すなわち、四・五・六月。
●けらし ― 「けるらし」がつづまった形。「ける(過去の助動詞)+らし(推定の助動詞)」で「~してしまったらしい」の意。

出典:小倉百人一首・持統天皇 - 学ぶ・教える.COM

	
”来にけらし”:「来にけるらし」の略で、「来たらしい」という意味。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	

白妙の

「白妙(しろたえ)」とは、コウゾなどの木の皮の繊維で織った真っ白な布のこと。「衣」にかかる枕詞です。

出典:【百人一首講座】春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の...

	
「衣」にかかる枕詞。その他、「雪・雲」など白いものにかかり、「真っ白・純白」の意味を表す。「白妙」は、楮類の樹皮の繊維で織った純白の布。

出典:小倉百人一首・持統天皇 - 学ぶ・教える.COM

	
”白妙の衣”:真っ白な衣のこと。白妙は白栲のあて字で、楮の繊維で織られる。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	

衣ほすてふ

「衣を干すという」との意味で、「てふ」は「といふ」がつづまった形です。

出典:【百人一首講座】春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の...

	
「てふ」は、「といふ」がつづまった形。直前には会話文・心内文などがあり、伝聞を表す。

出典:小倉百人一首・持統天皇 - 学ぶ・教える.COM

	

天の香具山

奈良県橿原市にある低い山で、大和三山の一つです。この山は天から降りてきたという伝説があり、そのため「天の」が頭につきます。

出典:【百人一首講座】春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の...

	
耳成山、畝傍山とともに大和三山の一。持統天皇の御世に都があった藤原京の中心から見て東南に位置する。万葉集には大和三山を男女の三角関係に見立てた歌があり、持統天皇の歌の背景には、額田王をめぐって争った天智天皇(持統天皇の父)とその弟、天武天皇(持統天皇の夫)の関係が連想される。

出典:小倉百人一首・持統天皇 - 学ぶ・教える.COM

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN