• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
モフモフしててかわいい猛禽類のフクロウ

モフモフしててかわいい猛禽類のフクロウ

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
モフモフしててかわいい猛禽類のフクロウ
本来獰猛なはずが、親身に世話すればなつくこともあって、近年ペットとしても人気の出てきたフクロウ情報の紹介です。

フクロウとは

言わずと知れた猛禽類の代表格で有名なフクロウ。フクロウ(梟、鴞、学名:Strix uralensis Pallas, 1771)は、フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される猛禽類である鳥類の一種。夜行性であるため人目に触れる機会は少ないが、その知名度は高く、「森の物知り博士」、「森の哲学者」などとして人間に親しまれている。木の枝で待ち伏せて音もなく飛び、獲物に飛び掛かることから「森の忍者」と称されることがある。

スカンジナビア半島から日本にかけてユーラシア大陸北部に帯状に広く分布する。温帯から亜寒帯にかけての針葉樹林、混交林、湿地、牧草地、農耕地などに生息し、留鳥として定住性が強い。
日本では、九州以北から、四国、本州、北海道にかけて分布する留鳥で、平地から低山、亜高山帯にかけての森林、農耕地、草原、里山などに生息する。大木がある社寺林や公園で見られることがある。

単独またはつがいで行動し、渡りは行わない。夜行性で昼間は樹洞や木の横枝などでほとんど動かず目を閉じて休息している。夕方から活動を始めるが、日中に行動することもある。冬場の獲物が少ない時[25]や強風や雨天が続いた場合は昼間でも狩りを行ったり、保存した獲物を食べる。
目は人間の10-100倍ほどの感度があるとみられていて、目で遠近感をつかめる範囲は60-78度と広いが、視野は約110度と狭く、これを補うために首は上下左右約180度回り、真後ろを見ることができる。体を動かさずに首だけで約270度回すことができる。

出典:

	

近年のペットブームと、ペットの多様化で、徐々にではありますが、フクロウを飼う人が増えたり、フクロウ好きのためのフクロウカフェが誕生したりして、触れ合える機会が増えてきています。
	

かわいいギャラリー

赤ちゃんはふわふわの羽毛☆

いっぱいいて、みんなこっち見てるww

異文化コミュニケーションw

全長は50-62 cm、翼開長は94-110 cm、尾長は22-25 cm。日本のフクロウ類ではシマフクロウ(全長約71 cm)、ワシミミズク、シロフクロウ(全長約58 cm)に次いで大きく、ハシボソガラス(全長約50 cm)と同じ程の大きさ。体重はオスが500-950 g、メスが570-1,300 g。
と結構大きくなります。

本来猛禽類で、食物連鎖の頂点に位置する強い鳥なんですけどね・・・。こうして人に飼いならされてるとかわいいペットです。

かわいいフクロウ動画

	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。