• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】地下鉄の中吊り広告は、地上を走る電車より広告料が高い

【雑学まとめ】地下鉄の中吊り広告は、地上を走る電車より広告料が高い

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】地下鉄の中吊り広告は、地上を走る電車より広告料が高い

はじめに

中吊り広告について

電車内の天井部分に吊るされる広告。 習慣的に乗降客が情報収集を行っているため、即効性が高いのが特徴です。 

掲出サイクルが短く、タイムリーな訴求を要する出版・流通業界の広告や新発売・新登場告知などに最適です。
中吊り広告(ポスター)は、「通勤」「通学」などの毎日往復利用されるお客さまへの訴求効果は高く、車内中心に掲出されます。

出典:車両広告|中吊りポスター|広告媒体|大阪・なんばの交通広...

お客さまがタイムリーに情報摂取することが出来るので、即効性が高く駅看板やB2ポスター等の媒体と連携せることで、より高い訴求効果が期待できる媒体です。
特に効果が高いと言われている広告には電車などの中吊り広告があげられます。

出典:中吊り広告が実は凄い理由|テレビCM、広告の歴史とキャッチコピーの力

定置式の紙媒体としてはもっとも更新頻度の高いもので、2~3日のスパンで次々と新しいものに差し替えられていきます。

地下鉄のほうが広告料が高いというのは本当か

調べてみた

意外と知られていないのが地下鉄と地上を走る電車で広告料金が異なることだ。いったいどちらの広告料金が高いのか。実は地上より地下鉄のほうが高額だ。

出典:中吊り広告、地下鉄が地上の電車より高いワケとは - ライブド...

	
地上を走る電車と地下鉄とも、その中吊り広告料が違っていて、 地上を走る電車よりも地下鉄の方が高いのです。

出典:電車の中吊り広告の広告料は? ( その他ビジネス ) - Mikkyu ...

	
同じ中吊り広告でも地下鉄のほうが掲載料金が高いのだそうです。

出典:中吊り広告。地上より地下鉄のほうが掲載料金が高い理由とは...

	
走る路線によっても広告料金が異なるのだが、地上を走る電車と地下鉄の中吊り広告を単純比較した場合、地上を走る電車よりも地下鉄のほうが高い。

出典:ひとネタで、相手の心をすぐつかむうける! 雑学 - 日本博学倶...

	

twitterでは

電車の中吊り広告は地下鉄が一番高いんやで
理由は外の景色に目が行かないから、広告の効果が高いとされておるからや
言われてみたら確かに電車の中でそとをぼーっと眺めてる人も多いからな
	
電車内の中吊り広告で一番高いのは地下鉄である。地下鉄は昼間でも地下を走るため、当然景色や外を見ることがない。そのため、地上を走っている電車より地下鉄の広告の方が目が行きやすい。まあ、現在はスマホを見る人ばかりなので効果のほどは???ですが。
	
地下鉄は外の景色が見えないから車内の中吊り広告とかも地上を走る電車より高いって言ってた
	
電車の中吊り広告って、景色に集中しないから地上より地下鉄の方がずっと高いんだって
	
地上と地下では料金が違う!
電車の中吊り広告は地下鉄のほうが高い!
地上の電車は車窓からの眺めを楽しむ(?こともできるが地下鉄はそれができない その分だけ注目度が高いからである
	
地下鉄と地上の電車で中吊り広告の価格って違うのな。地下鉄は景色を見ることがないから高いんだそうな。
	
 

補足

なぜ地下鉄のほうが料金設定が高いのか

地下鉄は景色がない⇒広告に目が行く

地下鉄ならば景色を楽しむというわけにはいかず視線の逃げ場がないので、広告が見られる確率が高く、それゆえに地下鉄の方が料金を高く設定されているのだ。
特に「満員電車で新聞やケータイを開くこともできない、他に目のやり場のない状態でも読める」広告として、高い強制視認性を持っています。

出典:中吊り広告が実は凄い理由|テレビCM、広告の歴史とキャッチコピーの力

地下鉄は景色がないから、広告効果が高いですね!
地下鉄のように景色がない電車だと目線が広告に向くので、地上を走る電車より効果が見込めるわけです。そのため、地上を走る電車より地下鉄のほうが値段が高いというわけです。

出典:中吊り広告。地上より地下鉄のほうが掲載料金が高い理由とは...

	
実際に都内近郊の車線で、中吊り広告の料金を比較すると、地上を走るJR(山手線群、中央線群など)は1000枚当たり約520万円に対し、東京メトロは約780万円と1.5倍も高い。

出典:中吊り広告、地下鉄が地上の電車より高いワケとは - ライブド...

	

サラリーマンの平均通勤時間は片道1時間、うち乗車時間が40分

通勤・通学時間が片道1時間を超えると答えた人の割合は、東京の場合が55%、大阪の場合が45.3%だった。東京では半分以上、大阪でもほぼ半数近い人が、1日24時間のうち2時間超を職場や学校への行き帰りに費やしているわけだ。

出典:東京・大阪の「通勤時間」はやはり長かった | 通勤電車 | 東洋経...

片道の通勤時間のうち、電車に乗っている時間が1時間を超える人の割合は15.8%。最も多いのは「30分~35分」で18.4%、次いで「40分~45分」の17.8%で、全体の54.2%は乗車時間が40分以下だ。
調査によると自宅から最寄駅まで徒歩10分、乗車時間40分、電車を降りて会社まで徒歩10分といったところが平均的な実態です。

出典:通勤時間の平均は片道1時間!通勤ラッシュを短くする方法5

毎日の通勤ラッシュやこれより長時間のキツイ通勤を強いられている人は何らかの“痛勤”緩和策を考えましょう。長時間の通勤も過労の一部です。
調査によれば、東京都内で通勤している人たちの平均時間は1時間程度と言えるでしょう。 

出典:平均通勤時間と満員電車対策で選出!東京5大オフィス街別おす...

データによると、「1時間程度」が20.1%と最多。次いで「40~45分」が15.9%、「50分~55分程度」は14.0%となっています。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。