• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
百人一首の歌人まとめ 柿本人麻呂

サムネイル出典:03 柿本人麻呂

百人一首の歌人まとめ 柿本人麻呂

Author:
MATANMATAN
Posted date:
百人一首の歌人まとめ 柿本人麻呂

柿本人麻呂について

かきのもとのひとまろ

生没年未詳。

持統・文武朝(7世紀末~8世紀初)にかけて活躍した宮廷歌人。「万葉集」や「古今集」などに多く作品を残し、歌聖と仰がれている。三十六歌仙の一人。
後世、山部赤人とともに歌聖と呼ばれ、称えられている。また三十六歌仙の一人で、平安時代からは「人丸」と表記されることが多い。

出典:柿本人麻呂 - Wikipedia

	
持統,文武朝の歌人。『万葉集』中の年代を明記した歌によると,持統3 (689) 年から文武4 (700) 年まで作歌活動をしている。

出典:柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)とは - コトバンク

下級官吏として天皇や諸皇子に仕え,その歌才のゆえに宮廷歌人的な役割も果していたようで,官命によって地方を旅行したり,地方官になったこともあると考えられている。
万葉集の代表的な歌人。長歌,特に挽歌に優れ,枕詞・序詞などの和歌技巧を駆使した荘重雄大な歌風によって,後世歌聖としてたたえられた。

出典:柿本人麻呂とは - Weblio辞書

	
飛鳥時代の歌人、三十六歌仙の一人で、歌聖とも評されています。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
生没年不詳。白鳳時代を代表する歌人。歌聖。三十六歌仙の一人。雄大で力強い歌風に特徴があり、長歌の完成度は比類がない。下級官吏という説があるものの詳細は不明。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
持統天皇の頃の宮廷歌人で、三十六歌仙の一人。下級官吏で710年ごろに石見国(現在の島根県益田市)で死んだといわれます。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

万葉集の代表的歌人の一人で、長歌20首、短歌75首が収められています。
万葉集には少なくとも八十首以上の歌を残している。また万葉集中に典拠として引かれている「人麻呂歌集」は後世の編纂と思われるが、そのうち少なからぬ歌は人麻呂自身の作と推測されている。勅撰二十一代集には二百六十首程の歌が人麿作として採られている。

出典:柿本人麻呂(柿本人麿) 千人万首

	

作品について

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の
ながながし夜をひとりかも寝む

上の句「あしびきの」

あしびきの
やまどりのをの
しだりをの
ながながしよを
ひとりかもねむ

現代語訳

山鳥の尾の垂れ下がった尾が長々と伸びているように、秋の長々しい夜を一人で寝ることになるのだろうか。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
山鳥の尾の、長く長く垂れ下がった尾っぽのように長い夜を(想い人にも逢えないで)独りさびしく寝ることだろうか。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

	
山鳥のあのたれさがった尾のように長い夜を、私は一人で寂しく眠るのであろうか。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	

文法・語句解説

あしびきの

「山」にかかる枕詞。万葉集では「あしひきの」で、「ひ」は清音。中世以降に濁音化し「び」となる。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
山に関係した言葉にかかる枕詞で、ここでは「山鳥」にかかっています。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

	

山鳥

キジ科の鳥で尾羽が長い。雄と雌が夜になると谷を隔てて別々に寝るとされることから、独り寝を象徴する語として用いられることがある。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
「山鳥」はキジ科の鳥で雄の尾が非常に長いと言われます。そ のため「長いこと」を表す時に使われます。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

「の」は連体格助詞で「…で」や「…であって」の意味です。全体で「山鳥の尾であって」のような意味になります。

しだり尾の

「しだり(ラ行四段の動詞“しだる”の連用形)+尾」で、「長く垂れ下がった尾」の意味。「の」は、比喩を表す格助詞。初句からこの三句までが序詞で、次の「ながながし」を強調。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
”しだり尾”:垂れ下がっている尾のこと。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
「しだる」は「下に垂れる」という意味の動詞で、連用形「しだり」に「尾」が付いた名詞です。「の」は「のような」の意味の格助詞で「下に垂れる尾のような」の意味。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

最初からここまでが、「長々し夜」を導き出す序詞になります。

ながながし夜

「ながながし」は、形容詞の終止形を名詞化することで、「夜」と合わせて複合語となる。終止形を連体形の代わりに用いたとする説もある。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
 長い長い夜のこと。「長し」を重ねることで強調しています。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

	

ひとりかも寝む

「か」と「む」は、係り結び。「か」は、疑問の係助詞。「も」は、強意の係助詞。「む」は、推量の助動詞の連体形。

出典:小倉百人一首・柿本人麻呂 - 学ぶ・教える.COM

	
「(逢いたい人にも逢えないで)ひとり(寂しく)寝ることでだろうかなあ」という意味。「ひとり」は名詞ではなく、「ひとりで」という意味の副詞です。

出典:【百人一首講座】あしひきの山どりの尾のしだり尾の ながなが...

「か」は疑問の係助詞、「も」は強意の係助詞、「む」は推量の助動詞です。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。