• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
SNSが猛威をふるう…!湊かなえ原作映画「白ゆき姫殺人事件」あらすじと見どころ【ネタバレなし】

SNSが猛威をふるう…!湊かなえ原作映画「白ゆき姫殺人事件」あらすじと見どころ【ネタバレなし】

Author:
tolawotolawo
Posted date:
SNSが猛威をふるう…!湊かなえ原作映画「白ゆき姫殺人事件」あらすじと見どころ【ネタバレなし】
	
2014年、湊かなえの小説を原作に映画化された【白ゆき姫殺人事件】。近年急速に発展しつつあるSNSをテーマに、私たちが情報を"鵜呑み"にすることの恐ろしさをひしひしと感じさせてくれるストーリーになっています。

主要キャストには、井上真央(主演)、菜々緒綾野剛蓮佛美沙子染谷将太…などなど、数多くの豪華キャストが出演しております。

映画「白ゆき姫殺人事件」のあらすじ

ある日、国定公園のしぐれ谷で三木典子(菜々緒)が殺害される。
容疑者はまだ上がっておらず、全国民が"美女殺害事件"に注目していた。

報道メディアで契約ディレクターとして勤務する赤星雄治(綾野剛)は、友人女性である狩野里沙子(蓮佛美沙子)から「犯人かもしれない人がいる」と知らされる。

"ネタ"を掴んだ赤星は、狩野からの情報をすべてSNSサイトにアップしていく。
するとまたたくまに拡散され、狩野はSNS上で注目される存在となった。
知人女性が「犯人かもしれない」としたのは、被害者・三木と同じ化粧品会社に勤務する城野美姫(井上真央)。城野が事件直後から姿を消していることも理由のひとつだった。

やがて雄治は、狩野の話をもとに取材した動画をテレビで放送し、SNS上では有力な情報を発信し続けるのだが…。

物語のキー:狩野の証言

すべてのはじまりは、雄治の知人である狩野の証言。
「私知ってるよ、ぜったいあの人が犯人だよ!」と安易に発言し、雄治が安易に信用したことが最悪な物語へと発展させていきます。

一見すると複雑な構成に見えますが、はじめから最後までこの"証言"が大事な鍵になります。

さらに、雄治に情報を提供するのは狩野だけではありません。狩野の友人や、会社の係長である篠山(金子ノブアキ)も城野を犯人とし、取材に協力します。

果たして、彼らの証言はどこからどこまでが本当なのか…?

見どころ①SNSの脅威

この映画の見どころは、何と言っても「SNSの怖さ」。
生活の中心になりつつあるとも言われるSNSが、日本全体の情報を誤ったほうへ向けさせ、たった1人の女性を標的にするのです。

信ぴょう性のない情報を鵜呑みにしてしまった経験、みなさんにもあるのではないでしょうか。

見どころ②注目される気持ちよさ

城野に関する情報が拡散され続けるのには、雄治が得る"快感"も関係しているでしょう。

短い文章で真実を世間に提供し続け、次第に注目度が高まる雄治。
自分の発言がたくさんの人に影響を与えていると思うと、当然気持ちがいいものです。

その気持ちよさが安易な行動を起こさせ、最終的には他人の人生をも決めてしまうきっかけになるのですね。

見どころ③"みんなで"作り上げるストーリー

城野が犯人であると知ったあと、雄治は城野や被害者のこれまでを関係者から聞き出します。

そのどれもがもっともらしいストーリーですが、結末に近づくにつれ「嘘がいつの間にか本当になる」ということを痛感するでしょう。

さらに、ニュース番組に出演する生瀬勝久山崎満らのコメントにも要注目です。

おすすめポイント【★★★★☆】

★…SNSやメディアの怖さがよく分かる
★…"作り話"も"真相"も映像で見せてくれる
★…菜々緒の悪女感
★…みんなの噂が恐ろしすぎる
☆…ミステリー性は低い・ひたすら暗い

総評は星4。

とにかく、SNSやみんなの噂が恐ろしい映画。はじめは真実らしいストーリーを振り返っていきますが、だんだんとそれらが嘘で固められていことを知らされます。
ただ、勘のいい人なら比較的早い段階で結末に気付いてしまうでしょう。謎を解いていくうえでの"どんでん返し"は弱いので、意外性が欲しい人にはあまりおすすめできないかもしれません。

SNSや報道がもたらす社会の脅威と、真偽を疑わざるを得ない情報の混濁・・・ただのフィクションでは済ますことができないリアルなミステリー映画です。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tolawo

フリーランスライター活動中…。 まとめを含む記事の執筆、書き起こしなど。立派な実績はありませんので書きまくって腕磨きます。お仕事はTwitterから。