• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【綾野剛どこ!?】園子温監督の衝撃作品「愛のむきだし」映画見どころと俳優探し【ネタバレなし】
殿堂

【綾野剛どこ!?】園子温監督の衝撃作品「愛のむきだし」映画見どころと俳優探し【ネタバレなし】

Author:
tolawotolawo
Posted date:
【綾野剛どこ!?】園子温監督の衝撃作品「愛のむきだし」映画見どころと俳優探し【ネタバレなし】
	
2009年、個性派監督園子温を監督に公開された映画【愛のむきだし】。そのあまりの過激な描写の数々に大きな話題を呼びました。上映時間はなんと237分約4時間にわたります。壮大なストーリーのなかでも"宗教"がメインテーマになっていますが、もうひとつ重要な"盗撮"に関しては園子温監督自らが出会った盗撮のプロのお話が基になっているのだとか。

主演には人気アーティストAAAの西島隆弘、ヒロインに満島ひかりという意外なコラボ。

その他主要キャストには安藤サクラ渡辺真起子渡部篤郎板尾創路などなどそうそうたる俳優陣がそろっています。
さらに最近になって話題にあがるようになったのが、大人気俳優綾野剛、バラエティでも活躍中の松岡茉優が登場していたということ。綾野剛はボーっと見ているとまったく気付かないくらいの出演時間で、松岡茉優に関してはそもそも12~13歳の子役時代なので少し面影あるかな?程度でしょう。

今回は、あらすじや見どころに加えて「綾野剛どこやねん!」の疑問にお答えいたします。

もう少し大きくなった松岡茉優が出演した映画「鈴木先生」も紹介しております。

映画「愛のむきだし」のあらすじ

主人公、17歳のユウ(西島隆弘)は、クリスチャンの両親のもとに生まれた。
美しい母(中村麻美)は若くして病死し、ユウに「マリアのような人を見つけて、お母さんに教えてね」と言葉を残した。

父(渡部篤郎)と2人の生活になってからは、マリアに出会う日を夢見て楽しく生活していた。
ところがそんな人生も、神父である父のもとにカオリと名乗る女が訪れてから崩壊しはじめる。

カオリの執拗なアプローチにはじめは拒否していた父だが、やがてカオリの望み通り愛人となる。
しかしその幸せもつかの間、カオリは突然父のもとを去ってしまうのだ。

カオリが出ていったことにショックを受けた父は、ユウに見せる態度を一変させる。
毎日"懺悔"を行い、ユウが「罪はない」と主張しても「何かあるはずだ」と迫るのだ。

その異様なプレッシャーから、故意に罪を犯すようになったユウ。
はじめは些細なことだったが、次第に"盗撮"にまで手を出すことになり…。

物語のキー:ヨーコが恋したサソリ

本作では宗教犯罪友情愛情などさまざまなテーマが複雑に絡み合っています(なんといっても4時間あるので)。

主人公のユウは父親の愛情を手放すまいと自ら犯罪行為を望みますが、そこで出会うのが"盗撮のプロ"。

なんともばかばかしい場面がたくさん登場しますが、努力して得た盗撮技術も、クリスチャンである父には「変態だ」と見放されてしまうのです。
そして、その盗撮をきっかけにはじまった罰ゲームでユウが扮したのが"サソリ"という女性。
背が高くて強い女性、サソリに一瞬で心を奪われたのが17歳のヨーコ(満島ひかり)。

ところが2人がこのタイミングで出会ってしまったために、物語はもっと悲惨な方向へ走っていきます。

見どころ①出演者たちの怪演技

サソリとヨーコの恋の行方は…!?というのが最終的な結末になるのですが、
運命の出会いを邪魔して別の運命を作ってしまうのが、キーマンでもあるコイケ(安藤サクラ)。

そしてこの安藤サクラの奇行ぶりには終始驚かされます。本当に気持ち悪いです。
のちにユウの父やヨーコらを操る新興宗教のゼロ協会にも、このコイケが大きく関わってきます。

