• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
船で上海 インドまでの道程 西成暮らし

サムネイル出典:

船で上海 インドまでの道程 西成暮らし

Author:
gsdiarygsdiary
Posted date:
Update date:2018年05月19日
船で上海 インドまでの道程 西成暮らし
  1. 2018年
  2. 5月10日

    船でインド

    船で行く外国 インドまでの道のり
  3. 						

    						

no飛行機 船と電車でインドへ

インドだもの。何しに飛行機やねん。長澤まさみやねん?
世界が平和になるんだからインド。とか哲学的に、

大阪といえば

おっさんたちと遊べる人情の町

インドへ行こう。そうと決まればまずチケット、なんて安直な旅行より、男なら旅をしろ。そう、船だ。鉄道だ、キャッリービジネスお釜パック否。リュック、いや極めれば紙袋だって、

大阪の地下鉄はまあまあアジアやな。

まずはインド大使館へ、インドへ行くならひとまず大阪?
要注意、中国拉薩の入域許可証。(ネパール国境へ)2014年ころ拉薩(チベットへは許可証がないと入れなかった。)
飛行機のチケットが買えたものの搭乗手続きで拒否と。鉄道は買うこともできなかった。
現地のバイトのおにーちゃんが、代理で買ってやる。と、回ったが、ジャパニパス窓口へ当然不可。

中国大使館でとるのがベター。旅を味わうなら現地、国際旅行社と書いて人に尋ねてみよう。

この糞島を出よう。中国人はとてもやさしい。
船で外国へ。
上海までは2拍3日。さすが上海のふねとあってカップラーメンはもちろん日清で、いきなり中国の安ビールが観光価格で飲める。
上海へ3日目の正午ごろ。到着すると、簡単な荷物検査(犬)、拍子抜けする審査で上海の町へ。
いつも混んでいるので、日本の帰省ラッシュの感覚で当日は難関。

上海駅までは車で20分。

ぶらぶら歩いても付くし、案外というか身の危険はない。
上海駅の隣の券売で拉薩が買える。
しかし、
暇やし四川で火鍋

中語 ネパール ベトナム

移動はかなり楽。

都市間があるから寝ていられる
ベトナムへ 拉薩許可証はかなり面倒。ベトナムへはバスでも行ける。
ナンニンへ。

ナンニンは中国の南西

ベトナムまで6時間。
ベトナムへ着けば、タイ、ラオス。タイへ着けば、ミャンマーまで。インドへは少数民族居住地のため通り抜け不可。
タイからはビーチの島。または満月祭り

パンガンマップ

浜別に静かな場所、祭りの浜、

島民は基本的に味方が多い。
島内移動は乗り合いか原チャ借り。

島には珍しいキノコなど。
おじさんは島の若者のやりまくり事情にうんざり。
言い方を変え正直に言えばうらやまし限りだ。が、、、

ミャンマー バス 峠で一泊

バンコクから気軽にミャンマーへと思いたったが最後。
これが国境越えを地で行く現地流。
日本人とはつくづく機械としては一流なのだが、人間の味がないんだな。と、こう感じてしまうのは自分が生きる気力がないからだ。
気力は風と流れ戦争の被害に比べると布団があるだけとか、保身にすがる、
戦争地で戦うほうがまだ健全だ。陰湿に政治の圧力によって自殺や殺人を起こさせる腐った政治下に暮らすよりは。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gsdiary