• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
低速ハンドピースの構造についての話

低速ハンドピースの構造についての話

  • Theme:
Author:
shikahanbaishikahanbai
Posted date:
低速ハンドピースの構造についての話

低速ハンドピースの構造についての話

 低速ハンドピース、またの名はエアーモーターハンドピースです。一般的に歯科分野で口腔内の治療に用いられた歯科器具の一つで、歯科分野にとってはとても大事な存在です。低速ハンドピースにたいしては、ハンドピスもあります。高速ハンドピースの方は一般的に義歯などの研磨などに用いられます。今日は、低速ハンドピースについて少しお話したいと思います。
 
 低速ハンドピースの作動原理はエアーモーターとそれに相応のストレートや安打ると合弁して、時計回りに回転する、反時計回りのに回転する、低速回転および研磨効能を持っている歯科器具のことです。
 エアーモーター
 エアーモーターはベアリング、ばね、調整弁、エアフィルターなどからなっています。エアーモーターがないと、低速ハンドピースは正常に稼働できません。チェアから出てきた高圧エアーは、エアーモーターの内部に入り、そしてそれらのパーツの協力で、低速ハンドピースを稼働させます。
 アングル
 低速ハンドピースは、ストレートとアングルに分けられます。アングルはチャック装置などからなっています。アングルを仕事させるには、まずはチャック部分でバーなど固定
したら、またエアーモーラーから輸送してきた威圧で実現できます。
 ストレート
 ストレートはスピンドル、ベアリング、スリーバネクリップ、ロックナットやコートからなっています。フロントスピンドル内部に取り付けられたヘッドシェルに2つのベアリングによってクランプスピンドルは、緩めたりバリクランプ、ロックナットを回し、スリーバルブスプリングクリップテーパ主軸に3枚の花弁を前後にスプリングクリップを移動することができます。

以上は低速ハンドピースの構造についての話の話です。よく覚えてくださいね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
shikahanbai