さらに、怪演技が魅力的なのは安藤サクラだけではありません(彼女はダントツですが)。
主演の西島隆弘はじめ、満島ひかり、渡部篤郎・・・主要人物はみな怖いです。しかも、じわじわと狂っていく様を4時間かけてたっぷり堪能することができます。

見どころ②ばかばかしい"盗撮"の技術

ユウが父に見放される要因となる"盗撮"。
このあたりのシーンには賛否両論あるかと思いますが、「ありそうでない」という微妙なラインなのに「とてつもなく非現実的」という奇妙な感覚に襲われるでしょう。

それはやはり監督が知る盗撮のプロの実話に基づいているからなのかもしれません。
ユウが師匠に盗撮を教わり、みるみるうちに上達していく過程は見ごたえアリです。

見どころ②極端に"むきだした"愛情

映画タイトルにもある通り、全体を通して
いろいろな人がいろいろな人に愛をむきだしています。

注目すべきは、むきだし方が極端すぎるというところ。
ユウも、ユウの父も、カオリもヨーコもコイケも。みんながみんな愛情を求めて、逸脱した方法で表現してしまっているのです。

しかしそれがすべて間違っているかというと、簡単に断言することはできませんよね。
すべての人が愛情を欲していて、欲しいものを得るためにはどうするべきかを考えています。

むきだした欲望を受け止めてもらえたとき、はじめてそれを愛として成立させることができるのかもしれません。

で、綾野剛はいずこ?

ようやく明らかになるときがきました。綾野剛どこやねん問題。

実は、どんな役で出ているのかを知ったうえで観ていると案外すんなり見つけられます。
どんなシーンかというと、こんなシーン。
おそらく本編初の登場シーンがこれ。ユウこと西島隆弘を歓迎するシーンです。本当に綾野剛です。
しかしこれだとさすがに分かりにくいので・・・。

どこからどうみても綾野剛…!な綾野剛。

長髪にしているので見落としがちですが、しっかり出演しております。セリフもがっつりございます。

同時期に公開された映画では「クローズZEROⅡ」漆原凌役で出演。「愛のむきだし」でのつかの間のロン毛綾野剛を堪能しましょう。

意外と深い松岡茉優のセリフ

綾野剛の貴重な出演シーンが判明したところで、次は女優松岡茉優。
松岡茉優は1995年生まれ、映画公開は2009年なので当時小学校6年生か中学校1年生でしょうか。

そして・・・。
こちらが要注目の出演シーン。なんて素朴な少女なんでしょうか。

分かってから見ると「面影あるな~」と思いますが、知らずに見るとまったく気づかないorなんとなく見たことある…というくらいでしょう。
しかし松岡茉優が演じるこの少女、ただの少女かと思いきやとてつもなく深い言葉をつぶやきます。

ヨーコに衝撃影響を与えるちょい役松岡茉優の出演シーンも必見です。

おすすめ度【★★★★★】

★…複雑なわりに分かりやすい人物相関
★…個性派キャストだらけで気持ち悪い(褒)
★…なぜかラストでほろっとくる
★…4時間あっという間に終わる
★…好き嫌いが分かれるタイプなので星0.5

総評は星4.5。

個人的には満点としたいところですが、「つまらない!最悪!」みたいな意見も多数あるのでおすすめ度としてはマイナス0.5
終盤で何気に感動シーンを挟んでくるのがズルいですよね。それまでがそれまでなので思わずウルウルしてしまいます。

グロ・エロ・キモの豪華三点盛りなのでぜひとも見ていただきたいですが、残虐描写が苦手な方はもちろん、くだらない(ありえない)展開が好きじゃない方にはあまりおすすめできません。

たいして、園子温節が好きだけど長くて…という方が観ると、あっという間に4時間が過ぎてしまうでしょう。正午に観ても終わったら夕方になっているので若干のショックもありますが。

数々の名俳優とちょい役の綾野剛・松岡茉優鑑賞も兼ねて、園監督が作り上げた壮大なラブストーリーを存分に楽しみましょう!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tolawo

フリーランスライター活動中…。 まとめを含む記事の執筆、書き起こしなど。立派な実績はありませんので書きまくって腕磨きます。お仕事はTwitterから。