• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
百人一首の歌人まとめ 河原左大臣

サムネイル出典:14 河原左大臣

百人一首の歌人まとめ 河原左大臣

Author:
MATANMATAN
Posted date:
百人一首の歌人まとめ 河原左大臣

河原左大臣について

かわらのさだいじん

822~895年。

源融。嵯峨天皇の皇子。東六条に河原院などの豪邸を造る。宇治に造った別荘は後の平等院である。
嵯峨天皇の皇子で臣籍降下し、源の姓を賜る。六条河原に住んだことから河原左大臣とよばれた。宇治の別邸は後に平等院となる。贈正一位。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

	
本名を源融(みなもとのとおる)といいます。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
紫式部『源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルの一人といわれる。

出典:源融 - Wikipedia

	
嵯峨(さが)天皇の皇子、源融(みなもとのとおる)のことで成長して後、臣籍(しんせき=家臣となること)に下って源氏の姓を受け、左大臣従一位となりました。後に荒れさびて歌の舞台となる京都・賀茂川の河原院を邸宅としていた人物です。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

	
元は嵯峨天皇の皇子でしたが、皇族をはなれて源の姓を名乗りました。貞観十四年(872)に左大臣となり、京都六条の河原院に住んだことから、河原左大臣と呼ばれるようになりました。

出典:百人一首/河原左大臣(かわらのさだいじん)

	

作品について

陸奥のしのぶもぢずりたれゆゑに
乱れそめにしわれならなくに

上の句「陸奥の」

みちのくの
しのぶもぢずり
だれゆえに
みだれそめにし
われならなくに

現代語訳

陸奥のしのぶずりの模様のように心が乱れはじめたのは誰のせいか。私のせいではないのに。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

	
陸奥産のしのぶずりの乱れ模様のように私の心も乱れているのは、他ならぬ貴方の為なのです。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
陸奥で織られる「しのぶもじずり」の摺り衣の模様のように、乱れる私の心。いったい誰のせいでしょう。私のせいではないのに(あなたのせいですよ)。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

	
奥州のしのぶもじずりの乱れ模様のように、私の心も(恋のために)乱れていますが、いったい誰のためにこのように思い乱れているのでしょう。 (きっとあなたの所為に違いありません)

出典:百人一首/河原左大臣(かわらのさだいじん)

	

文法・語句解説

陸奥

白河関以北の地。現在の福島・宮城・岩手・青森の4県にほぼ相当する地域。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

	
現在の東北地方の太平洋側にあたる東半分を指します。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

	

しのぶもぢずり

「(捩摺)もぢずり」は、陸奥の信夫(しのぶ)地域で産した乱れ模様に染めた布。信夫摺り(しのぶずり)ともいう。ここまでが序詞で、「乱れそめにし」にかかる。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

	
福島県信夫地方の特産品で、捩れ模様の摺り衣のこと。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
「もぢずり」とは、現在の福島県信夫地方で作られていた、乱れ模様の摺り衣(すりごろも)のこと。摺り衣は忍草(しのぶぐさ)の汁を、模様のある石の上にかぶせた布に擦りつけて染める方法で「しのぶずり」などとも言われます。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

この「しのぶ」は、産地の信夫とも、忍草のことだとも言われます。ここまでが序詞で、後の「乱れそめにし」にかかります。
福島県の旧信夫郡あたりで使われていた、乱れ模様に染められた布のこと。

出典:百人一首/河原左大臣(かわらのさだいじん)

	

誰ゆゑに

誰のせいで。「誰ゆゑに」の後に続くはずの疑問・反語の係助詞(終助詞とする説もある)が省略されている。その部分を補って、「誰のせいか」と訳す。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

	
誰のせいでそうなったのか、という意味です。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

	

乱れそめにし

「そめ」は、「染め」と「初め」の掛詞。「乱れ」と「染め」は、「もぢずり」の縁語。「し」は、過去の助動詞の連体形。本来あるはずの疑問・反語の係助詞と係り結びとなるため、終止形ではなく連体形となっている。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

	
乱れ初めた。「染め」とかけている。

出典:百人一首全首一覧と意味、解説。小倉百人一首人気和歌ランキ...

	
乱れはじめてしまった、という意味。「そめ」は「初め」の意味とともに、「染め」にも引っかけられています。「乱れ」と「染め」は「もぢずり」の縁語です。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

	

われならなくに

「な」は、上代(奈良時代以前)に用いられた打消の助動詞。「く」は、その接尾語。「に」は、詠嘆の意味を含む逆接の接続助詞。終助詞とする説もある。「われならなくに」で、「私のせいではないのに」の意。

出典:小倉百人一首・河原左大臣(源融) - 学ぶ・教える.COM

「あなたのせいだ」という内容の表現が省略されている。「私なら泣くのに」ではない。
「私のせいではないのに」という意味で、暗に「あなたのせいよ」という意を秘めています。

出典:【百人一首講座】陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにし...

	
「なく」は打ち消しで、「私ではないのに」の意

出典:百人一首/河原左大臣(かわらのさだいじん)

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN