• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
百人一首の歌人まとめ 参議篁

サムネイル出典:11 参議篁

百人一首の歌人まとめ 参議篁

Author:
MATANMATAN
Posted date:
百人一首の歌人まとめ 参議篁

参議篁について

さんぎたかむら

802~852年。

小野篁と呼ばれる。父は参議岑守。隠岐に流されるが、後に復官し参議・従三位に至った。
平安時代前期の公卿・文人。 参議・小野岑守の長男。官位は従三位・参議。異名は野相公、野宰相、その反骨精神から野狂とも称された。小倉百人一首では参議篁(さんぎたかむら)。

出典:小野篁 - Wikipedia

	
文人官僚。令義解を編纂。遣唐副使となるも、二度の渡航に失敗した後、三度目は大使藤原常嗣と乗船の選定で衝突して渡航拒否。嵯峨上皇の逆鱗に触れ、隠岐に配流。後に許されて参議となる。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
834(承和元)年に遣唐使の副使に選ばれ、836(承和3)年に唐に向けて出発しましたが難破して帰国。837年の再出発の時に破損した船に乗せられそうになり喧嘩をしたため、当時の嵯峨天皇の怒りにふれ、2年間隠岐に流されました。

出典:【百人一首講座】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人にはつ...

後に文才を惜しまれ、都に戻され参議にまで出世しています。
子どもの頃は弓馬を好んでいましたが、後に学問転じて、漢詩文などで名を上げました。和歌にも優れた平安初期の学者で、同時代の在原業平と共に、参議篁は高い評価を受けています。

出典:百人一首/参議篁(さんぎたかむら)

承和三年、篁は遣唐副使に任ぜられましたが、訳あって、大使・藤原常嗣と争って乗船しなかったため、隠岐の島に流罪になりました。

作品について

わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと
人には告げよ海人の釣船

上の句「わたの原」

わたのはら
やそしまかけて
こぎいでぬと
ひとにはつげよ
あまのつりぶね

現代語訳

大海原のたくさんの島々を目指して漕ぎ出してしまったと都にいる人に伝えてくれ。漁師の釣舟よ。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
大海原の島々を目指して漕ぎだして行ったと、都の人には告げてくれ、漁師の釣り船よ。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

この歌の背景には、作者の篁が体験したある事件があります。
それは篁が遣唐副使に任ぜられ船で出発する際、大使である藤原常嗣が自分の破損した船に篁を乗せ、篁の船に常嗣が乗ろうとした横暴に篁が反発し、船に乗らなかった事で嵯峨天皇の怒りにふれ、隠岐に流されてしまったということ。
真冬に隠岐に向かう自身の心情が痛いほど込められている歌です。
広い海を、たくさんの島々を目指して漕ぎ出して行ったよ、と都にいる人々には告げてくれ、漁師の釣り船よ。

出典:【百人一首講座】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人にはつ...

	
(篁は)はるか大海原を多くの島々目指して漕ぎ出して行ったと、都にいる親しい人に告げてくれないか、そこの釣舟の漁夫よ。

出典:百人一首/参議篁(さんぎたかむら)

	

文法・語句解説

わたの原

大海原。「原」は、大きく広がるさまを表す。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
大海原のこと。「わた」は海の古語。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	

八十島かけて

「八十」は、「多数」の意。「かけ」は、動詞「かく」の連用形で、「目指す」の意。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
”八十島”:多くの島々。 ”かけて”:目がけて。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
「八十(やそ)」は「たくさん」を意味する言葉です。また「かけ」は動詞「かく」の連用形で「目指して」という意味になります。

出典:【百人一首講座】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人にはつ...

	

漕ぎ出でぬと

六音で字余り。「ぬ」は、完了の助動詞で、「~てしまった」の意。「と」は、引用の格助詞。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
「ぬ」は完了の助動詞。漕ぎだしたということ。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
「ぬ」は完了の助動詞で「漕ぎ出したよ」という意味になります。

出典:【百人一首講座】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人にはつ...

	

「京なる人」すなわち「都にいる人」を表す。この場合は、京に残してきた肉親や知人を含む身近な人々。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
「人」とは、都にいる人々を指します。

出典:【百人一首講座】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人にはつ...

	

告げよ

動詞「告ぐ」の命令形で、依頼・懇願を表し、「釣舟」にかかる。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	

海人の釣舟

「海人」は、「漁師」の意。「釣舟」は、「告げよ」の対象で、擬人化されている。この歌は、篁が隠岐に流された時に詠んだもので、高官であった作者が、漁師の釣舟(身分は低くとも自由にどこへでも行ける漁師)に懇願しなければならない苦悩を表している。

出典:小倉百人一首・参議篁(小野篁) - 学ぶ・教える.COM

	
「海人(あま)」とは、「漁師」の意味で、「釣り舟」を人間に見立てて呼びかける、擬人法を使っています。

出典:【百人一首講座】わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人にはつ...

	
人にではなく、釣り船に語りかけていますが、これによって、歌全体に哀しい孤独感が漂っていて、これからの暮らしや境遇に対しての篁の決意が、よく伝わってくる和歌となっています。

出典:百人一首/参議篁(さんぎたかむら)

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN