• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】沖縄では夏にもインフルエンザが流行する

【雑学まとめ】沖縄では夏にもインフルエンザが流行する

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】沖縄では夏にもインフルエンザが流行する

はじめに

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。

(画像:電子顕微鏡により約10万倍に拡大された陰性インフルエンザウイルス)
インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症であるが、「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」である。

出典:インフルエンザとは

	
風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節痛や筋肉痛を伴います。

出典:インフルエンザとは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|...

風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。
インフルエンザでは38℃以上の高熱や強い悪寒や、体のだるさ、頭痛、筋肉痛、関節痛など、症状が全身に急激に出現してくるのが特徴です。

出典:インフルエンザ初期症状、治療法、予防法。お医者さんが詳し...

鼻水やくしゃみなどの症状は、遅れて現れてきます。
A型、B型、C型の違いは、ウイルス粒子を構成するタンパク質のうち、M1蛋白(構造タンパク質)とNP蛋白(核タンパク質)の抗原性の違いに基づく。

出典:インフルエンザウイルス - Wikipedia

	

本当に沖縄では夏にもインフルエンザが流行するのか

調べてみた

沖縄県では夏にもインフルエンザ流行します。

出典:沖縄県における夏のインフルエンザ流行について

	
インフルエンザは冬の感染症というイメージがある。だが、沖縄では夏場にも患者が多く、その数は全国でも突出している。

出典:インフルエンザ注意報、夏の沖縄でなぜ流行? 感染防止のた...

	

本州とは流行パターンが異なる

沖縄県感染症センターの報告を見ると、流行のピークは本州と同じ1~2月ころにみられることが多いのですが、それ以外にも7月あたりの初夏にもう一つのピークがみることができます。
沖縄県那覇市では、インフルエンザの流行で一部の学校が学級閉鎖。都内では流行とまではならないが、例年、感染者はゼロでないそう.

出典:インフルエンザは夏でも油断禁物 沖縄では一部の学校で学級閉...

	
沖縄県で近年、夏のインフルエンザ流行がほぼ毎年続いている。

出典:沖縄のインフルエンザは夏でも流行する | ...

患者数は冬(12~3月)に比べると少ないものの、最近規模拡大の傾向にあること、成人、特に高齢者の割合が冬より高く、しかもワクチンがないこともあり、院内感染対策上でも大きな問題になっていることが分かった。
2012年夏における沖縄県の定点当たり患者数は218.3人。2011/12年冬の288.0人のおよそ4分の3に相当した。

出典:沖縄県で夏のインフルエンザ流行が規模拡大傾向:日経メディカル

	

twitterでは

インフルエンザはオールシーズン診断されてます。冬に多いですが、冬だけの感染症ではないです。
北半球、南半球では流行期は夏冬逆ですが、赤道近くや亜熱帯ではいつでも診断されてます。
日本でも沖縄で夏に流行してます。
	
夏だというのに、沖縄県で季節性インフルエンザが流行しているそうです。
	
沖縄では数年前から夏のインフルエンザ流行というパターンが定着してきています。こちらは沖縄感染症情報センターからの報告です→
	
インフルエンザ注意報、夏の沖縄でなぜ流行? 感染防止のためにできること - 琉球新報
今月初めにインフルエンザに罹って、沖縄では夏でも流行しているんだと知った(現在は注意報は解除)。知りたいと思っていたことが記事にまとめられていた。
	
"ということで、夏にインフルエンザがはやるのは沖縄ではもはや普通のことのようで、温暖化が進んでくるとそれが日本全体に広がっても不思議はない状況になってきているのかもしれません。..." http://tumblr.com/xlo2t29zj
	
 

補足

東南アジア諸国でも同じような状況

東南アジアや台湾、中国南部では夏にもインフルエンザが流行しており、同様に亜熱帯気候の沖縄でも同じパターンで広がりやすいという考え方がある。

出典:インフルエンザ注意報、夏の沖縄でなぜ流行? 感染防止のた...

	
年間を通して気温が高い東南アジアでは、雨季にインフルエンザの流行が見られる。亜熱帯地域の沖縄でも、同じような傾向だ。

出典:インフルエンザは夏でも油断禁物 沖縄では一部の学校で学級閉...

	

感染したら早めに治療を

抗ウイルス薬は発病後48時間以内に服用しないと効果がありません。

出典:インフルエンザウイルスの怖さ!

インフルエンザウイルスに対する治療薬として、塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬があります。
インフルエンザは発症後すぐに適切な治療を開始することが重要です。

出典:インフルエンザにかかったら | 医新会

	
発症から48時間以内に治療を行うことで、効果が得られやすくなります。

出典:インフルエンザ初期症状、治療法、予防法。お医者さんが詳し...

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。