• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
幻想的で美しい青い火山・・・イジェン火山|場所はインドネシア

幻想的で美しい青い火山・・・イジェン火山|場所はインドネシア

Author:
destinydestiny
Posted date:
幻想的で美しい青い火山・・・イジェン火山|場所はインドネシア
東ジャワ州のイジェン火山とブロモ・テンガー・セメル火山を訪れる旅で、シカゴに拠点を置く写真家のルーベン・ウー氏はイジェンのブルー・ファイヤー・クレーターの底にある噴気口から流れる溶存硫黄の異常な光景を捉えました。この地域は通常観光客で賑わっていますが、ウー氏はこれらの異世界のイメージを撮影するために月が上がるまで日没後に宿泊しました。

岩の多い火山の側面を2時間歩くと、さらに45分のハイキングが行われ、クレーターの堤防に向かいます。ベースで発見された青い火は、摂氏600度(華氏1,112度)まで燃焼し、空気中に最大5メートル(16フィート)まで燃え尽きる点火された硫黄ガスです。それは地球上で最大の「青い炎」エリアです。
う~ん、ただ流れているだけじゃないし光っているみたいできれいですね。
日本の光る海ボタルみたいにも見えます。
炎は最大5メートル(16フィート)の高さ。ガスの一部は液体に凝縮し、依然として点火される。それは世界で最も大きい青い炎の区域であり、地元の人々はそれを「青い火山」と呼んでいる。
イジェン火山とその硫黄鉱業は、1991年のIMAX映画「Ring of Fire」と、BBCのテレビドキュメンタリー「Human Planet」の第5話のトピックとして紹介されました。

出典:Ijen - Wikipedia

	
アフリカのダロル火山。こちらも青い!!
イジェン火山の主要噴火口にある硫黄鉱山で働く鉱夫は、青い溶岩の光景を楽しむことができない。なぜならこの色は夜だけしか見られないからだ。
しかし、実際には青色は溶岩そのものではなく、火山内部で圧縮されて蓄積された硫黄ガスであり、空気中に浮遊して燃焼すると燃焼し、液体に凝縮して明るい青色を保ちます。
火山地域の硫黄の存在は珍しいことではありませんが、この現象は頻繁には記載されていないため、インドネシア火山の「青い火山」は地球上で最大です。

出典:Las espectaculares imágenes de lava azul de un volcán en ...

	
この青色は溶岩そのものではなかったんですね・・・。だいたい火山というと赤とかオレンジのイメージありますが、不思議な光景ですね。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
destiny